小麦/乳アレルギーでも市販品!調味料:中華スープ編。化学調味料無添加も嬉しい。

小麦・乳アレルギーでも使える市販の調味料(鶏ガラスープ、中華スープ編)

同じ中華スープ、鶏ガラスープでも、メーカーや商品によって原材料がだいぶ変わってくるため、食物アレルギー児にとっては注意が必要です。

【YOUKI】顆粒ガラスープ化学調味料無添加(岩塩使用)

YOUKIの中華スープは、ほとんど同じパッケージなのに原材料が異なるバージョンがあり、私もいつも危うく間違えそうになる商品です。見た感じのパッケージは同じなのに、購入先・内容量が異なり、更に原材料が異なるバージョンがあるのです。

乳糖を含む、80gの市販品 ※乳アレルギーっ子はNG

小麦・乳アレルギー児でも大丈夫な後述の商品と比較して、ほとんど見分けがつかないNG商品、それがこれです。

<写真挿入予定>

当商品は、原材料に乳糖を含んでいます。乳糖でもアレルギー症状が出てしまう、乳アレルギーっ子はご注意下さい。

乳糖を含まない、100gの市販品 ※小麦・乳アレルギーっ子が大丈夫なバージョン

調味料(アミノ酸)は使わず、チキンや野菜のエキスで仕立てられた鶏ガラスープ。チキンエキスをベースに野菜や香辛料がほどよくブレンドされています。

 内容量  100g
 100gあたりのエネルギー  228kcal
 100gあたりの塩分相当量  42.8g
 本体価格(参考)  340円

原材料について

市販の中華スープには、小麦乳成分どちらかが入っていることが多いのですが、こちらは化学調味料無添加が嬉しいだけではなく、どちらのアレルゲンも含まない優秀品です。小麦アレルギーっ子も乳アレルギーっ子でも大丈夫です。

顆粒スープの原材料

 

気になりポイント解決し隊!

ここで『加工でん粉』が何の澱粉なのか、アレルギー児の親としては気になりますよね。YOUKIのお客様相談センターに電話してみました。乳糖を含むバージョンが存在する意味、わざわざ原材料が異なる状態で販売している意味などについて、今後問い合わせてみたいと思います。

Q.原材料に「加工でん粉」を含みますが、何の澱粉ですか?

A.当商品に使用している加工でん粉は、「タピオカ由来」です。小麦由来ではありません。

我が家の定番レシピ

家族みんなで食べられるカンタン中華炒め

  1. 熱したフライパンの上で、豚肉をキッチンばさみでチョキチョキ切って入れる。(あるいは、解凍したシーフードミックスをそのまま投入)
  2. 野菜(白菜、キャベツ、ピーマンなど、その時冷蔵庫にあるもの)を適当な大きさに切り、フライパンに入れる。ここでフライパンはふんわりいっぱい。
  3. 野菜がしんなりしたら、当ガラスープを大さじ1杯くらい、さらさらと回しかける。お好みでオイスターソースをチョピっとたらしたり、醤油をたらす。
  4. フライパンに蓋をして(なければアルミホイル)2~3分。
  5. 軽くかき回したら、また蓋をして、弱火で10分くらい放置。(タイマー機能がある場合は、タイマーかけて放置が便利)

できあがり!

コメントを残す