浅草ビューホテル26階ブッフェを満喫!食物アレルギーっ子のために事前準備したこと(2018年5月GW編)

asakusa-view-buffet-allergy

浅草ビューホテル26F「スカイグリルブッフェ武蔵」で満喫!食物アレルギーっ子と一緒に楽しむために準備したこと。

好きな物が好きなだけ取れるから…ブッフェ大好き派?わざわざ取りにいくのが面倒でゆっくりできないから…ブッフェ苦手派?二手に分かれる食事方法だと思いますが、我が家は夫がブッフェ大~好き。そんなブッフェにまつわる経験から、今回は浅草ビューホテル(公式ページ)26階にある「スカイグリルブッフェ武蔵」での経験をピックアップしてご紹介します。



食物アレルギー対応?ブッフェの欠点

食物アレルギーっ子のご家族の皆様は、既にご経験があるかもしれませんが、私も何度も体験済みです、こんなご経験ありませんか?『アレルギー対応』と謳っていたその中身が、”メニューに含有アレルゲンのマークを表示してある”という事を指していてガッカリという場面。これだと該当アレルゲンが多っかたり、小麦・乳・卵・大豆のうち複数のアレルゲンが該当する場合に、ほとんどのメニューが選択できません。

allergy-mark

アレルギー表示はあるものの・・・

「アレルギーをお持ちの方は、メニューのアレルギー表示でご確認下さい。」というのがよくあり、ほとんどのブッフェ型の飲食店舗・レストランがこれに該当します。ブッフェの値段は場所によってピンキリですが、今までの経験において、食物アレルギーっ子が食べられるメニューの選択肢は、豪華ブッフェほど多く、格安ブッフェほど少ない傾向にあります。小麦・乳・ゴマのアレルギー児である息子が、あるブッフェ・レストランで食べられたメニューは、白米と鮭の塩焼きしかないという事が以前ありました。小麦は醤油に含まれているため、醤油を使っているだけで、アレルゲンの「小麦」マークが付いているからです。

食物アレルギーっ子のための事前準備

1年ほど前、宿泊したあるホテルのレストラン(ブッフェ形式)で素晴らしい体験をしました。詳細は後に綴る予定ですが、その時のブッフェでは、並ぶ料理メニューそれぞれに7大アレルゲン表示があることはもちろん、小麦・乳・ゴマのアレルギーを持つ息子のために、未就学児1人前のお料理を予め用意して下さりました。私は、「アレルゲン表示を見て、保護者様のご責任で大丈夫なものを選んで下さい。」ではなく、「お子様に合ったお料理をご提供致します。」という姿勢のブッフェ・レストランは、この時が初めてだったため、とても感動した事を覚えています。

「レストランに関するお問合せ」から問合せ

表立って明示されていなくても、こちらからお願いすれば、他のブッフェスタイル・レストランでも協力してくれるかもしれない。そう思って、近々利用する予約を入れた浅草ビューホテルのHPから、「レストランに関するお問合せ」をしてみました。

4歳児の子供が、小麦、乳、ゴマのアレルギー児です。
ブッフェのアレルギー表示には、醤油を使用するメニューも小麦アレルゲン有りの表示となり、食べられるものをだけをかき集める対応では、とても質素なものになってしまいます。
貴店では、アレルギー児に対して、別の1人前のメニューを提供するサービスはありますでしょうか。
もちろん有料で構いません。
よろしくお願いします。

息子は、小麦アレルギーですが、製造の過程で発酵された影響で小麦グルテンが分解されていると思われる「醤油」については、普通に摂取することができます。普段は、醤油とみりんを使った煮物や和食は食べられるのに、レストランだと小麦マークが付いていて、注文することができません。「使用されている小麦は、醤油ですか?それ以外ですか?」なんて、そんな細かいことを配膳の方に聞けませんし、その答えを求める方が厚かましいことは分かっています。

せめて息子1人前のメニューとして、煮物や焼き魚を用意してあげたい。そんな思いでした。

レストラン料飲課からの回答

嬉しい答えが返ってきました。何回かメールでやりとりしましたが、追加で聞かれたことを含め、まとめると以下の通りです。

メニュー内容などはお任せいただければ1名様分出し切りのお食事をご用意させていただくことは可能です。
また、アレルギー詳細をお伺いしておりますので、下記詳細をお教えください。
①該当の方のお名前
②エピペンの有無
③小麦、乳、ゴマ以外に該当食材がないか
④エキスも不可な食材
⑤小麦が含まれる調味料も不可か

お食事用意にあたり、特別ご料金は頂戴致しません。

なお、もしお差し支えなければご参考までに普段お召し上がりになられているお食事など、お教え頂ければ幸いです。

アレルギーのお客様のご詳細をレストランに申し伝えるに際しまして、「症状・程度」をお伺いさせて頂いております。
(例:発疹・かゆみ・呼吸困難・悪心・アナフィラキシーショック など)
何度もお手数をおかけし大変申し訳ございませんがご連絡お待ち申し上げております。

食物アレルギーっ子の情報を事前に提供

それぞれの質問に対して、メールで回答し、息子のアレルギー情報を提供しました。

アレルギー基本情報

①ゆきまる
②エピペンは持っていない(製造元で不足中)
③小麦、乳、ゴマ以外に該当食材はない
④小麦、乳、ゴマ以外のエキスは問題ない
0.5g以上の乳糖、乳たんぱくは「不可」
⑤小麦が含まれる醤油は「可能」
納豆の添付タレは「可能」
小麦でんぷん、小麦たんぱくを0.5g以上含む調味料は「不可」
その他
・共有の調理器具であっても、通常通りの洗浄を行ったものであれば問題ありません。
・同じ空間で該当アレルゲンが使用されている調理場 であっても、0.5g以上が混入されない環境であれば問題ありません。(コンタミ可)

普段食べているアレルギー対応メニュー

主食

・ごはん+7大アレルゲン不使用のふりかけ(永谷園)
・ごはん+7大アレルゲン不使用のカレー(永谷園など)
・ごはん+納豆
・ごはん+しらす
・米粉パン
・米粉パンケーキ
・グルテンフリーパスタ
・のり巻き(納豆巻き、かっぱ巻き、鉄火巻き)

主菜(しょうゆ、みりんは市販のもの)

・焼き魚、煮魚
・お肉のみそ焼き、塩こうじ焼き、ネギ塩焼き、おろし 焼きなど
・ささみ(ゆで)+塩
・から揚げ(衣は、自宅では米粉と片栗粉、保育園では片栗粉のみ)
・ハム、ウィンナー(乳成分なしのメーカーのもの)
・煮物
・中華炒め(ごま油なし、乳成分不使用の顆粒鶏ガラ調味料)

副菜

・ゆで野菜+塩かマヨネーズ
・さつまいも
・ちくわ+きゅうり
・お味噌汁
・おひたし

デザート

・ゼリー
・ようかん
・芋ようかん(小麦、乳成分が不使用の市販品)
・甘栗、きなこ棒、葛餅などの和菓子(小麦、乳成分が不使用の市販品)
・バナナ、リンゴ、みかん、いちご、キウイ等の一般果物
・ナタデココ
・アロエ
・豆乳ヨーグルト

アレルギー症状・程度に関する情報

  1. 小麦、乳、ゴマ、共に同レベル
  2. 1度に1gの摂取で、皮膚症状・かゆみ
  3. 1度に3gの摂取で、アナフィラキシーショック症状・喘息発作
  4. 経口減感作療法による進捗は以下の通り

・ゴマは、完全除去
・小麦は、エキスを含む調味料レベルで試行開始してばかり
・乳は、1回=0.4g/週3~5回 の摂取中

 食物アレルギーっ子「浅草ビューホテル」に到着

そしていよいよ当日を迎えました。

和モダンにリニューアル!ロビーの兜と写真撮影

1階のロビーフロアは、改装されて、そのコンセプト通り和モダンに生まれ変わっていました。この日はGW期間中ということもあり、見事な兜が展示されていました。息子とバッチリ記念撮影!

素晴らしい眺望、4歳男児「スカイツリー」に雄叫び

写真のような光景、素晴らしき東京ビュー

そしてスカイグリルブッフェ武蔵へ。そのフロアは26階。言うまでもなく東京ビュー、素晴らしかったです。世の中の4歳児は皆、東京タワーとスカイツリーと富士山を認識していることと思います。息子もスカイツリーを見るなり、「ほらスカイツリーだよ、ほらみて、スカイツリー!」の絶叫でした。既にお食事を始めていらっしゃった方、申し訳ございません。

スカイツリーの足元に、浅草を象徴する浅草寺が見えます。青い空にスカイツリーとその裾に広がる東京の街並みが圧巻でした。

食物アレルギーっ子「スカイグリルブッフェ武蔵」でお食事

そしていよいよ、食物アレルギーっ子のお料理登場。

食物アレルギー対応「出し切り料理」(ランチブッフェ)

食物アレルギー対応「出し切り料理」

母がかき集めてきた白米と、焼き魚だけの質素なお皿・・・ではなく、素敵なプレートが用意されました。フルーツに刺さった傘の飾りに大喜びです。本当に喜ぶべきところは、わざわざ(無料で)用意してくれたことへの感謝なんだよ。息子がもう少し大きくなったら感謝の気持ちを教えよう。

エビやホタテそのものは、一般メニューで出ているものと同じですが、ソースをかけたり味付けをする前に取りよけてくれたものだと思います。お魚・サラダ・フルーツについては、一般メニューからの取り分けでも対応できそうでした。

米粉や豆乳で代用するような、代替対応メニューはありませんでしたが、立派なプレートを前にして、「自分も周りの皆と同じものを食べている」と思って(思い込んでくれて)いるようで、普段不憫な想いをさせてしまっているアレルギーっ子の親としては嬉しかったです。

食物アレルギー対応「出し切り料理」(朝食ブッフェ)

この日は宿泊もしたので、翌日の朝食でもお世話になりました。

 

テーブルに付いて、自分だけ持参したおにぎりを食べ、周りの皆は注文した食事を美味しそうに食べている。そんな状況は、いつもなるべく経験させたくないと思っています。今回の浅草ビューホテルの「スカイグリルブッフェ武蔵」では、アレルギーっ子も満喫できました。「アレルギーっ子でも素敵な旅を!」これは、私のスローガンです。


人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す