バンホーテンのチョコレートシロップ630g|乳アレルギーでも大丈夫!27大アレルゲン不使用チョコ

乳アレルギーでも大丈夫!
乳アレルギーっ子が食べているチョコレートシリーズの中から、バンホーテンチョコレートシロップをご紹介します。

バンホーテンと言えばココア

1828年、みんなが飲みやすいココアパウダーの製造法を発明したのが、オランダのバンホーテン。ココアと言えばバンホーテン、という方も多いのでは?

日本では、ココア=ミルクココアというイメージが強く、明治や森永製菓の製品は、乳成分が含まれています。(乳成分を含まない製品があったら教えてほしい!)

ココアパウダーの活用は別の機会に置いておき…
純ココアのトップブランド、バンホーテンのチョコレートシロップを購入しました。

私はお馴染み、生協の宅配で購入!
アレルギー対応商品が自宅に届いて便利【生協の食材宅配サービス パルシステム】

【コープデリ】不在時も玄関先までお届け! 生協の宅配サービスお申し込み

【おうちコープ】おうちでおためし6品無料キャンペーン

チョコレートシロップの原材料

果糖ぶどう糖液糖、水あめ、砂糖、ココアパウダー、食塩、乳化剤、香料、増粘多糖類

香料や増粘多糖類は気になるけど、ココアパウダーと糖類を練り込んだ、シンプルな原材料であることが分かります。

チョコには珍しい「乳成分」不使用!

乳成分が含まれていない、チョコレート(シロップ)なのです。
乳アレルギーっ子にとっては、常備すべき一品です。

テーブルウェアに馴染むくびれた形状

お洒落なテーブルウェアにも、パンと珈琲を並べただけのテーブルにも、ドンッと置くだけで馴染む、素敵な形状。片方の腰だけくびれた感じがかわいいでしょう?

後ろ姿もこの通り。

逆さでも自立!内容量630gのビックボディ

形のかわいらしさとは裏腹に、チョコレートシロップの身長は約20cm。内容量630gのビックボディです。

キャップの直径は、約5cm。大きいです。
逆さまにしてキャップ側を下にしても、自立できる優れもの。

キャップはパカっと開けるタイプ

蓋(キャップ)は、親指にひっかけてパカッと開けるタイプです。
親指が引っかけやすいように、蓋部分に耳が付いています。

チョコレートシロップの出口は、小さいです。

シロップは粘度が少ないトロトロ状態

(開封済みのため)冷蔵庫から出して、このトロトロ感です。

常温からの開封であれば、ドロドロ~ではなく、よりタラタラ~とした粘度です。中濃ソースくらいかな?

アレンジ自在☆アレルゲンフリーお菓子作りにも

☆ 星型のふわふわ米粉ホットケーキにお好みで☆

米粉ホットケーキにかけると、こんな感じ。
チョコレートシロップの幅が細く出てくるので、お好み焼きにかけるマヨネーズのように、往復させて線が描けます。

焼きあがったチョコレートケーキのスポンジ

米粉と一緒に混ぜれば、チョコレートケーキやチョコレートクッキーがすぐに作れます。

チョコレートシロップ自体が、色が濃くて味が濃厚。甘みも丁度良く、もしかすると子供には「ちょっと苦い」と感じるくらいかも。

だから、甘さ控えめに混ぜ混ぜした材料に、加えて混ぜるだけで、簡単にチョコレート菓子が作れてしまいます。

今度、バンホーテンの「ピュアココア」と北海道「てんさいオリゴ」糖を混ぜて、『対決★バンホーテン・チョコレートシロップ』をやってみます!


応援クリックお願いします。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

乳成分不使用!のバンホーテンのチョコレートシロップ630gは、580円~700円前後で販売されています。

砂糖やミルクを含まない純ココア(ピュアココア)も便利です。

お気軽にコメントをどうぞ