ダイズラボ「大豆粉と米粉の食パンミックス」は小麦粉不使用!焼くのも簡単!

最近は、”米粉のミックス粉”の種類が増えてきました。

パンケーキミックス粉は、どこも大差なく”米粉ホットケーキ”が上手に作れますが、パンミックス粉となるとメーカー各社で差が出ます。

何がミックスされている粉なのか、付け足す材料は何なのか。これが微妙に変わってくるわけです。

今回は、その中でも「超簡単!」な部類に入るミックス粉、ダイズラボの「大豆粉と米粉の食パンミックス」を使って、パンを焼きました。

グルテンフリー!糖質オフ!アレルギーだけでなく健康志向な方にもオススメ

大豆粉と米粉の食パンミックス

今回使用するダイズラボの「大豆粉と米粉の食パンミックス」は、小麦粉不使用、グルテンフリー!

おまけに糖質30%オフ!ときています。

私は妊娠糖尿病の時に、大豆粉にはかなりお世話になりましたが、ここでもパンミックス粉に使われています。大豆粉といえば、糖質対策ですね。

大豆粉と米粉の食パンミックスの栄養成分

エネルギー(カロリー)や炭水化物(糖質+食物繊維)を小麦粉ミックス粉と比べると一目瞭然です。

アレルギー対策だけでなく、健康が気になる方にもお勧めです。

含まれるアレルギー特定原材料等27品目は、「大豆」だけです。

用意するもの「水」「ドライイースト」だけ!準備もセットも焼くのも簡単

大豆粉と米粉の食パンミックス

「大豆粉と米粉の食パンミックス」でパンを焼くために、追加で用意する材料は「水」と「ドライイースト」だけです。

米粉パンを焼く時に、砂糖や水あめ等の糖分を多めに入れたり、バター等のオイル系を何で代替えするか考えたりするのは面倒です。

この食パンミックス粉は、「水」と「ドライイースト」だけ用意すればOK!というのだから、準備もセットも簡単です。

ホームベーカリーのパンケースに、材料(食パンミックス+水+ドライイースト)を投入して、早焼きコースで焼くだけという、超便利です。

パンケースに投入する順番は重要!「大豆粉と米粉の食パンミックス」レシピ

「作り方」に記載の通り、ホームベーカリーの容器に入れていく順番は守りましょう。

まずは、「大豆粉と米粉の食パンミックス」をパンケースに投入。

次に、「水:230ml」を投入。

最後に、「ドライイースト:3g」を投入します。

ドライイーストは、1包3g入りの分包タイプが便利です。

自分で計量する場合は、「小さじ1」が約3gです。

大豆粉と米粉の食パンミックスの材料を全て入れたところ

焼く直前。こんな感じです。

ドライイーストが最後に振りかかっている感じ。どのミックス粉でも、イースト菌系は最後に投入、が鉄則のようです。

焼き色は濃い!ホームベーカリーで一番早め&薄め焼きが良いかも

この時、私が使用したパン焼き機は、パナソニックのGOPAN(ゴパン)。

レシピ通り焼くには「早焼き」指定ですが、ゴパンには早焼き機能がないので、「焼き色」指定で設定します。

大豆粉と米粉の食パンミックスで焼いたパン

スタートボタンを押すだけで、焼き上がりました。

小麦粉パンに比べると、パン羽根が底に絡みやすいので、パンケースから取り出す時は慎重に。

焼き色を「薄い」で設定しても、焼き上がった食パンの色は濃いです。

使用するホームベーカリーの機能の中で、一番早く焼ける設定、一番薄く焼ける設定で調度良いか。もしくは、それでも焼き色は”濃いめ”かもしれません。

私は、焼き色が多少濃くても、簡単に焼けたので、大満足です。

大豆粉や米粉を使ったパンは、小麦粉パンよりも味が濃く、食べ応えがあります。

分厚く切るより、薄くスライスして食べるのがお勧めです。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください