【ASD息子とナガミヒナゲシ】禁止事項や否定的な表現(否定文)が「こだわり」を助長する!と教えてくれた花

軽度ASD(自閉症スペクトラム)の息子は、とてもこだわりが強い子です。

今回は、その「強いこだわり」について、私がまだ正しく理解していなかった頃に遡り、息子が固執していた”ある花”に注目したいと思います。

あれから3年。
こうして分析できるようになりました。

ケシ!ケシ!ケシ!叫んで呼んで一緒に見るまで動かぬほど固執した”花”とは?

雑草の茂みを観察する息子
【息子が2歳半の頃】雑草をいじったり観察したり・・・その場を離れるのが大変で、近場に出掛けるにも時間がかかりました。

息子には、ルール・やり方・順番・置き方・持ち物…と、”こだわり”が発揮される場面は色々ありますが、発達障害の「強いこだわり」という特徴を知る以前から、気になることがありました。

なぜ”これ”に固執するんだろう?

珍しくもなく、面白い特徴があるわけでもない。それなのに、異様に固執するモノがあったのです。

その1つが、ナガミヒナゲシです。

※「石」「マツ&松ぼっくり」…と他にもあるけど、それはまたの機会に…。

ナガミヒナゲシ
近所に咲き誇るナガミヒナゲシ

「ナガミヒナゲシ」と聞いて、ピンとこなくても大丈夫です。私も、その姿は知っていても、その名前は知りませんでした。

日本に住む多くの方が、道端で見たことはあるけど正規名称は知らない、という花だと思っています。

私も夫も、この花を「ケシの花」と呼び、2歳の息子にも「ケシの花」と教えました。

この花を見る度に、息子は「ケシ!ケシ!ケシの花だよ!」と叫び、近くに行って一緒に見てくれるまでその場を離れず、指をさして「ケシ!ケシ!ケシ!」と連呼。

車の中から、車道脇に「ケシの花」が見えただけで、「ケシ!ケシ!ケシ!」と連呼。

確かに、オレンジ色で可憐でキレイ。

でも、なぜ、この「ケシの花」に固執するんだろう?

タンポポだって、ツツジだって、サクラだって、いいじゃない。なぜこの「ケシ」なのか?

「触っちゃダメ!」夫が禁止文&否定文を連呼して教えていた!

ナガミヒナゲシの一生を描いた絵
息子に教えてもらいながら、私が描いた「ナガミヒナゲシの七変化」

私も夫も、このオレンジの花を「ケシの花」と呼んでいた頃、夫には自論がありました。

ケシの花は、麻薬の花。
絶対に触ってはいけない。

というものです。

確かに、ケシ科の植物には、強い毒性がある種や、無許可で栽培するだけでも法律違反&警察に捕まる…という種もあります。

しかし、このオレンジ色の「ケシの花」は、それとは違う花でしょう?

そこら辺に咲いているではないか!

ヤバイ花だったら、もっと伐採活動がされるだろうし…。

でも、花がキレイなワリには、誰も摘み取っていない…ということは、やはり法に絡んだ、ヤバイ花なのか?

気になって気になって調べた結果、この花が「ナガミヒナゲシ」という名のケシ科の植物、野草化している植物、強い毒性のある種とは違う植物、であることが分かりました。

同じ頃、判明したことがあります。

夫が息子に対して、

「ケシの花は、絶対に、触ったらダメ」

「触ったら、絶対に、すぐ手を洗わなくちゃダメ」

息子
さわったら、どうなっちゃう?

「触ったら、触った指がかぶれて、痛くなる。だから触っちゃダメ!」

ダメダメ連呼で、禁止文と否定文だらけのセリフを使い、「ナガミヒナゲシの花は触ってはいけない」ということを教えていたのです。

ナガミヒナゲシに固執した”きっかけ”は禁止事項!”こだわり”化して助長した!

ナガミヒナゲシの蕾
ナガミヒナゲシの蕾。私がかつて蕾だと思っていたのは、花が散った後の果実(種が入っているところ)だと、息子に教えてもらって知った。

「ケシ!ケシ!ケシ!見て!お母さん!」と呼ばれた時、

息子は
「触っちゃダメだよ!ダメ!ダメ!ダメ!あ~、あぶな!」

と言いながら、不可解な動きをしていました。

花を触ろうとして指を近づけるも、ギリギリの所でひっこめる・・・という仕草です。

これを繰り返しながら、「ダメダメダメダメ!あ~~あぶな!」と言い、また繰り返す。

「触っちゃダメダメ」言われたから、余計にこだわっているんじゃないか!

夫が「ダメダメ禁止文」で教え続けた結果、息子のナガミヒナゲシに対する印象が、強くなってしまった。

ナガミヒナゲシに”こだわって”しまった。

日に日に”こだわり”が助長されて、ナガミヒナゲシに固執するようになってしっまった。

・・・と実感しました。

「触っていいよ」肯定文で許可したら?”こだわり”を緩和した方法

「ダメ」は禁句?2文字のパワーを緩和して発達障害の子の”癇癪”に立ち向かう

2019/09/18

夫には、はっきり言いました。

「触っちゃダメだ、ダメだ、とダメダメ言うから、余計に固執して、ヒナゲシにこだわっちゃったでしょ!!」

「え、マジ?」

普段のナガミヒナゲシの固執している息子の様子を見て、「ケシケシ病」と呼んでいた夫ですが、その原因が自分にあると知って、少しだけ反省したようです。

ごめん、ごめん。触っていいよ。家に帰ってきたら、手を洗うんだよ。

夫は息子に誤りながら「触っていいよ」と言って、頭をなでていました。

触っていいよ。大丈夫だよ。ほら!

私も、外で「ケシ!ケシ!ケシ!見て!」と呼ばれた時に、「触っていいよ。」と言い続けました。

最初は、警戒して触らなかったので、「ほら!」と言いながら、私自身がナガミヒナゲシの花をツンツン触って、お手本を見せました。

戸惑いながらも、息子も、ナガミヒナゲシの花を突っつきました。

息子が突っついても、触っても、

大丈夫だよ。

平然とした態度で、
「ん?触ったの?大丈夫だよ。」
「触った?どうだった?大丈夫だったでしょ?」

触っても大丈夫であることを伝え、何の問題もない雰囲気を醸し出しました。

あれから3年!固執も”こだわり”も緩和されて健全な「雑草の観察」に

今でも雑草観察には時間をかける息子

あれから3年が経過しました。

雑草の前で立ち止まり、その場から暫く離れられない息子の姿は健在。近場に出掛けるにも時間がかかるのは、昔も今も変わりません。

でも、異常なほどに「ケシ!ケシ!」と叫び、ナガミヒナゲシの花に固執する姿は、もうありません。

ナガミヒナゲシの花と息子
3年後・・・今でも観察はするが固執はしていない。

春になると驚異の繁殖力であちこちに咲き誇り、場所によっては群を成すナガミヒナゲシ。

息子は、通りがかる度に、
「昨日の蕾が咲いている。」
「朝はくっついてた花びらが落ちている。」
「花びらが全部落ちちゃった」

と、花の状態を観察しています。

禁止によって助長されたナガミヒナゲシへの”こだわり”は緩和されて、健全な雑草観察のレベルになりました。

息子の他に、その辺に咲く珍しくもないナガミヒナゲシの花を、こんなにじっくり観察している子は、見たことはないけれど・・・。

名前も知らなかったナガミヒナゲシには、色々教えてもらいました。息子と一緒に観察しすぎて、今では蕾から枯れるまで、素早く絵に描けるレベルになりました。

一番大きな教訓は、「ダメ」「~してはいけない」という否定文・禁止文が、こだわりが強いASDの子に対して、強い印象を与えてしまい、それが「こだわり」になったり、「こだわり」が助長されてしまう-ということでした。

この教訓は、この3年間、私の心得として大活躍することになります。

息子と接して、息子の特徴と向き合う中で、「こだわり」という特徴を理解するのに、大いに役立つことになるのです。


ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。




お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください