【コストコで買うもの】7大アレルゲン不使用!アレルギーでも食べられる”おやつ&デザート”夏の3選!

コストコで買ったもの

毎月、コストコに買い出しに行っています。

コストコで買う物と言えば、小麦・乳・卵・ナッツに魚介類…と、7大アレルゲンたっぷりな商品がピックアップされがちですが、今回は視点を変えて、息子のために何を買ったのかご紹介します。

小麦・乳・ごま・ナッツのアレルギーを持つ息子と一緒に食べるもの。アレルギー特定原材料7品目が不使用、リピート中、コストコ商品”3選”です!

巨大冷蔵庫で必ずゲット!「アメリカンチェリー」

アメリカンチェリーのラベル

今回購入したアメリカンチェリー(ダークチェリー)は、「Domex Superfresh Growers」ラベルが付いていました。ワシントン州の東部で有機果物などを手掛ける農園から、日本にやってきたようです。

『ワシントンチェリー』と書かれています。

アメリカンチェリー
既に半分以上を食べても、この量!

コストコの巨大冷蔵庫ルームに、夏にかけて登場する大量チェリーボックス。

横約28cm×奥行約18cm×高さ約8cmほどの大きなプラスチック容器に、アメリカンチェリーが沢山詰まっています。

アメリカンチェリー(1粒)

1粒は、2.5cmはあるかという大粒です。

乳製品を食べられないアレルギーっ子は、(特に時間がない時の)食後のデザート が「ゼリー」ばかりになってしまう中、この時期のアメリカンチェリーは救世主!

小麦・乳・ゴマ・ナッツアレルギーの息子も、食べることができます。

洗ってすぐ食べられるから、急いでいる時のフルーツとして最適です。

今回のアメリカンチェリーは、内容量1,360gで、価格は1,998円でした。1/4の量が500円で買えると単純換算しただけでも、安いですよ!

冷蔵庫に入れたアメリカンチェリー

因みに、自宅の冷蔵庫に入れると、この存在感。野菜室の上段の主役となります。

常温でも冷やしても美味しい!持参デザートとして便利「こんにゃくゼリー」

こんにゃくゼリーのパッケージ正面
ペットボトル500mlと並んだ「こんにゃくゼリー」
デカイでしょう?

コストコの常温コーナー(お菓子売り場)でゲットできるのは、4種のフルーツ「こんにゃくゼリー」。個別包装の蒟蒻ゼリーが大量に入っています。

蒟蒻ゼリーと言えば、食品スーパーでも細長くて小さなボトル型の個別パッケージに入ったものが売っています。だけど、それは1食分にしては小さ過ぎて、ちょっと足りない。一度に2~3個食べてしまうと、1袋はすぐになくなります。

蒟蒻ゼリーの個別包装(大量)

コストコで売っている蒟蒻ゼリーは、すごいですよ!

味は、買う時に迷う必要はなく、4種類の味が一緒くたに入っています。グレープ、ピーチ、アップル、マンゴーの4種のフルーツ味です。

蒟蒻ゼリーの個別包装

1個の内容量は20g、6cm×7cmの個別包装です。それが大量!64個も入っていて、毎日食べてもなかなか減りません。 これでお値段、958円

1個あたりのコラーゲンは55mg、3個食べればレタス約1個分の食物繊維が摂取できます。アレルギーっ子だけでなく、私も一緒になって食べる理由でもあります。

蒟蒻ゼリーの原材料

原材料は、
砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、水溶性食物繊維、それぞれのフルーツ果汁(ピューレ含む)、ゼラチン、こんにゃく粉/ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料。

乳成分は含まれていませんが、コンタミは注意です。製造工場では、「乳成分・オレンジ」を含む製品が製造されています。

「もも・りんご・ゼラチン」については、コンタミ以上に、本商品自体に含まれているから要注意です。4種の味によって、含まれるフルーツのアレルゲンが異なるから、ご自身で原材料を確認して下さい。

原材料とアレルギー情報が明記されているのは、外側の大袋パッケージだけです。個別舗装パッケージには未記載だから、外袋パッケージを捨てずに保管するか、原材料を控えておきましょう。

蒟蒻ゼリーを開封

蒟蒻ゼリーだけに、誤飲について配慮されています。一気に多くの量が出ないような仕組みのパッケージです。

それでも、ほら!
グイっと押して出すと、5歳児がちょうど噛み切りやすい量が、ブニュっと出て来ます。少量過ぎず、いい感じです。

この時期は、冷やしておくと美味しいです。朝食のお供に、サっと出して食べることができます。

常温保存もOKなので、アレルギーっ子のお弁当生活にプラスしたり、外出先のおやつとしても活躍します。

賞味期限が1年近くあるので、アレルギー児の非常食を兼ねてストックしつつ食べていく、ローリングストック法もお勧めです。

家族みんなで「有機トルティーヤチップス」!

トルティーヤチップス(大袋)

コストコの常温コーナーでもう1つ鷲掴みにして、カートに入れるがこちら、「有機トルティーヤチップス」です。

コストコの「有機トルティーヤチップス」は、本物の”トルティーヤ”をチップにしたもの、なんですよ!

本来であれば「トルティーヤ」とは、すり潰したトウモロコシから作られたものなのに、現在では「小麦粉」から作られたものも”トルティーヤ”を名乗っています。

これが恐怖!
トルティーヤチップスだから食べられる~と思って、市販品の原材料を見ると「小麦粉」が先頭に書いてあったりします。
※先頭=原材料の中で一番含有量が多い、ということです。

トルティーヤチップスの原材料

コストコの「有機トルティーヤチップス」の原材料は、
有機ホワイトコーン、有機イエローコーン、有機植物油、食塩、水酸化Ca
だけ。
※ 有機コーンは、遺伝子組換えではない

小麦アレルギーでも、食べられる本物の「トルティーヤチップス」です。

本来の「トルティーヤチップス」を味わうなら、絶対「小麦粉」じゃなくて「コーンだけ」の商品がお勧めですよ。

トルティーヤチップスを小分けしたところ

コストコの「有機トルティーヤチップス」は、1袋1kgを超える巨大袋です。内容量は、1.13kgあります。価格は、778円です。

私は、100円ショップで買ったジッパー付き保存袋(Mサイズ)を使って、この約1キロのトルティーヤチップ達を小分けにします。

乾燥材(シリカゲル)を一緒に入れておくと、食べる順番が来るまで湿気らずに保存できます。

これが10袋くらい作れるから、有機素材のトルティーヤチップスが「1袋80円」と考えると、コスパ最高です。

トルティーヤチップス1枚

トルティーヤチップスは、期待を裏切らない三角形です。程よいカーブが付いていて、サルサソースをすくうのにちょうど良い感じです。

トルティーヤチップスとサルサソース(盛りつけ例)

私がシェア畑で作って収穫したピーマン・トマト・バジルと、実家からもらったタマネギを刻んで、ソース(サルサソースもどき)を作りました。

大人はこの手作りソースをすくいながら食べ、5歳児は何も付けずにそのまま食べるのがお気に入りのスタイルです。

食べ過ぎると塩分過剰だから、最初に食べる量を決めて、お皿に出すのがコツです。

トルティーヤチップスの残量
底をつくのは結構早い

夏は、夏野菜ソースの効果もあり、トルティーヤチップスの消費が早いです。

これは、ジッパー付き保存袋への詰め替えも終わり、ちょうど大袋を捨てるタイミングです。

せっかくだから、どれくらい大きいのか、計ってみましょう!

ご、50cm!!

コストコの「有機トルティーヤチップス」は、高さ50cmもある巨大袋に入っていました。


ブログランキングにも参加しています。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

最旬グッズだけでなく定番品も含めて、アレルギーっ子と一緒に食べられるコストコ商品を探し続けています★

拝啓カルビーじゃがビー様。食物アレルギーっ子のポテトスナックについて

2018/05/18

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

管理人の幸ゆきこです。 関東在住、1児の母。 病気や出産を機に、働き方改革。20年以上いたIT業界を卒業、独立してライター業などこなしつつ、発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)育児・アレルギー児育児に向き合っています。 誰かの何かの役に立つように…そんな想いで、自分のブログサイトでは悩みや経験を発信しています。