東京スカイツリータウン「すみだ水族館」の年間パスポートを購入!クラゲ観賞を楽しむ

4歳の息子は、なぜかクラゲが大好きです。

休日になると「クラゲがいっぱいいるところに行く。」と言います。

毎週理由を付けては、別のところへ連れ出すことに苦労していました。

そこで、日帰りでも遊びにいける水族館を検索!

選んだのは、東京スカイツリータウンにある「すみだ水族館」です。

年2回行けるなら「年間パスポート」がお勧め!

着いたそばから入り口で、料金表を見ながら考えました。

大人高校生中・小学生幼児(3歳以上)
2,050円 1,500円 1,000円 600円

この一般料金の下に、年間パスポートの料金が掲示されています。

その料金が、ちょうど一般料金のぴったり2倍。

つまり年に2回来れば、支払う入場料金が、年間パスポートの料金と同じになります。

今日とあと1日ここに来れば、一般料金と同じ料金。3回以上来れば、一般料金よりもお得です。

2回分の料金で、1年間に何度でも来られるという、嬉しい価格設定です。

しかも年間パスポートには、優待サービスがあります。

東京スカイツリータウンのショップで割引や1ドリンクサービス等が受けられるため、1年間に2回の利用であっても、一般料金で入場したよりも実質お得です。

息子は既に、「く・ら・げ、く・ら・げ♪」と足踏みしながら、クラゲが見られることを楽しみに待っています。

「クラゲが観たいと騒がれた休日に、ここに来られるしなぁ…」と思い、年間パスポート購入を決めました。

すみだ水族館は、東京スカイツリーの足元にあります。

東京スカイツリーの観光はもちろん、併設されている商業施設「東京ソラマチ」などでお買い物が楽しめます。

東京スカイツリータウン内外でのレジャーの際に、立ち寄ることもできます。

年に2回は必ず行ける!という方は、年間パスポートがお勧めです。

「すみだ水族館」年間パスポートの作り方

すみだ水族館の年間パスポート

すみだ水族館の年間パスポートを作る場合は、まず窓口で、「年間パスポート購入」の意思を伝えます。

すると、別室に案内されます。何だか少しだけVIPな気持ちになる、奥まった部屋です。

そこで簡単な個人情報(氏名や住所など)を申し込み用紙に書きます。

記入できたら、今度は写真撮影です。

椅子がカウンターに向かって横に並んでいます。空いている椅子に腰をかけて、写真を撮影してもらいます。

息子は、「クラゲの切符の写真を撮るよー」と伝えると、じっと椅子に座っていました。

狭い個室ではなく、家族で用紙に記入した部屋と同じ場所なので、圧迫感もありません。

未就学児の子供でも、無事に撮影することができました。

待つこと数分。カード型の年間パスポートが出来上がりました。

年間パスポートを手にして、いよいよ水族館に入場です。

年間パスポートで入場したクラゲ好き4歳児の楽しみ方

発達凹凸っ子でもある4歳の息子は、こだわりが強く、この時の強いこだわりは「クラゲ」です。この日も、手にクラゲのマスコットを握りしめて、ここに来ています。

クラゲのマスコットとは、前にクラゲのストラップのガシャポンで出た、ゴム製のクラゲです。ストラップ部分を外して、マスコットとしていつも握って持ち歩いています。

クラゲの世界へ

ゆらゆらと幻想的な雰囲気の階段を上ると、そこに水槽が展示されていました。

小さなお魚の姿に癒されながら、じっと見ていたいところですが、息子はクラゲがいないことを知ると、走って行ってしまいました。

しかし、行き着いた暗闇の世界は、最初に上った階段以上に幻想的で、しばし時間が経つのを忘れ、ゆらゆらゆらゆらと水中を浮遊するクラゲの姿に見入りました。

クラゲの成長を見る「アクアラボ」

すみだ水族館クラゲエリア

振り返ると「アクアラボ」と言われているバックヤードを垣間見ることができる空間があり、そこにクラゲが大きくなっていく過程が段階的に分かる水槽が並んでいます。

我が子は「赤ちゃんくらげ」と呼んで大喜びしていました。

ミズクラゲ以外の種類は少なめ

暗闇を歩いていくと、そこはもうタコやエビなどが展示されていて、思っていたよりクラゲが少ない印象でした。

クラゲの種類をいくつか知っている我が子は、持っているビゼンクラゲのマスコットを掲げながら、「これと同じのは?これと同じのがいない」と騒いでいました。

多くの人が見たいクラゲは、恐らく透明でキレイなミズクラゲだろうから、この子の持っているようなオレンジっぽいクラゲ(=ビゼンクラゲ)はいるのだろうか。

美しきクラゲの万華鏡

クラゲ万華鏡

なんとかなだめて歩き進むと、廊下の壁に埋め込まれた感じの水槽の中にクラゲがいました。

そこにさっきのクラゲ・ゾーンには見られなかった種類のクラゲが少しいました。

「クラゲ万華鏡トンネル」と呼ばれるそこは、廊下中央に椅子もあるので、クラゲの姿が映し出される壁や水槽の中のクラゲをゆっくり見ることができました。

ビゼンクラゲご対面

トンネルという文字通り人が行き来するため、混雑時に座って鑑賞するには適さないかもしれません。とりあえず我が子のお気に入りマスコットのビゼンクラゲと本物さんが対面することができました。

ビゼンクラゲのご対面

我が子のように種類まで特定した上で、そのクラゲが見たいと思う場合、どの種類のクラゲがどのゾーンにいるのか、『クラゲマップ』的なものがあると便利なのですが…。

ちんあなご、金魚、ペンギンカフェ、それからここでしか買えないオリジナル商品が並ぶショップなど、オススメ満載です。詳しくは、公式サイトでチェックして下さいね。


発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

管理人の幸ゆきこです。 関東在住、1児の母。 病気や出産を機に、働き方改革。20年以上いたIT業界を卒業、独立してライター業などこなしつつ、発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)育児・アレルギー児育児に向き合っています。 誰かの何かの役に立つように…そんな想いで、自分のブログサイトでは悩みや経験を発信しています。