デルモンテ「豆乳でつくったコーンスープ」は乳成分不使用・すぐ飲めて便利!

年長クラスにあたる5~6歳になると、お友達の家族と一緒に外食する機会が増えてきました。

低アレルゲンメニューがあるレストランでも、乳成分が不使用の「コーンスープ」は置いていない!

外食で「飲みたい」という気持ちが湧かないほど、自宅でコーンスープを飲もう!

ということで、最近になって飲んでいる、便利なコーンスープのご紹介です。

その名は、「豆乳でつくったコーンスープ」

生クリームもバターも!乳成分が不使用のコーンスープ

豆乳でつくったコーンスープ

キッコーマンの商品ブランド、「デルモンテ」のトマトロゴが映えます。

デルモンテの「豆乳でつくったコーンスープ」は、乳成分が不使用です。

白と黄色のパッケージ表面には、ばっちり「クリーム、バター不使用」と明記されています。

生クリームもバターも使用されていない「コーンスープ」の存在は、嬉しいですね。

乳アレルギーがある人にとっては、強い味方。朝食にも夕食にも、もちろんランチにも手早く使えて便利です。

食品スーパーでは見かけない…どこで購入する?

何度も買って飲んでいるのに、実は食品スーパーで見かけたことはありません。

私は、「生協の宅配」のチラシで見つける度に注文。「コストコ」でも3本パックで販売していることがあります。

キッコーマン公式ページでも、この「豆乳でつくったコーンスープ」は”業務用”の類に入っています。

内容量は1Lだから、そんな大容量でもありません。

もっと一般人向けに、大手の食品スーパーや地元スーパーで、普通に取り扱ってくれると嬉しいです。

私は、アレルギー対応食品や調味料など、ほとんどの食品を生協の宅配で購入しています。使用請求やお試しキャンペーンもあるから、気になる方は試してみて下さいね☆
アレルギー対応商品が自宅に届いて便利【生協の食材宅配サービス パルシステム】

【コープデリ】不在時も玄関先までお届け! 生協の宅配サービスお申し込み
【おうちコープ】おうちでおためし6品無料キャンペーン

「豆乳でつくったコーンスープ」の原材料

「豆乳でつくったコーンスープ」の原材料

「豆乳でつくったコーンスープ」の原材料は、

スーパースイートコーン、砂糖、豆乳、粉末おから、大豆粉、たまねぎ、植物油脂、食塩、酵母エキス、デキストリン、香辛料、増粘剤(加工でん粉)、香料、pH調整剤、乳化剤

です。

アレルギー特定原材料27品目のうち、「大豆」を含みます。

逆に言うと、27大アレルゲンは「大豆だけ」だから、多くの食物アレルギーの人が飲むことができる食品です。

化学調味料が無添加という点も、子供と一緒に飲むことを考えると、安心材料です。

アレルギーだけじゃない!健康志向な低カロリー&ノンコレステロール

「豆乳でつくったコーンスープ」のパッケージ

「豆乳でつくったコーンスープ」は、言葉通り「豆乳」で作られているだけあって、ノンコレステロールです。

カロリーもとっても低い。100mlあたり46kcalしかありません。

スジャータめいらくの「コーンクリームポタージュ」が、100mlあたり85kcalであることと比べると、その差は歴然!

半分…とまでは行かないけど、「だいたい半分のカロリー」と言っても過言ではないエネルギーです。

やはり生クリームやバター等の乳製品が加わると、カロリーやコレステロールは高くなります。

乳成分が不使用の商品は、乳アレルギーだけではなく、健康が気になる人にもお勧めです。

”注ぎ口”が付いて便利!ハネずにキレイに注げます

「豆乳でつくったコーンスープ」の注ぎ口

「豆乳でつくったコーンスープ」には、”注ぎ口”が別途、付いています。

1Lサイズの豆乳の紙パックを開ける時に、よくあるのがハサミを使うタイプ。これだと開封作業に苦労しますが、「豆乳でつくったコーンスープ」は付属の”注ぎ口”を上部に刺すだけでOK!

「豆乳でつくったコーンスープ」のキャップ

”注ぎ口”を刺すことで、キャップ式の蓋になります。

もしも全量を一度に飲み切れなくても、蓋をした状態で、残りを冷蔵庫に保存しておくことができます。

冷製スープでも温めても美味しい!

「豆乳でつくったコーンスープ」を注ぐ

夏場は、そのまま冷蔵庫に入れて置き、冷えたところで冷製スープとしても頂けます。

今回は、お鍋に入れて、温めました。

コーンを入れて贅沢に!我が家のアレンジ方法

コーンの缶詰

「豆乳でつくったコーンスープ」は、粒コーンが入っていない、なめらかなクリームタイプです。

コーンスープに粒コーンを入れたい人は、自分で入れましょう。

私は、砂糖不使用の”十勝産スイートコーン”を入れました。缶詰タイプのコーンを常備しておくと便利です。

「豆乳でつくったコーンスープ」をアレンジ

仕上げは、パセリ!・・・ではなく、青のり。

うちには、パセリは常備していないので、常備してある”青のり”を使います。

温めた「豆乳でつくったコーンスープ」に、青のりを振りかけました。

手軽で便利な、『低アレルゲン・コーンスープ』が出来上がり!


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


賞味期限は、約6ヶ月。
非常時の備えも兼ねて、ローリングストック法で入れ替えるのがお勧めです。

ネット通販なら、まとめ買いがお得です。

キッコーマン「豆乳仕立てのコーンスープ」も乳成分が不使用!アレルギー物質27品目は大豆だけ

2019/12/10

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください