無印良品の「小麦・卵・乳不使用のお菓子」を実食レビュー!原材料とアレルギー情報の確認方法

2020年、「無印良品」が、小麦・卵・乳不使用のお菓子を発売しました!

小麦・卵・乳アレルギーがある人には、是非お勧めしたいこの商品。

小麦・乳・ゴマ・ナッツ類のアレルギーがある息子(と私)が、早速実食しました。

ラインナップは2パターン×3つの味で全6種類

無印良品の「小麦・卵・乳不使用のお菓子」は、今のところ全6種類。

「サブレ」と「スティックサブレ」の2パターンがあり、それぞれ3つの味がラインナップされています。

「サブレ」の味は、プレーン・ほうじ茶・ココアの3種。価格は各290円(税込み)。

「スティックサブレ」の味は、プレーン・にんじん・ほうれん草の3種。各250(税込み)です。

「小麦・卵・乳不使用のお菓子」サブレの原材料とアレルギー情報

パッケージの裏面に、原材料とアレルギー情報が掲載されています。

「低アレルゲン」であることは、原材料欄を読むだけで分かります。

アレルギー情報は、「本品に含まれるアレルゲン」として、文字囲み・日本語表記・英語表記で明記されています。

とても分かりやすいです。

原材料は全体的にシンプルで、素材の味を大切にしていることが伝わります。

小麦・卵・乳を使わず、「米粉」「コーンスターチ」「大豆粉」「米ぬか」をベースに作られています。

「米粉」と「米ぬか」は国産です。

「スティックサブレ」の原材料・アレルギー情報

「プレーン スティックサブレ」
米粉(国産)、コーンスターチ、食用菜種油、大豆粉、砂糖、米ぬか、食塩(一部に大豆を含む)

※含まれるアレルゲン:大豆

「にんじん スティックサブレ」
米粉(国産)、コーンスターチ、食用菜種油、大豆粉、砂糖、米ぬか、食塩、にんじんパウダー、トマトパウダー(一部に大豆を含む)

※含まれるアレルゲン:大豆

「ほうれん草 スティックサブレ」
米粉(国産)、コーンスターチ、大豆粉、食用菜種油、砂糖、米ぬか、食塩、ほうれん草パウダー(一部に大豆を含む)

※含まれるアレルゲン:大豆

スティックタイプのサブレは3種類とも、アレルギー特定原材料等28品目のうち「大豆」を含みます。

「サブレ」の原材料・アレルギー情報

「プレーン サブレ」
コーンスターチ(国内製造)、米粉、食用菜種油、大豆粉、砂糖、アーモンドパウダー、食塩(一部にアーモンド・大豆を含む)

※含まれるアレルゲン:アーモンド、大豆

「ほうじ茶 サブレ」
コーンスターチ(国内製造)、米粉、食用菜種油、砂糖、大豆粉、アーモンドパウダー、ほうじ茶パウダー、食塩(一部にアーモンド・大豆を含む)

※含まれるアレルゲン:アーモンド、大豆

「ココア サブレ」
コーンスターチ(国内製造)、米粉、食用菜種油、砂糖、大豆粉、アーモンドパウダー、ココアパウダー、食塩、キャロブパウダー(一部にアーモンド・大豆を含む)

※含まれるアレルゲン:アーモンド、大豆

クッキータイプのサブレは3種類とも、アレルギー特定原材料等28品目のうち「大豆」「アーモンド」を含みます。

カリっと素朴な食感!「スティックサブレ」の特徴

スティックサブレは、「スティック状の固焼きビスケット」という感じです。

1袋の内容量は、30g。

私が開封したパッケージ1袋には、スティックサブレ「9本」が入っていました。

食感は「固い」

米粉クッキーは、バターと卵を混ぜればサクサクに焼きあがる小麦粉クッキーと違って、食感の課題があります。

私が米粉クッキーの試作を繰り返した後に、実感したのが「粉類が”米粉だけ”では固い」ということ。米粉は水分が飛べば飛ぶほど、カリカリになります。

一方、アーモンドパウダーを混ぜるだけでも、焼き上がりがしなやかに。

この後にご紹介する(クッキータイプの)「サブレ」がサクサクなのは、アーモンドパウダーと大豆粉が配合されているからだと思います。

アーモンドパウダーを使用していない「スティックサブレ」は、けっこう固めです。

クッキーだと思って食べちゃダメ。噛んで味わうビスケットです。

素朴な味わい、素材が生きた味

素朴な味わいに慣れている息子は、「美味しい」と言って何本も食べていました。

「調味料(アミノ酸等)」で味付けされた、濃い味のお菓子に慣れてしまうと、このスティックサブレはかなり薄味に感じると思います。

スティックサブレは、噛めば噛むほど素材の味を感じる、素朴な味わいです。

にんじんスティックサブレは、「にんじん」よりも「トマト」の風味を感じました。

甘みはかなり控えめ。原材料の羅列(配合量の多い順)で、「砂糖」の出番がトップ3に来ないクッキー類は珍しいです。

ほうれん草スティックサブレ、にんじんスティックサブレは、その素朴さを味わうのがお勧め。

プレーンスティックサブレは、濃いめに淹れたコーヒーと一緒に、クリームチーズをディップしながら味わうと最高でした。

お子様は、チョコホイップや生クリームを付けて食べるのはいかがでしょう。
※ポッキーやプリッツより全然固いので、固さに慣れて&気を付けて。

乳アレルギーの息子は、そのままボリボリ食べるのがお気に入りです。

持ちやすい大きさ

スティックサブレは、長細い形です。

メジャーで測ってみると…
縦(長辺)約5cm、横(短辺)約1.5cm、厚さ約0.5cm
でした。

つまんで「ディップする」のに調度良い大きさです。

小麦粉クッキー(ビスケット)に近い食感!「サブレ」の特徴

サブレは、「クッキー」のような感じです。

1袋の内容量は、40g。

私が開封したパッケージ1袋には、サブレ「10枚」が入っていました。

食感は小麦粉ビスケットに近い

スティックサブレと違い、こちらのサブレは「サクッ」とした食感です。

小麦粉クッキーに近い感覚はありますが、あのホロホロと崩れ落ちる感じは弱い。「クッキー」というより「ビスケット」に近いと思います。

かじった時はクッキー、噛むごとにビスケット、という感じです。

甘さはかなり控えめ

スティックサブレと同様に、甘さはかなり控えめです。

私としては、スティックサブレの「甘さ控えめ具合」は見た目から想像通りだったので、こちらのサブレの方が予想以上に「甘くない」印象でした。

市販の小麦粉クッキーの原材料表示では、小麦粉の次に「砂糖」が来るパターンが多いので、その甘さと比較すると断然「甘くない」です。

甘くない分、プレーンサブレはお米の風味、ほうじ茶サブレは茶葉の風味、ココアサブレはココアの風味を楽しむことができます。

大きさはクッキーサイズ

サブレの大きさを計測

サブレの大きさは、丁度良いです。

縦(長辺)約3.5cm、横(短辺)約2.5cmほどの大きさです。

サブレの厚みを計測

程良く厚みがあって、美味しそう。サブレの厚みは、約0.5cmでした。

チョイ食べ・持ち歩き・保存も便利なパッケージ仕様

無印良品の「小麦・卵・乳不使用のお菓子」シリーズは、パッケージ仕様も優れています。

まず、開けやすい。ハサミを使わなくても、まっすぐキレイに開封することができます。

パッケージ裏面にある「ツマミ」を右に引くだけです。

それから、保存ジッパー付き。

グミやラムネなどのお菓子は、一度に食べ切らないことが前提で、保存ジッパーが付いたパッケージも多いですが、クッキー類で保存ジッパー付きは珍しいです。

そして、マチ付きのアルミパウチで、自立できる。

しっかりしたアルミパウチ素材で、子供がガツっと掴んでも中身のお菓子が割れません。

パッケージの底にマチがあって、自立します。

一度に食べ切らない時に、保存ジッパーを閉めて密閉し、テーブル上やストック棚に立てておけるので便利です。

※中に、品質保持剤(脱酸素剤)が入っています。

どこに表示?無印良品公式サイトの「原材料・アレルギー情報」確認方法

無印良品の「小麦・卵・乳不使用のお菓子」シリーズは、店舗の食品売り場はもちろん、無印良品の公式サイトで購入(ネット通販)できます。

ネット通販の場合、商品を直接手に取って「原材料」「アレルギー情報」を確認できないため、必ず画面表示された情報を確認しましょう。

ただ、無印良品の商品ページは、「原材料」と「アレルギー情報」がどこに書かれているのか分かりずらいです。

◆「無印良品」公式ページ
  「菓子・製菓材料」- 「菓子」-「小麦・卵・乳不使用のお菓子」

商品ページには直接表示されていないため、もう1ステップ、ページを進む必要があります。

各商品ページで、

配送料無料 ネットストア限定、対象商品5,000円以上で配送料無料

と書かれた下にある、

『商品表示情報(原材料・アレルギー・製造所固有記号等)』

の部分をクリックします。

すると、商品パッケージ裏面の画像が、pdf形式で表示されます。

ここに、原材料とアレルギー情報が書かれているため、購入前に情報を確認することができます。

無印良品「小麦・卵・乳不使用のお菓子」サブレ まとめ

無印良品はアレルギー対応(低アレルゲン)お菓子がいっぱい!植物油脂の正体が判明

2019/05/07

無印良品のお菓子類は、もともと食物アレルギーがあっても食べられる商品がたくさんあります。

更にここに、「小麦・卵・乳不使用のお菓子」というカテゴリー商品が追加されたことは、とても嬉しいです。

このシリーズが発売されて以来、私は商品の虜となり、何度も店頭に足を運び、何度もネット通販で購入しています。

そこで1つ言えるのが、高い確率で「ココアサブレ」が売り切れ!

全6種類のうち、子供受けが良いのは断トツで「ココアサブレ」だと思うので、納得の結果です。

そして陳列状態やオンラインショップの在庫情報から、「スティックサブレ」より「サブレ」の方が売れている傾向が分かります。

そんな需要を踏まて供給量を調整しつつ、品切れ状態が解消されれば良いな~と強く思います。

この、アレルギーっ子にとって貴重な商品が、欲しい時に欲しいだけ購入できますように!


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


Amazon 無印良品 取り扱いスタート

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

管理人の幸ゆきこです。 関東在住、1児の母。 病気や出産を機に、働き方改革。20年以上いたIT業界を卒業、独立してライター業などこなしつつ、発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)育児・アレルギー児育児に向き合っています。 誰かの何かの役に立つように…そんな想いで、自分のブログサイトでは悩みや経験を発信しています。