『豆乳グルト』は乳成分不使用!乳アレルギーでも食べられるヨーグルトの代替品

マルサンアイ「豆乳グルト」は、乳成分不使用のヨーグルトふう発酵食品。乳アレルギーの息子にとって、欠かせない食品です。

乳アレルギーっ子の強い味方「豆乳グルト」をご紹介します。

マルサンアイの「豆乳グルト」とは?

まずは、この「豆乳グルト de ピラミッド」をご覧ください。スゴイでしょう?

我が家の豆乳グルトを冷蔵庫から出したものです。日持ちしない冷蔵品にも関わらず、この時点で5個のストックがあります。

豆乳グルトは、豆乳を植物性乳酸菌(TUA4408L)で発酵させたもの。大豆ひとすじ、マルサンアイ株式会社の製品です。

植物性乳酸菌『TUA4408L』とは?
乳酸菌の研究に携わる東京農業大学の岡田早苗教授が、長野県木曽地方の伝統発酵漬物「すんき漬け」から発見した植物性乳酸菌。
(出典:マルサントップページ抜粋、要約)

マルサンアイ株式会社(マルサントップページ)
http://www.marusanai.co.jp/
└ 「豆乳グルト」を知る

なぜ我が家では、こんなに冷蔵庫に保管されているのか?

豆乳グルトについて、詳細を見ていきましょう。

【価格】ヨーグルトより高いけど品質相応

食品スーパーのヨーグルト売り場に並んでいる、プレーンヨーグルト400gと比較すると、価格は少し高めです。

豆乳グルトの価格は、1個240円前後。

私が見た中で一番安い時で198円、近所の食品スーパーや生協の宅配では218円~228円、ネット通販だと240円を超えるか、と言ったところです。

プレーンヨーグルト400gが100円台で販売されていることを考えると、その価格は高い印象です。

でも、プレーンヨーグルトでも「生乳100%」を謳う商品は200円を超えてきます。それと比べると同等の値段。

豆乳グルトは、豆乳100%だから納得です。

私は、アレルギー対応食品や調味料など、ほとんどの食品を生協の宅配で購入しています。使用請求やお試しキャンペーンもあるから、気になる方は試してみて下さいね☆
アレルギー対応商品が自宅に届いて便利【生協の食材宅配サービス パルシステム】

【コープデリ】不在時も玄関先までお届け! 生協の宅配サービスお申し込み
【おうちコープ】おうちでおためし6品無料キャンペーン

豆乳グルトは、のちに「国産」バージョンが登場。こちらはもう少し高いです。(詳しくは後述)

『豆乳グルト』に国産が登場!何が違う?食べて違いを徹底比較!

2019/04/24

【内容量】プレーンヨーグルトと同じ400g

豆乳グルトの内容量は、一般的なプレーンヨーグルトと同じ、400gです。

砂糖も不使用のプレーン味。ジャムやフルーツなど好みに応じてアレンジできます。

一度に食べる量も、自分の好みで調整できます。

「乳成分」不使用!乳アレルギーでも食べられるヨーグルト

豆乳グルトの魅力は、なんてったって「乳成分」不使用!

乳アレルギーがあっても、ヨーグルトと同じように食べることができるのです。

◎ジャムやはちみつを混ぜて、ヨーグルト代わりに
◎タンドリーチキンの下味に
◎水分を切って、生クリームやクリームチーズの代替え
◎冷凍して、フローズンヨーグルトやアイス作り

豆乳グルト」無しでは、乳アレルギー代替食は作れません。

コレステロール0の魅力!健康志向の方にも

豆乳グルトは、コレステロールもゼロ。

乳アレルギーではなくても、健康志向の方にもお勧めですよ。

ヨーグルト作りで使われる乳酸菌には、動物性と植物性があります。豆乳グルトに使われる乳酸菌は、植物性です。

日本人の食生活は昔から、植物由来の発酵食品が馴染み深く、日本人のお腹には、この植物性乳酸菌との相性も良いそうですよ。
※何かの書物による知識

”豆乳だけ”にご注目!「豆乳グルト」の原材料

豆乳グルトの原材料は…「豆乳」だけです。

乳酸菌は、原材料名として記載されていません。

豆乳の原材料である「大豆」は、カナダ産です。
*遺伝子組み換えではありません。

のちに、国産大豆の豆乳グルトも登場しました。

国産大豆の「豆乳グルト」もあるよ!

