コストコで買うもの|有機ベルギーチョコレートは乳アレルギーでも食べられる!乳成分不使用※ナッツ類・コンタミ注意!

息子は複数の食物アレルギー(小麦・乳・ゴマ・クルミ・他ナッツ類)のアレルギーを持っています。

定期的に買い出しに通うコストコで買うもので、アレルギー児の息子でも食べられるもの。

今回は、コストコでも売ってる「乳成分が不使用のチョコレート」をご紹介します。

「有機ベルギーチョコレート」はカークランド・シグネチャー

コストコのカークランドブランド「有機チョコレート」
コストコで買った「有機チョコレート」

コストコでは沢山のチョコレートが売っていますが、「有機ベルギーチョコレート」はコストコでも人気のベルギーチョコです。

日本の人気チョコ菓子、イタリアのキスチョコ(Baci)、アメリカのハーシー、ゴディバ…等々、世界的にも有名なチョコレートが並ぶ中に、堂々と「カークランド・シグネチャー」(コストコのプライベートブランド)の巨大チョコレートがあります。

私がコストコでお菓子コーナーを歩く時は、アレルギー児が食べられるお菓子を吟味することが多く、小麦・乳成分・ナッツ類が不使用の商品がないか探している状態です。

市販のチョコレートは「乳成分が入っていて当たり前」と思っているので、コストコのお菓子売り場でも滅多にチョコレート商品を手に取りません。

しかしこの「有機ベルギーチョコレート」だけは、売っているのを見つけると即買い。まとめて2袋は買います。
※下で容量をご紹介しますが、2袋って約1kgです!

それでは、なぜこの「有機ベルギーチョコレート」が特別なのか、ご紹介していきたいと思います。

ヴィーガンということは…乳成分不使用!

コストコ「有機チョコレート」のパッケージ

「有機ベルギーチョコレート」のパッケージを見ると、ORGANIC(オーガニック)、GLUTEN-FREE(グルテンフリー)という文字が目に留まります。

その次に「VEGAN(ビーガン)」と書かれている訳ですが、ヴィーガンということは、動物性の原材料を使用していないということ。

つまり、動物のミルクである「牛乳・乳成分」が不使用ということです。

「乳成分フリーのチョコレートがお店で売っている」ことは珍しいことです。それがコストコに大容量で売っているとは嬉しい!

オーガニック揃い!「有機ベルギーチョコレート」の原材料

コストコの有機チョコレートの原材料は、

有機砂糖、有機カカオマス、有機ココアバター、有機ココナッツ、有機アーモンド、食塩/香料

です。

シンプル、かつ有機素材が揃っています。

コストコの有機ベルギーチョコレートは、オーガニック・グルテンフリー・ヴィーガン(=結果的に乳成分不使用)・フェアトレード・・・と嬉しい4拍子が揃ったチョコレートでした。

アレルギー特定原材料等28品目のナッツ「アーモンド」は含む!

アレルギー特定原材料等27品目は、不使用です。

※ 2019年9月、アレルギー特定原材料等27品目に「アーモンド」が追加されて、アレルギー特定原材料等28品目になりました。

コストコの有機ベルギーチョコレートには、この追加アレルゲン「アーモンド」を含みます。アレルギー特定原材料等28品目のうち「アーモンド」は使用されています。

輸入菓子は、原材料「原文」も要チェック!

原材料表記シールを剥がす

食物アレルギーがある人にとって、輸入食品は怖いです。国によってアレルギー情報表記の規定も違うし、けっこう原材料の「表記漏れ」が実在します。

表記漏れには、情報が抜け落ちるリスクとなる過程がいくつかあり、その国では元々表記されていなかったパターンや、日本の食品表示法に合わせて日本語表記する時に漏れるパターン等が見受けられます。

消費者の立場では、後者のパターンはチェックできそう。

というわけで、日本語表記の原材料表示シールを剥がし、パッケージ原文の原材料をチェックします。(上の写真)

英語で、

有機砂糖、有機アンスイートチョコレート、有機ココアバター、バニラフレーバー、有機トーストココナッツ、有機アーモンド、食塩

と書いてありました。

日本語表記の原材料表記と異なる部分があるので、だいぶ気になります。

原材料表記の違い(1)「有機アンスイートチョコレート」

原材料表示で「有機アンスイートチョコレート」は、「有機カカオマス」と訳されています。

調べて見ると、アンスイートチョコレート、つまり「無糖チョコレート」は、一般的に「カカオ100%」を示すようです。

表記的には問題ないと思いますが、カカオ100%のチョコレートを製造する過程で、乳成分やナッツ類のコンタミネーションは大丈夫なのか?という疑問は残ります。
※下の「コンタミネーション」項目に続く…

原材料表記の違い(2)「バニラフレーバー」

原材料表示で「バニラフレーバー」は、「香料」と訳されていました。

バニラにアレルギーがあるか分かりませんが、ミント類でくしゃみや鼻水のアレルギー症状が出る人を知っているので、少し不安です。

原材料に該当アレルゲンの表示がないのにアレルギー症状が出た…という事例をいくつか知っているので、こういう輸入食品の「香料」類の一括表示は気を付けた方が良いかもしれません。

コンタミネーション注意!全訳されていないコンタミあり!

