食物アレルギーっ子の旅行先・宿泊先の選び方。予約時のポイントは子供料金が有料であること。

食物アレルギーっ子の旅行先・宿泊先の選び方(予約時の条件)

国民の3人に1人の割合で何らかのアレルギーを持っていると言われる現在では、食物アレルギーを持つお子様も多いと思います。

普段の食生活における問題を乗り越えても、更なる難題あり。それは、外食と旅行です。

外食や宿泊を繰り返す中で、外食先・宿泊先を選ぶ時のポイントを考えていきます。

食物アレルギーっ子に立ちはだかる「旅行」という壁

ご家庭では、ご家族の努力の甲斐あって、食物アレルギーに対するノウハウが蓄積されます。

ご家庭での食事はまず安心、何とかなる状態になっても、次に、幼稚園・保育園・学校などでの集団生活における食事対応の壁にぶち当たります。

そして次に、外食の壁。

そして更には、旅行の壁。

全てを持参で賄うには無理のある旅行において、旅行の食事問題が最大の壁となります。

食事の楽しみ=思い出の共有

楽しみにしていた外食や旅行で、アレルギー児だけが「あれ?食べられるメニューがないね。」という状況、私はイヤです。

最近では、多くの飲食店ではアレルゲン表記があります。このおかげで、該当アレルゲンを避けてメニューを選ぶことが可能となりました。

しかし、アレルゲンを避けるだけでは、アレルギーっ子だけが質素な食事なってしまう経験もあります。

とあるブッフェ式のレストランで、アレルギーっ子が食べられるのは、しらすご飯と鮭の塩焼きだけしかない、という事もありました。

白米と焼き魚だけを食べている小さな子供の前で、大人だけ美味しそうなメニューを選り取り見取り・・・というのは、やはりやり切れません。

「どうせ自分は食べられない」と諦めて、自分を否定するような感情に繋がってほしくないし、何より、一緒に食事を楽しむことは、思い出の共有に繋がる大切なことです。

【0歳・1歳・2歳児のポイント】アレルギーっ子の食事が「持ち込み可能」か?

0歳~2歳までは、ほとんど持参で対応していました。

離乳食の時代は、離乳食自体が持ち込み可能かどうかを確認していました。

最近では、離乳食を提供してくれる施設が増えたので、アレルギーっ子でも大丈夫な離乳食メニューがあるか否か、確認すれば大丈夫です。

もしも、「離乳食はアレルギー対応していない」なんて言われたら、瓶タイプやレトルトの離乳食を持ち込みましょう。



1歳を過ぎると、提供メニューと持参メニューの組み合わせで対応。

白米、焼き魚、焼肉、温野菜などのメニューが存在することを確認した上で、持参したレトルト食品を組み合わせて一食分を作りました。

アレルゲンフリーのレトルトカレーは、持参にとても便利で、強い味方です。

小麦・乳アレルギーっ子のカレー話。1歳~2歳はアンパンマン、3歳~4歳は戦隊もの、行きつけはインドカレー屋さん

2018.05.14

甘栗とバナナを持参することも多いです。

いずれにしても、持ち込み許可であることが条件です。

【3歳以降のポイント】アレルギー対応可能(低アレルゲンメニューあり)か?

最近は、低アレルゲンメニューを用意してくれる宿泊先が増えています。

大手旅行会社のパンフレットや、予約サイトのホームページ上には、食事のアレルギー対応に関する詳細が書かれていない場合があります。



「お食事にアレルギー等のご心配がある方は、お問合せ下さい」的な記載の場合は、宿・ホテルに直接、問い合わせるのがポイントです。

予約してから、旅行会社や予約専用サイトを経由して問い合わせると、伝言ゲーム状態になってしまいます。

予約後ではなく予約前に、その宿・ホテル自体が、アレルギー対応可能なのかどうか、直接確認します。

アレルギーっ子との旅行において、食事がアレルギー対応可能であることは必須条件。

ここで対応不可ならば、宿泊先を再検討するか、食品の持参で旅行期間の食事が賄えるのか要検討です。

アレルギー対応可能、低アレルゲンメニューがある、と判明すれば、あとは簡単!お気に入りの旅行会社や予約サイトで、予約するだけです。
宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

旅ならるるぶトラベル

国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

宿泊予約はじゃらんnet

日帰りツアー・体験イベントならポケカル

複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約


旅が深まるクラブツーリズム

【Booking.com】世界のホテル割引予約

ホテル予約ならHotels.com

【バイキング形式・ブッフェ形式のポイント】取り分け可能か、出し切り料理(代替メニュー)か?

浅草ビューホテルのスカイグリルブッフェ武蔵は、未就学児は無料でした。

浅草ビューホテル26階ブッフェを満喫!食物アレルギーっ子のために事前準備したこと(2018年5月GW編)

2018.05.10

無料なのに、幼児向けの「出し切り料理」の提供が可能でした。

無料ゆえに「代替」というよりは「除去」(取り分け)に近い対応です。

一方で、未就学児でも食事料金(旅行代金)のかかるブッフェ形式レストランを利用した場合、「除去」ではなく「代替え食」を用意してくれました。

有料でも、旅先の食事バイキングで、代替メニューの提供がある事は、感動に近い印象を受けました。

ホテルエピナール那須のアレルギー対応がすごい!アレルギーっ子も連泊できちゃう食事メニュー(朝食・夕食ブッフェ、菜す乃ランチ)

2018.08.01

アレルギーっ子の宿泊先選びのポイント(まとめ)

私はなるべく、未就学児でも宿泊代金が発生するプラン(宿泊先)を選んでいます。

必ず(今のところ100%)、「代替」対応が可能だからです。

代替えが可能ということは、未就学児1食分の低アレルゲンメニューを提供してくれます。

夕食として準備された代替メニューが、立派なお重箱に、片栗粉の衣のから揚げ(=竜田揚げ)や枝豆が入っている、立派な低アレルゲンメニューだった経験があります。

当時3歳の息子は大喜び!でした。

殆どの場合、金額とサービスは比例していて、未就学児が有料でも、息子のアレルギー対応食として返ってきました。

未就学児が、無料ではなく有料のプラン(宿泊先)がオススメです。

旅行先を決める上で大事なポイント

アレルギー症状に対応できる病院が近くにあるか

離島・山奥・海外などの場合は、注意が必要です。

何かあった時に、救急車で駆けつけ可能な病院が近くにあるか。

アレルギー症状にもよりますが、子供が小さいうちは、都市やバリバリの観光地を選択するようにしています。

食事のアレルギー対応について相談できるか

最初の入り口は、予約課やお問合せ窓口で良いと思います。

まずは問合せができて、次のステップで、担当者と相談できる施設が安心です。
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

コメントを残す