アレルギー物質27品目不使用!尾西のライスクッキー。アレルギーっ子も大好きココナッツ風味とイチゴ味の比較

onishi-cookie1

アレルギー物質27品目不使用!尾西のライスクッキー☆ココナッツ風味とイチゴ味の比較

小麦・乳・ゴマ・クルミのアレルギー児である息子は、市販のクッキーを食べることができません。

しかし、食物経口負荷検査で卵はクリアしたため、卵の完全除去を解除してからは、米粉+豆乳+卵という最強の組み合わせが使用可能になりました。これにより、クッキーは比較的簡単に手作りできて、クッキーが食べられなくて不憫な想いをする場面というのは少なくなりました。

それでもやはり、手のかからない市販品を食べたい!そこに現れたのは、尾西のライスクッキーです。

※微量でも反応する重度アレルギーの方・小麦以外にアレルギーをお持ちの方は、原材料をご確認の上、記事の内容に関係なく、ご自身で安全なご判断を。

【ココナッツ風味】米粉クッキーの中でも断トツのサクサク感!小麦クッキーに近い食感

数々の米粉クッキーをネット注文して食べ比べてきましたが、尾西のライスクッキー「ココナッツ風味」が一番、小麦クッキーに近いサクサク感があります。

尾西のライスクッキーは、最近はイトーヨーカドー、マルエツ、ヤオコー等の食品スーパーでも市販されているので助かります。

尾西のライスクッキーには、「いちご味」も存在するのですが、私のお勧めは「ココナッツ風味」です。小麦クッキーーに近いサクサク感が実感できるのは、「ココナッツ風味」がダントツです。

尾西のライスクッキー プレーン(8枚入)

価格:228円
(2018/5/10 12:49時点)

パッケージが変わった!

onishi-rice-cookie

尾西のライスクッキー(ココナッツ風味)のパッケージが変わった

ある日、パッケージが変わっていることに気が付きました。

普通は「リニューアルしたんだな♪売れているかしら?」と前向きに捉えることが多いと思いますが、食物アレルギーっ子の親にとっては、慌てふためく一場面。「原材料も変わったか?何が変わった?中身は変わったか?」と慌てます。

【ココナッツ風味】原材料の比較

そこで恒例、原材料をチェック!

米油の表記方法が変わっただけで、原材料自体は同じです。安心しました。

旧パッケージの原材料

米粉(新潟県産)、食用植物油脂(ライスショート)、砂糖、ココナッツピューレ、アーモンドプードル、発行調味料(米、塩)、ココナッツファイン

新パッケージの原材料

米粉(新潟県産)、ライスショートニング(米油)、砂糖、加糖ココナッツピューレ、アーモンドプードル、発行調味料(米、塩)、ココナッツファイン

【ココナッツ風味】パッケージの大きさ比較

では、何が変わったのか?

気になるのは、「1箱8枚入り」という内容量は変わっていないのに、箱の大きさが大きくなっていることです。

中袋の大きさ

onishi-rice-cookie

箱の中のパッケージ(中袋)。上が新パッケージ、下が旧パッケージです。

写真上が新パッケージ、下が旧パッケージです。大きくなりました。

中袋のデザイン

アレルギー物質27品目不使用である旨と、ゴミの分別・プラスチック識別表示であるプラマークが、印字されました。

旧パッケージはのっぺらぼうだったので、箱から出してしまうとアレルゲンを含むのか含まないのか判断が付きませんでした。

新パッケージの中袋は「アレルギー物質27品目不使用」と明記されました。残りを内袋に入れて輪ゴムでとめて一時保管したり、それを外出時に持って行くという時でも、アレルゲン不使用である事が分かって安心です。