そして今回、原材料表示の原文を見て恐怖を感じたのが、コンタミネーション(以下「コンタミ」)です。

輸入品のコンタミ情報は、全訳されていない!!です。

商品パッケージの原材料表記(原文)には、英語で、

「乳成分、大豆、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ を少量に含む可能性があります。」と書いてあります

日本語で言うところの「本品製造工場では〇〇を含む製品を取り扱っています。」の表現で、コンタミ注意の情報ですね。

コストコの有機ベルギーチョコレートのコンタミ情報(日本語)は、

本品製造工場では、乳成分、大豆、を含む製品を生産しています。

です。
※2022年1月現在「そば」は記載なし

ヘーゼルナッツ、ピスタチオについては、情報として抜け落ち、日本語では明記されていません。

日本では、可能性表記が許可されていない、かつ表示義務・表示推奨されているアレルゲンしか表記しないからだと思います。

国に合わせた表記になるのは、当たり前と言えば当たり前なのですが、ナッツ類が多用されることが多い輸入食品は、くれぐれもご注意下さい。

食物アレルギーがある方は、パッケージの原文を自分の目で確かめた上で、判断しましょう。

アーモンドぎっしり!見た目が「ザ・ナッツ」

有機ベルギーチョコレートは、1枚1枚にアーモンドがびっしり散りばめてあります。

表面だけでなく、中にもアーモンドが練り込んである感じです。

息子はクルミとカシューナッツのアレルギーがあり、クルミ科のピーカンナッツ、カシューナッツと同じウルシ科のピスタチオは、アレルギー検査未実施ですが、かなり警戒しています。

私のそういう態度は息子本人に伝わっているので、ナッツへの警戒心は強い。ふんだんに使われたアーモンドの量を見て「本当に食べられるのか?」と悩んでいました。

息子はアーモンドプードルやアーモンドパウダー等、アーモンドを含んだお菓子はいつも食べています。アーモンドは食べられるけど、食べられる最大量は分からないので、このチョコレート1枚が食べられると確認するまで2年くらいかかりました。

このチョコレートは見た目が「ザ・ナッツ」なので、幼児やナッツアレルギーの子は(ナッツ類の全種類でアレルギー検査が未実施の場合は特に)、警戒してしまう商品です。

「個包装なし」だけど保存ジッパー付きパッケージ

有機ベルギーチョコレートのパッケージを開封すると、無造作に「割れチョコ」を思わせるカッティングチョコが入っています。

1枚1枚が、そのままバサバサと入っていて、個包装ではありません。

でも、パッケージ袋に保存用ジッパーが付いていて、パッケージ自体が保存袋のようになっています。食べる分だけ取り出し、チャックして密閉…ができるので問題ないです。

1枚の大きさが一度で食べる量として丁度良いので、自分で板チョコを割る過程もなくて便利。食べたい時に取り出して閉めるだけです。

ずっしり重い!巨大チョコレート袋(内容量)は約500g

内容量は「500g」ですが、体感的にはもっとずっしりした重い感じがあります。

有機ベルギーチョコレート1枚は、19~20gでした。

これを5枚くらい食べた後、パッケージ袋ごとキッチンスケールに乗せてみると「464g」でした。

つまり実際には、500g+60gくらいじゃないかと疑い、次の購入時、未開封パッケージを乗せて軽量してみると・・・

実際は、532gでした!

日本製品だと誤差の範囲内じゃない気もしますが、パッケージの重量が30gあるのかな?

表記は「内容量:500g」です。

私は大体2袋を購入するので、コストコの買い物一度で、チョコレート1kgを買い込んでいることになります。

割れチョコじゃなくて型抜きチョコ!?全部同じ形

コストコの有機チョコレート(バラ)

有機ベルギーチョコレートは、いわゆる「割れチョコ」ではなく、全部同じ形です。

縦幅 約6cm、横幅 約5cmくらいの板チョコで、サイドが波打った感じのフォルムです。

実は「割れチョコ」ではなく、この大きさ&この形で、型抜きされたチョコレートでした。

※パッケージの下の方に、割れているチョコがあります。

チョコレート1枚20g!食べ応えがあって美味しい。

コストコの有機ベルギーチョコレートは、1枚で食べ応えがあります。

海外のチョコレートが甘すぎて好きじゃない人、日本メーカーのチョコが好きな人にも、この有機チョコレートはお勧めです。

甘すぎず苦すぎず、ほどよいカカオ感。アーモンドに塩気が効いていて絶妙です!

※アレルギー特定原材料等27品目が不使用。アーモンドは含みます。

※乳成分とナッツ類のコンタミは要注意です!

※原材料は、必ずご自身でご確認下さい。


ブログランキングにも参加しています。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がります。
体験談やアレルギー対応食品を探している方に見つけてもらう機会に繋がります。


アレルゲンフリーのチョコレート(板チョコ)

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください