「行動の切り替えが苦手」対策~『おしまいの時間』を確実に告げる工夫~

発達障害の特徴の1つ、行動の切り替えが極度に苦手という症状は、まさに息子の日常です。
毎日毎日、様々な工夫を凝らして、行動を切り替えていく練習中です。

今回は、行動の終了時間(=おしまいの時間)を確実に告げる工夫をご紹介します。

視覚優位とはいえ時計同士を照らし合わすデメリット

息子は、視覚から入る情報の処理が優れているタイプです。(=視覚優位)

言葉だけでダラダラガミガミ言い続けるのは、理解しないどころか癇癪に繋がる凹の部分。ジェスチャーや絵を見せながら、物事を再現するように説明すると、理解するどころか返事も元気に「はい!」と良い子に変身します。

だから日常の行動を切り替える時には、時計を見せて長い針がどこに来たら何をするか、目で情報を取り入れることが重要です。
それは基本対策として良いのですが…。

息子
あっちの時計は、まだ「12」になってないよ。

最近めきめき賢くなって、「あっちの時計」「こっちの時計」で数分誤差がある点を突いてきたり、トイレに行った分を延長すべきだと訴えてきたり。少し面倒になってきたのです。

加えて、私がよく使う、時計の針の場所と行動をセットに書いた絵や、針を手で動かせる時計のオモチャ。これらは行動の切り替えに非常に有効ですが、手元に置いた目印になる時計の時間と、実際の時計を照らし合わせる必要があり、これに余計な労力を使ってしまうことがあります。照らし合わせてキョロキョロしている間に、癇癪を起し、ギャー!

「実際の時計だけ」を使う!ための準備

放置されていた折り紙の紙ヒコーキを分解

そこで、「実際の時計だけ」を使って終了時間を告げることにしました。

今やっている事を「おしまい」にする時は、”この時計の針がココに来た時”であることを明確に示します。

用意したのは、リサイクル折り紙とハサミだけ。折り紙はなるべく黒以外で、赤に近い色を選びます。お金をかけずに家にあるものを利用しました。

時計の数字に付ける〇印をつくる

折り紙の1/4を使います。1/4の大きさに切ったら、それを半分に折って三角形にします。これを切り取って半円の形にします。更に中心部をくり抜くように切り落とし、折った部分を開けば、真ん中が空いた〇の出来上がり。

使うのは、くり抜かれた円ではなく、真ん中が空いた輪っかの方です。

「実際の時計の数字」に〇をする

ここまで来ると、分かるでしょう?
折り紙を「黒以外」にするのは、時計の数字が「黒」だから。折り紙を「赤に近い色」にしたのは、〇印を目立たせるためです。

これが「おしまいの時間」だ!

発達凸凹な賢い子よ、もう言い訳は言わせないぞ!

私(母)
この時計の「大人の針」が「4」に来たら、おしまい。それまで、頑張って遊んでね。

終了時間を現す時間に、セロハンテープで「〇印(=おしまい印)」を止めます。終了時刻を指さし、息子がうなずくのを見届けたら、行動開始です。

リビングで一番目立つ、この大きな壁時計。
例の「朝の身支度」用の行動図は、年中貼りっぱなしです。今回の「おしまい印」が加わって、シンプル・モダンとは程遠い…。

注)シンプル・モダン ・・・インテリアも装いも生き方も、全てにおいて私が密かに目指しているイメージ

発達凸凹「行動の切り替えが苦手」対策|壁時計バージョン

2018/12/14

今のところ上手くいっています。きっと慣れると効果が薄れるでしょう。そのタイミングで、「ピンクの〇印」を「オレンジの太陽型」(外側がギザギザの丸型)に変えて、気を引く予定です。


自分の経験を誰かのために。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お子様に合った視覚支援グッズが見つかりますように。


お気軽にコメントをどうぞ