中箱(中のプラケース)の大きさ

onishi-rice-cookie

高さが違うのが分かります。

一見、大きさはほぼ同じです。外箱があれだけ大きくなったのに、入っているプラスチックケースの大きさは、ほとんど変わっていないから不思議です。

プラスチックケースは、高さだけが変わっていました。新パッケージの方が、高くなりました。

【ココナッツ風味】ライスクッキーの大きさ比較

onishi-rice-cookie

上:新パッケージのクッキー、下:旧パッケージのクッキー

上から見ると、その大きさの違いにほとんど気が付きません。

onishi-rice-cookie

厚みが違うのが分かります。

横から見ると、ライスクッキーの厚みが増しているのが分かります。

厚みが増した方が、新パッケージのライスクッキーです。中のプラケースの高さが、高くなっていることが理解できました。

不思議なのは、外箱の厚みは、そんなに変わっていないこと。新旧パッケージを並べて比較しないと気が付けないほど、わずかに厚くなった程度です。もともと、内袋のマチに余裕があったんだ、と理解することにしました。

【ココナッツ風味】ライスクッキー1枚あたりの分量とカロリー比較

1箱(ライスクッキー8枚)あたりの栄養成分表示は、新旧パッケージとも全く同じで、1箱48g、エネルギー276kcalです。

ライスクッキーが分厚くなったように見えるのは、成型の問題で、1枚あたりの分量は変わっていないようです。

【ココナッツ風味】新旧パッケージの変更点まとめ

その他の変更点として、製造工場が変わったこと、「5年保存」の明記が消えてアバウトな「長期保存対応」となったこと、があります。

また、国産の米粉が使用されていること、各取得マークが付与されました。尾西のライスクッキーの特徴が、明示化されたパッケージになりました。

原材料は変更なし、パッケージが刷新された「尾西のライスクッキー」のココナッツ風味について、主な変更点は、以下の通りでした。

  1. 外箱が大きくなった
  2. アレルギー物質27品目不使用であることが強調された
  3. 日本災害食認証を取得し、認証マークが印字された(認証No.D00100)
  4. イスラム教徒対応のハラール認証マークが印字された(F150326-2)
  5. 新潟産の米粉を使用していることが強調された
  6. 「5年保存」→「長期保存対応」の表示に変わった
  7. クッキー本体が、より形良く成型された
  8. 製造工場が、山田工場(新潟県長岡市)→坂井工場(新潟県見附市)に変わった

因みに、JANコード(=外箱のバーコードの数字。レジでスキャンされる所)は、新旧パッケージ共に同じでした。

【ココナッツ風味・いちご味】パッケージの比較

onishi-rice-cookie-strawberry

いちご味とココナッツ風味

尾西のライスクッキー「いちご味」は、イチゴ味であることが連想できる、ピンクを基調としたパッケージです。

アレルギー物質27品目だけでなく、ナッツ類も不使用である旨が、強調されたパッケージになっています。

【ココナッツ風味・いちご味】原材料の比較

ココナッツ風味の原材料 米粉(新潟県産)、ライスショートニング(米油)、砂糖、加糖ココナッツピューレ、アーモンドプードル、発行調味料(米、塩)、ココナッツファイン
いちご味の原材料 米粉(新潟県産)、マーガリン、コーンフラワー、砂糖、ライスショートニング(米油)、ストロベリーペースト、コーンスターチ/香料

「ココナッツ風味」には、アーモンドプードルが含まれています。アーモンドやナッツ類にアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

息子は、クルミアレルギーが判明していますが、ナッツアレルギーを疑いもしない時に、当ライスクッキー・ココナッツ風味を大量に食べました。

クルミ経口負荷試験でアナフィラキシーショック!ナッツアレルギーへの警戒開始(4歳7か月)

2018.07.12

もしも、アーモンドにもアレルギーを持っていたら、大変なことになっていました。アレルギー体質で未確認のアレルゲンがある方は、本当に注意しましょう。

また、「いちご味」には、マーガリンと香料が使用されています。トランス脂肪酸や余計な香料の含有について気になる所ですが、公式ホームページには『※マーガリンの原材料は「なたね油」です』のコメントが掲載されています。

【いちご味】アレルゲン27品目だけじゃない!ナッツ類も不使用!

「いちご味」は、ナッツ類も不使用です。アレルギー物質27品目だけでなく、ナッツ類も不使用となっています。

ナッツ類のアレルギーは、微量でも、命に関わる呼吸器系のアレルギー症状が出たり、アレルギー症状が強く出たりする傾向にあると認識しています。パッケージのタイトルで「ナッツ類不使用」を謳ってくれるのは、明確で分かりやすく、非常に心強いです。

尾西のライスクッキー いちご味(8枚入)

価格:248円
(2018/9/7 12:12時点)

【ココナッツ風味・いちご味】食感の比較

「いちご味」の食感は、米粉クッキーにありがちなカリカリ感が、やはり少しあります。

初めて「ココナッツ風味」を食べた時に受けた、「米粉クッキーでこのサクサク感がでるのか!」という感動はなく、ほどよいサクサク感です。

あのサクサク感は、アーモンドプードルによって実現していると思われるので、仕方ないポイントかな?

【12個セット】尾西のライスクッキー ココナッツ風味・いちご味12箱 5年保存 特定原材料27品目不使用ノンアレルギークッキー 防災グッズ 災害備蓄用 保存食、備蓄品、非常食【送料無料】

【ココナッツ風味・いちご味】味の比較

「いちご味」の味は、「ココナッツ風味」よりも甘いです。ほんのりイチゴ味です。

甘さ控えめがお好みなら「ココナッツ風味」、甘いの大好き・いちご味好きなら「いちご味」、好みが分かれるところです。

尾西のライスクッキー いちご味(8枚入)

価格:342円
(2018/9/7 12:11時点)

「尾西のライスクッキー」は長期保存が可能

尾西のライスクッキーは、長期保存が可能です。旧パッケージ時代は、「5年保存」が謳われていました。

そのため、小麦・乳・ゴマ・くるみアレルギーの息子の非常食を兼ねて、大量にストックしています。

保存料不使用なのに、賞味期限が5年近くあるというのは、単純にスゴイです。普段のおやつのストックとして、食物アレルギーっ子の非常食として、大活躍できる優秀品です。

非常食尾西のライスクッキー8枚入 ココナッツ風味(米粉クッキー ビスケット 保存食 お菓子)

価格:237円
(2018/9/7 12:09時点)

「尾西のライスクッキー」は皆で一緒に食べられるお菓子

箱入り・8枚入り・長期保存可能・アレルゲン27品目不使用の「尾西のライスクッキー」は、アレルギーのある友達がいても、皆で食べられるお菓子です。

小麦・乳・卵アレルギーのお友達がいるけど、遊びに来た時にあげるお菓子がない、何をあげていいか分からない…。そんな時も、「尾西のライスクッキー」があれば大丈夫!

長期保存できるから、ご自宅の非常食を兼ねてストックしておけるからです。

食物アレルギーがなくても、非常食やストックにイチオシのお菓子です。

「尾西のライスクッキー」はANA機内食にも採用

2018年2月以降、ANA(全日本航空)の国際便で、この「尾西のライスクッキー」(いちご味)がアレルゲン7品目対応の機内食(幼児食)に採用されました。

私はデルタ航空派なのですが、これを知り、ANAに鞍替えした方が良いのか?まで考えました。「食物アレルギーっ子連れ海外旅行」を実現する時は、どの航空会社にするか検討の余地あり!です。

ANA国際線で提供される「尾西のライスクッキー」は、個別包装らしいです。いつか、いちご味の個別包装姿を見てみたいです、いつかきっと!

■尾西食品株式会社(公式ページ
尾西のライスクッキーシリーズ
└─ココナッツ風味
└─いちご味
アレルギー対応製品への取り組み

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の羊羹には、小麦が含まれています。
秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

お気軽にコメントをどうぞ