(「生協の宅配」のカタログより)
深緑のボディが「国産大豆」の目印

豆乳グルトには、カナダ産ではなく国産大豆の豆乳を使用したバージョンがあります。

その名もそのまま「国産大豆の豆乳使用 豆乳グルト」です。

価格は270円前後で、カナダ産バージョンより少し高め。50円近く高いです。

同じくコレステロール0ですが、イソフラボンの含有量は国産の方が少ないです。

国産大豆の豆乳使用 豆乳グルト」と、カナダ産バージョンとの違いは、別記事でレポートしました。

『豆乳グルト』に国産が登場!何が違う?食べて違いを徹底比較!

2019/04/24

アレルギー特定原材料等27品目中「大豆」だけ

アレルギー特定原材料7品目、および表示推奨品目20品目を合わせた27品目のうち、豆乳グルトに含まれているのは「大豆」のみです。

豆乳グルトのパッケージには、「他の大豆食品でアレルギー症状が出ない方でも、要注意!」との警告メッセージが書かれています。

豆腐や納豆は大丈夫なのに、豆乳を飲むと喉がちょっと痒くなる人は(けっこう)いますので、要注意です。

豆乳を発酵させているから、豆乳そのものよりアレルギー症状は出ないかもしれませんが、アレルギーに油断は禁物。

大豆アレルギー、もしくはその傾向がある方は、十分注意して下さいね。

「豆乳グルト」はモンドセレクション3年連続受賞!

豆乳グルトは、モンドセレクションで優秀品質金賞を3年連続で受賞しています。

2018年モンドセレクションでは、マルサンアイの「ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 成分無調整」が優秀品質金賞を2年連続で受賞していました。

今後も、華麗なる歴史を重ねて欲しいです。

【色】ヨーグルトのように真っ白じゃない

豆乳グルトは、ヨーグルトのように真っ白ではありません。

乳製品のヨーグルトに比べると、少しベージュがかったような色味です。

【味】酸味は少ない!食べるほど慣れてクセを感じなくなる

豆乳グルト初めて食べる時は、豆乳の独特な風味を感じると思います。

毎日毎日食べ続けると、大豆風味も豆乳臭さも感じなくなり、慣れてきます。

私は、豆乳グルトが「普通のヨーグルトの味」のような味覚になりつつあり、時々(普通の乳製品の)ヨーグルトを食べると、すごく酸っぱく感じます。

今では、普通のプレーンヨーグルトの方が、酸っぱさに違和感を感じてしまう感じです。

ジャムを混ぜた時の味は、豆乳グルトの方がしっくりきます。

食べるほど慣れて、クセを感じなくなりました。


息子が毎日食べるワケ…乳アレルギー経口免疫療法で利用

息子は、乳アレルギー。
ジャムやチョコレートを混ぜて、毎日豆乳グルトを食べています。

その背景には、食物アレルギーならではの背景があります。

乳アレルギー経口免疫療法のため、毎日欠かさず牛乳微量(0.4g)を摂取する必要があります。

その時、牛乳だけ口に入れるには、ちょっとした問題が。

口腔内は、お腹に入る前に、乳成分が触れてしまう場所。その口腔内は、体の消化器官よりも過敏なのです。

息子は、過敏な口腔内にちょっと牛乳が触れただけで、「お口かゆい」とすぐ言います。

そのため、上手い具合に口腔内をコーティングしてくれるような食感である、豆乳グルトを利用することになりました。

毎日摂取する牛乳微量(現在0.4g)を、豆乳グルトに混ぜて食べています。
注)アレルギー専門医と相談済み

保育園給食&おやつで「豆乳グルト」はヨーグルトの代替品

実は、息子の保育園でも、この「豆乳グルト」が使われています。

保育園に入園した当初、息子はただ一人の乳アレルギー児。ヨーグルトの代替対応は「ゼリー」でした。

近所の食品スーパーでも「豆乳グルト」が陳列されるようになった頃、保育園でも「豆乳グルト」の使用が始まりました。

保育園の給食やおやつで、ヨーグルトが使われる時、乳アレルギー児の代替品は、「ゼリー」ではなく「豆乳グルト」になりました。

自宅でも保育園でも、豆乳グルトはヨーグルトの代わり。

余計な添加物が入っていない豆乳グルトは、とても重要な役割を担う食品となりました。



ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


冷蔵庫に 5個も常備されている理由が、伝わりましたでしょうか?

豆乳グルトは、食物アレルギーがある食生活の強い味方。いつも救われています。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください