保育園さえ嫌がる子が「シェーン英会話」を始めた理由-発達凸凹3歳児の習い事-

息子が3歳の時、シェーン英会話の無料体験レッスンに申し込みました。

保育園に毎朝行くのも大変なのに、英会話スクールに通うことができるか?そんな疑問を抱えていたのに、なぜ始めたのか?-まとめました。

英語には日常で触れさせたい

私には、外資系企業に中途入社して、英語に苦労した経験があります。

流石にマズイと思い、英会話教室(イーオン)に3年間通いました。そこで実感したのは、”知っていれば聞き取れる”ということ。ホワゥ$#※ッワウ#¥…とごちゃごちゃ聞こえる一言も、知っているフレーズならちゃんと聞こえるのです。

息子は、これからの国際社会を生きていく世代。英語を壁や目的にしてほしくない。英語は手段であり、それを当たり前のように使い、好きな世界へ羽ばたいてほしい。私のように苦労しないで。

そんな背景と気持ちがありました。息子には幼い頃から、日常的に英語に触れて、耳に慣れてほしいと願っていました。

通える圏内にある教室「シェーン英会話」

そんな時、保育園の帰りでも通えるエリアに、シェーン英会話があることを知りました。しかもキッズ向けのクラスが強みだと言うではありませんか!

やってみないと分からない。まずは無料体験レッスンを受けてみることにしました。

「英語のガッコウ」に警戒心なし

「シェーン英会話」パンフレットより

保育園に行くのも嫌がる息子。無料体験レッスンが、スムーズに終われる保証はない-。
だから、無料体験レッスンでの様子を見て、少しでも嫌がったり泣いたりしたら、入学は見送ろうと思っていました。

そして迎えた、無料体験レッスン当日。

「英語のガッコウで、英語で遊んでみるんだよ。」と説明したら、意外とスムーズに到着できました。「英語」が何のことか?は分かっているようです。

無料体験レッスンではやる気マンマン

「シェーン英会話」のリュック

保護者は入室できないため、私はガラス越しに、息子の様子を見ていました。「なんか大丈夫そうだな・・・」と思いながら…。

同じく無料体験レッスンを受けに来ていた、同じ年齢の男の子がいたこともあり、体験レッスンはとても楽しそうでした。

飛んだり跳ねたり、カード取りゲームをしたり、塗り絵をしたり。

今思えば、
・人見知り
・初めての事は苦手
・行動の切替えが極度に苦手
・母子分離不安(お母さんと離れて別の場所に行けない)
・大きな音や突発音が苦手

という特徴を持つ、発達凹凸っ子(いわゆる発達障害・自閉症スペクトラム傾向)である息子が、高いテンションで皆のペースに付いて行き、あまりにもスムーズに馴染んでいる・・・この状態を、逆に怪しむべきだったのかもしれません。

無料体験レッスン直後から「英語やる!」の連呼

無料体験レッスン直後から、本人はやる気満々です。

入学すれば、あの緑のリュックやお絵描きセット(=教材セット)がもらえるという事を知り、更に歯止めが効かない。
「英語やる!」「英語やるの!」の連呼でした。

私も「少し考えます。」が言えれば良かったけど、本人が「やる」「やる」言っているのに、やらない理由もないか…と思いました。
しかも、この日に入学すれば、入学金半額-。

その場で、入学の手続きを取りました。

晴れて?息子は、シェーン英会話の生徒になりました。
(困難の道へ)つづく…。

シェーン英会話を辞めた理由・続いた理由。発達障害グレーゾーン習い事体験ブログ

2018/08/16

発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • おはようございます。
    ランキングから訪問しました。
    シェーン英会話無料体験レッスンに申し込まれたようですね。
    小さい頃から耳を慣らすのは良いですね。

    • >メグさん
      コメントありがとうございます。

      その後、シェーン英会話は退会しました…。
      またそのうち、英語については徐々に慣らしていく環境をつくろうと思います。

  • お気軽にコメントをどうぞ

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください