羽田空港(第1旅客ターミナル)でアレルギー児が何食べる?おにぎり寿司リンゴ…と選択肢あり!

息子(5歳)は、小麦・乳・ごま・くるみアレルギーがあります。そんなマルチ・アレルギー児が、初めての空の旅へ!

羽田空港・第1旅客ターミナルに到着しました。

空港で食べられるものを探して、昼食を済ませた後に旅立ちます。

アレルギー児が、羽田空港で実際に食べたもの、実際に見かけた飲食店の中で食べられそうなメニューなどをご紹介します。

「りんご」の自販機!2階北ウィングで発見!

リンゴの自販機を見つけた!
リンゴの自販機を見つけた!

羽田空港・第1旅客ターミナルに到着し、手荷物受付案内カウンターに大きなスーツケースを預けました。

身軽になった状態で、アレルギー児を連れて食事ができる場所&食べられそうなメニューを探します。

まず見つけたのは、「りんご」の自販機

2階の「北ウィング」側、エスカレーターの傍にありました。

コカ・コーラのような赤い自動販売機なので、けっこう目立ちます。

リンゴの自販機のラインナップ

「とろ~りはちみつ&生りんご」240円、「青森県産りんご(皮なし)」200円、「ファミリーパック」400円…と揃っています。

りんごの自販機で「りんご」購入

息子は、小さいサイズ(200円)の「青森県産りんご」を選びました。

この後、食事をする時に、このリンゴを食べるわけですが…。

これがシャキシャキ美味しい!

大きいサイズ(400円)の「ファミリーパック」を買えば良かったです。

どこかの飲食店で食事をするにしても、アレルギー児が注文できるデザートはないと思った方が無難だから、このフレッシュリンゴはお勧めですよ。

マクドナルドのフライドポテト&ジュースを購入!フードコートはB1Fにある

マクドナルドのフライドポテト

この時点で、息子は「お腹が空いた」「もう疲れた」と始まりました。

朝早くから自宅を出発して、羽田空港までたどり着き、フラフラと歩いて今に至るのですから、当然です。

ここで、低アレルゲンメニューがあるレストランを探す体力もなく、フードコートで食べることにしました。

親二人はフードコートで注文し、息子・アレルギー児は持ち込みで対応することにしました。

羽田空港・第1旅客ターミナルのフードコート『東京シェフズキッチン』は、B1F マーケットプレイスにあります。

京急線やモノレール乗り場が直結したフロアです。

この同じフロアに、マクドナルドがあります。小さな店舗ですが、常に2~3組のお客さんが並んでいる状態でした。

ここに並び、7大アレルゲン不使用の「マックフライポテト」Lサイズと「オレンジジュース」をテイクアウト。これをフードコードに持ち込ませて頂きました。

低アレルゲンメニューや白米があるか分からない時は”おにぎり”持参が必須!?

甘栗(むきぐり)
持参した「甘栗」

私は今回、羽田空港内で低アレルゲンメニューがあるレストランを調べていませんでした。

寿司屋もあるし、和食のレストランもあるからお刺身と白米が注文できれば大丈夫、と思っていました。

ところが、「これから旅先で”海鮮づくし”なのに、ここで海鮮はないでしょう」という夫の判断。出発前夜にケンカをしたので、空港での食事について事前に話し合うことができず、空港に到着してから互いの意見を知りました。

※今回の旅で、どこに向かうかは、次回エピソードで明かされます。

(小麦・乳・ごま・くるみ)アレルギー児が食べられるメニューは、フードコートで見つける事はできませんでした。

ということで、”おやつ”に備えて持参していた「甘栗」も投入。

アレルギー児がフライト前に食べたメニューは…

  • マックのフライドポテト
  • 甘栗
  • オレンジジュース
  • リンゴ

となりました。

行った先に低アレルゲンメニューがあるか分からない時や、白米すらメニューにないかもしれない時は、やはり「おにぎり」持参が必須かも…と改めて実感しました。

いや、厳密に言うと…

羽田空港には「おにぎり」を買える場所はあるし、白米を提供できるレストランもあるので、「アレルギー児に最適な飲食店を探し回る時間と体力がない場合」という条件を付け加えておきます。

何はともあれ、これで息子も「お腹いっぱい」らしい。

栄養度外視ですが、とりあえず「良し」とすることにしました。

教訓は、次回に活かします。

出発ロビーが意外とイケる!?蕎麦屋に”おにぎり”も

もっと早く出発ロビーに入り、出発ロビーで食事を済ませば良かった…と思ったのは、実際に2Fの出発ロビーの様子を見てからのことです。

出発ロビーには、ラーメンや蕎麦など麺類をメインとする飲食店がぱっと見多く、「保安検査ゲートを通ってから食事をする」という発想はありませんでした。

ところが、実際に出発ロビーに着くと、「おにぎり」やら「寿司」やら美味しそう!

「こっちにすれば良かったね!」という結果論でした。

石臼挽き蕎麦「あずみ野」は、蕎麦も美味しそう。小麦アレルギーや蕎麦アレルギーじゃなければ、フライト前にお蕎麦はアリですね。

「あずみ野」には、メニューの中に「おにぎり」がありました。

ただ、おにぎりの具が「ちりめんじゃこ」なので、「ごま入り」かどうか確認しなきゃ。アレルゲンに懸念がなければ、”ちりめんじゃこ おにぎり”がここで購入できます。

お握り屋さんがあった…【五穀豊穣 蔵一 】で”おにぎり”買えるよ!

しかも、「おにぎり」「おにぎり」と騒いでいた私にとって、これは事件。

おにぎり専門店「五穀豊穣 蔵一」がありました。

座って食べられる立ち食い寿司【又こい家】も!

ま、マグロが美味しそう。

立ち食い寿司「又こい家」には、男性を中心に人だかりがありました。

立ち食いとは言え、向こうにテーブル席もあって、座って食べられそう。

あれだけ「海鮮はイヤだ」と言っていた夫も、男性陣が美味しそうに食べている姿に釣られて、「ここにすれば良かった…」と言っていました。

アレルギー児の息子も、お寿司屋さんで「マグロ・サーモン・いくら・イカ」を食べるのが大好きです。

アレルギー児の食事@羽田空港・第1旅客ターミナル:まとめ

というわけで、アレルギー児の羽田空港、第1旅客ターミナルで何を食べるか?という観点でご紹介しました。

結果的に、私たち夫婦が準備足らずで、アレルギー食としては「有り合わせ」になってしまいました。

しかし、実際に行ってみたからこそ、何があるのかよく分かりました。

次の機会のために、

  • 「りんご」の自販機はお勧め
  • レストラン利用なら事前に場所と食べられるメニューを把握しておく
  • 保安検査を済ませて、出発ロビーのレストランを利用する!

というポイントを押さえておきたいと思います。

息子にとっては初めての、私たち夫婦にとっても子連れ初めての羽田空港でした。

次回はいよいよ、テイクオフ!

初フライトに挑戦!ASD息子が飛行機に乗る!空港や機内での工夫・対策・教訓とは?

2019/10/09

羽田空港 第1旅客ターミナル
「ショップ&レストラン」
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shops_and_restaurants/


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください