コストコで初買い!乳成分不使用の有機チョコレートはアレルギー(コンタミ)表記に超注意!

息子は、食物アレルギー。
小麦・乳・ゴマ・クルミ(他ナッツは検査中)のアレルギーを持っています。

毎月通っているコストコで、「乳成分が不使用のチョコレート」を買いました。

カークランド・シグネチャーの「有機チョコレート」は4拍子揃い!

コストコのカークランドブランド「有機チョコレート」
コストコで買った「有機チョコレート」

新発売ではなく、コストコで人気のベルギーチョコです。

でも、今まで目に留まりませんでした。

コストコでお菓子コーナーを歩く時は、アレルギー児が食べられるお菓子を探している状態。

「市販のチョコレートは、乳成分が入っていて当たり前」と思っている私は、 コストコのお菓子売り場では、チョコレートを吟味することはなく、今までスルーしてきたのだと思います。

コストコ「有機チョコレート」のパッケージ

今回は、なぜかパッケージの「GLUTEN-FREE(グルテンフリー)」という文字が目に留まりました。

よく見ると、その次に「VEGAN(ビーガン)」と書かれています。

ヴィーガンということは、動物のミルク、つまり牛乳・乳成分が不使用ということではないか!

早速、手に取りました。

カークランド・シグネチャーなのに、今まで気が付かなかったけど、乳成分フリーのコストコ・チョコレートがあったことを初めて知りました。

名称は「有機チョコレート」。

オーガニック、グルテンフリー、ビーガン(乳成分不使用)、フェアトレード・・・と4拍子揃ったチョコレートでした。

アレルギー特定原材料等28品目のナッツは含む!有機チョコレートの原材料

コストコの有機チョコレートの原材料は、

有機砂糖、有機カカオマス、有機ココアバター、有機ココナッツ、有機アーモンド、食塩/香料

です。

シンプル、かつ有機材料のオンパレードです。

アレルギー特定原材料等27品目は、不使用です。

注目すべきは、新設!アレルギー特定原材料等28品目!「アーモンド」が、含まれていることです。

2019年9月、従来のアレルギー特定原材料等27品目に加えて、アレルギー表示推奨項目に「アーモンド」が仲間入りしました。

アレルギー特定原材料等28品目のうち、「アーモンド」を含みます。

「乳成分・大豆・そば」アレルギーの方は、コンタミ注意の商品です。

輸入菓子は「表記漏れ」も多いから要注意!原材料の原文もチェック

原材料表記シールを剥がす
元々のパッケージに書いてある「原材料」をチェック!

アレルギー児にとって、輸入菓子で怖いのは「表記漏れ」です。

メジャーなニュースとして表立って騒がれませんが、原材料の表記漏れ情報が、けっこうネット上でも公開されています。

表記漏れには、情報が落ちる段階があって、もともと表記されていなかったパターンと、日本の食品表示法に合わせて日本語表記する時に漏れるパターンがあると思っています。

消費者である私が、前者のパターンは拾えないけど、後者のパターンはチェック可能。

というわけで、一生懸命、日本語表記の原材料表示シールを剥がしたのが、上の写真です。

は、剥がれない・・・。

透かして見える、パッケージ原文の原材料をチェックしました。

有機砂糖、有機アンスイートチョコレート、有機ココアバター、バニラフレーバー、有機トーストココナッツ、有機アーモンド、食塩

重度アレルギーの場合、気になるところ満載です。

まず「有機アンスイートチョコレート」

”無糖チョコレート”というだけで、「有機カカオマス」と訳されて表示されている。一般的には、無糖チョコレートは「カカオ100%」を示すようです。

だから、問題ないとは思いますが、カカオ100%のチョコレートを製造する過程でも、「乳成分のコンタミ覚悟」と思った方が安全かも。

次に「バニラ」

バニラにアレルギーがある例は知りませんが、原材料表記では「香料」と訳されていました。

そして、ちょっと恐怖なのが・・・コンタミ全訳されてない!?ということ。

ミルク、大豆、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ

パッケージの原材料表記の原文には、英語で、
「乳成分、大豆、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ を少量に含む可能性があります。」と書いてあります!


日本では、可能性表記が許可されていない、表示義務および表示推奨されているアレルゲンしか表記されない、からだと思います。

国に合わせた表記になるのは、当たり前と言えば当たり前か…。

ナッツ類が多用されることが多い輸入食品は、くれぐれもご注意下さい。

食物アレルギーが心配な方は、パッケージの原文を自分の目で確かめた上で、判断しましょう。

”個包装なし”でもパッケージに保存ジッパー付きは便利

有機チョコレートのパッケージを開封すると、無造作に「割れチョコ」を思わせるカッティングチョコが入っています。

1枚1枚が、そのままバサバサと入っていて、個包装なし。

でも、パッケージに保存用ジッパーが付いているので、食べる分だけ取り出して閉める・・・で問題なし。

板チョコを割って食べて、開封部分を止めて・・・とやるより、全然便利です。

ずっしり重い!内容量は本当に500g?

内容量は「500g」と書かれていますが、本当かなぁ?

もっと、ずっしりした感じがあります。

試しに、既に最低でも「5枚」は食べた状態だと思いますが、キッチンスケールに乗せてみると「464g」でした。

1枚だけ計量してみると、19~20g。

実際には、560gほどか?

アメリカン・アバウトな感じで言えば、約500gですね。

割れチョコじゃない!アーモンドびっしり!全部同じ形だよ

コストコの有機チョコレート(バラ)
いわゆる割れチョコではなく・・・

1枚1枚のチョコレートは、アーモンドがびっしり散りばめてあります。

表面だけでなく、中にもアーモンドが練り込んである感じです。

形は、いわゆる「割れチョコ」ではありません。

全部、同じ形です!

縦幅 約6cm、横幅 約5cmくらいの板チョコですが、サイドが波打った感じのフォルムです。

「割れチョコ」ではなく、この大きさ&この形で、型抜きされたチョコレートでした。

1枚で、けっこう食べ応えあります。

幼児が一度に1枚を食べるには、食べ過ぎ感があります。

うちの息子は、ふんだんに使われたアーモンドの量を見て、固まってしまいました。ナッツへの警戒心が沸き上がったようです。

ヘーゼルナッツのアレルギーは未確認。

もともとは、息子と一緒に食べられるかな?と思って買ったのですが、私の冬のチョコレート・コレクションに追加しました。

幼児&ナッツアレルギー未確認の子には、ちょっと早い商品でした。

コストコの有機チョコレートは、27大アレルゲン不使用。ただし、乳成分とナッツ類のコンタミは要注意です!


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

最近見つけたアレルゲンフリーのチョコレート

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください