乳アレルギー対応・乳製品の代替えに「ソイビオ豆乳ヨーグルト( プレーン無糖)」が仲間入り!

soybio-yogurt

3か月ほど前のことです。

食品スーパーでいつものように、ヨーグルト売り場に行き、「豆乳グルト」を2~3個カゴに入れようとすると・・・ない!!

「豆乳グルト」がない!!

そこには、別のメーカーの別の「豆乳でできたヨーグルト」が陳列されていました。色々な想いがめぐり、衝撃でした。

「ソイビオ豆乳ヨーグルト」が登場

新たに「ソイビオ豆乳ヨーグルト」が仲間入り

生協の宅配で2個届き、食品スーパーに行く度に1~2個買う、というのが「豆乳グルト」と食生活を共にするための入手スタイルでした。

それは、あの「豆乳グルト・ピラミッド」を見て頂けた方には、伝わっているかと思います。

『豆乳グルト』は乳成分不使用!乳アレルギーっ子のヨーグルト代替品

2019/02/13

「豆乳グルト」がいつもの場所に並んでいなかった衝撃は、大きかったです。

陳列棚には空っぽの列はなかったため、時々遭遇する「売り切れ」ではないことは即時に理解。取り扱いが終了したのかと、不安でドキドキしました。

次に、よ~く見ると、「豆乳ヨーグルト」の文字が書かれたヨーグルトが目に入りました。

新しい「豆乳のヨーグルト」だ!!

嬉しい反面、まだ半信半疑でしたよ。乳成分が混ざってないでしょうね?と。

手に取って原材料を見ると、乳成分を含んでいないことが分かりました。

新しい「豆乳のヨーグルト」だ!!

乳アレルギーでも食べられる!と分かったこの時は、もう複雑。

この食品スーパーで、いつもの「豆乳グルト」の取り扱いが、終了してしまったことが寂しい反面、”乳成分を含まないヨーグルト”を作って扱ってくれるメーカーが増えたことを、しみじみと感じて嬉しい気持ちもありました。

乳アレルギーっ子と毎日一緒に食べている「豆乳のヨーグルト」に、ソイビオ豆乳ヨーグルト(プレーン無糖)400gが仲間入りです。

「ソイビオ豆乳ヨーグルト」の原材料

ソイビオ豆乳ヨーグルトの原材料欄

ソイビオ豆乳ヨーグルトの原材料は、豆乳と食物繊維だけです。

アレルギー特定原材料等27品目のうち、「大豆」を含みます。

乳成分を含んでいないので、乳アレルギーでも食べることができます。

4種の乳酸菌、食物繊維がプラスされたママにも嬉しいバージョン

ソイビオ豆乳ヨーグルトのパッケージ正面

愛食中のマルサン「豆乳グルト」は、(たぶん)1種の植物性乳酸菌。原材料は「大豆」だけでした。

これに比べて、「ソイビオ豆乳ヨーグルト」は、4種の乳酸菌が使用され、食物繊維が添加されています。

「豆乳グルト」は素材重視、「豆乳ヨーグルト」は女性のキレイを応援する、という商品コンセプトが、原材料に直接現れている気がします。

コレステロール0(ゼロ)というのは、どちらも共通。

乳アレルギーっ子だけでなく、家族も一緒に食べやすい、ママにも嬉しい「豆乳のヨーグルト」ですね。

カロリー、糖質どちらが低い?「豆乳グルト」と比較してみた

食物繊維の含有にこだわるなら、「ソイビオ豆乳ヨーグルト」に軍配が上がるけど、カロリーにこだわる場合は、どちらでしょう?

マルサン「豆乳グルト」は、46kcal。
マルサン「豆乳グルト(国産大豆)」は、48kcal。
ソイビオ「豆乳ヨーグルト」は、49kcal。
※いずれも100g当り

なんと、「ソイビオ豆乳ヨーグルト」のカロリーは、「マルサン豆乳グルト」より高いという結果でした。

また、炭水化物も糖質も 「ソイビオ豆乳ヨーグルト」 の方が高いですね!

食物繊維の4.3gを差し引けば、糖質の吸収を考える上ではどっちもどっちか?

私は両者同等と見なして、どちらも大量に食べています。

パッケージ全てプラスチック!全てプラゴミ・リサイクル

豆乳ヨーグルトの上蓋

「ソイビオ豆乳ヨーグルト」のパッケージは、全部プラスチック。本体ケース・蓋・内蓋、全てプラスチック製です。

豆乳ヨーグルトの内蓋

内蓋は、フィルムを剥がすようなタイプです。

これが高い確率で、途中で破けます。薄くて切れやすいプラスチック製です。

出たゴミは、全て「プラスチック・ゴミ」でリサイクル行きです。

なめらか?「ソイビオ豆乳ヨーグルト」の食感は?

「豆乳グルト」より固形感あります。

「ソイビオ豆乳ヨーグルト」のパッケージには、正面にも上蓋にも『なめらかなおいしさ』と表現されています。

私はこの表現をされると、「マルサン豆乳グルト」より、ねっとり柔らかな感じを想像してしまったのですが、食感としては「マルサン豆乳グルト」の方が『なめらか』な気がします。

スプーンですくった時点で分かりますが、「ソイビオ豆乳ヨーグルト」の方が、固形感があります。

これを舌でのばした時に、つぶつぶ感がないことを「なめらか」と言っているのかな?そうか、そういう意味では、なめらかです!

”プレーン無糖”だから自分でアレンジ!

それから私と息子の毎日の食べ方ですが、

  • 豆乳のヨーグルト
  • ブルーベリージャム(液体に近いプレザーブスタイル)
  • 牛乳0.4g(アレルギー経口免疫療法用)

これらを混ぜ合わせて食べています。

(混ぜた時の)豆乳のヨーグルトの味に、メーカーの違いは分かりません。どちらも美味しく食べています。

「ソイビオ豆乳ヨーグルト」は、小さい1食分タイプ・加糖タイプも販売されています。

400gの大きなパッケージは「プレーン無糖」だから、お好みのヨーグルトソースを混ぜて食べたり、水分を切ってクリームチーズのように使えますよ!

少し前まで「豆乳グルト」の販売に大感謝していました。今では、他のメーカーも参入し、選択肢ができたことに大感謝しています。


ブログランキングにも参加しています。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください