息子は”不器用”じゃない!「感覚統合の発達」遅れかも…シールもブロックもできるのに保育園で指摘された実例

息子が小さい頃、家ではシールやブロック類の玩具を使って、よく一緒に遊んでいました。

それなのに、保育園の先生から「シールとか、家であまりやらないんですか?」と聞かれたのです。

親は敏感だから分かりますよね。

園の先生から「〇〇を家ではやっていないか?」と聞かれたら、「保育園で〇〇ができていない」という意味です。

この「できない」には、とても多くのことが含まれていました。

未経験、不器用、説明不足…。

そして、それだけでは片付けられない、「感覚統合の発達」が影響しているのかもしれない…と気が付きました。

感覚統合に影響?「動作面」の発達に注目

「感覚統合」については、私も勉強中です。

簡単に言うと、字のごとく「感覚を統合する機能」です。

複数の感覚を集めて、脳で整理して統合する機能。これがうまく機能しないと、うまく話せなかったり、うまく動けなかったり、うまく手足を動かせなかったりと弊害が出ます。

多くの関連書物も出版されているので、詳しく知りたい方は専門の方が監修した書籍やサイトを参考にして下さい。

私がここで注目するのは、感覚統合の「動作面」です。

息子の行動を思い出すだけでも、

ボールが投げられない、スキップができない…という「運動面」から、力はあるのに草を引っこ抜けない、握力はあるのにお菓子のパッケージが開けられない等の「何気ない動作」まで、思い当たることが沢山ありました。

実際に何を指摘されて、何に気が付いたのか?

いくつかの「息子の事例」をご紹介します。

【シール遊び】台紙から剥がす、”決まった枠”に貼る、ができる?(1歳頃)

保育園1歳児クラスの時、先生に言われて一番ビックリしたのは、シール貼り(シール遊び)です。

息子は家でもシールを使って遊んでいたし、息子がシールを貼る場面を何度も見ているから意外でした。

後になって分かったのは、シールを台紙から剥がす」作業ができない、「好きな場所に貼る」作業はできる、「決められた場所に貼る」作業ができない、ということでした。

息子は与えられたシールを、”気が向くまま適当な場所”に貼ることはできますが、”人が決めたお手本の枠”に貼ることが出来なかったのです。

確かに家では、私が台紙から剥がしてシールを差し出していたし、「好きな所に貼っていいよ」と言って貼らせていました。

困りごと
・シールを台紙から剥がせない。
・シールを決まった場所(枠)に貼れない。

感覚統合の発達には、成長段階があります。

この段階的な成長が順番通りにいかなかったり、全体的に未発達だったりすると、シールが上手に貼れないかもしれません。

シールを貼る場所(枠)は「視覚」で捉えて頭では分かっているのに、その位置に手を持って行く、指でつまんでいるシールを少しだけ枠に触れさせる、シールを少しずつ離していく…

シールを貼る動作は、とても沢山の工程があって、たくさんの感覚が統合することで成せる技なのです。

でも感覚統合は成長段階を繰り返しながら発達していくので、年齢が進むにつれて自然にできるようになる場合があります。

息子も4歳頃になると、(実に見事に)シールを貼れるようになりました。

息子の感覚統合<シール遊び編>
・成長につれてできるようになる。
・他の子より遅れても、他の子より上手になる。
・理屈を覚えられる説明や練習は、無駄にはならない。

「シール絵本」には、シールを好きな場所に貼れるタイプと、シールと同じシルエットを探してピッタリ貼るタイプがあります。

両方のタイプを取り入れて、練習するのがお勧めです。

【ブロック遊び】ブロック同士がはまらない?問題は角度と力加減(2歳頃)

先生
ゆきまるくん、ブロックは、あまりやらないんですか?

また来たか!

「シール遊び」と同じように、ブロック遊びでも同じような指摘がありました。

息子は、1歳頃からブロックで遊んでいます。家には、レゴ・デュプロ(みどりのコンテナ)もあるし、追加で別のボックスも買いました。

ブロックで遊んでいるのを見て、「ブロックができない」なんて思ったことはありません。

困りごと
ブロック同士を縦に、「はめ込んで、くっつける」ができない。

先生からのヒアリングや家での観察によって判明したのは、ブロック同士を縦にはめ込んでくっつけるのが苦手、ということでした。

凸凹が噛み合っていないのに力づくではめ込めないし、噛み合っていても程よく力を入れないとくっつかない。

そう言えば、「やって」と言われて、ブロックを差し出された時に、私は無意識で受取り、ブロックをくっつけてあげていました。

保育園では、ブロックがはまらないと、やけくそになって力づくでグイっと押し、ブロックがガチャっとずれて、ギャー(泣)!

これが目立って、先生の目に留まってしまいました。

息子の感覚統合<ブロック編>
・成長につれて、できるようになる。
・「1.角度を合わせて」「2.優しくギュッと押す」…必要な作業を分けて、順番を明確に教えると効果的。

息子には、ブロック同士の凸凹が合ったタイミングで、何となくブロックが水平にハマる感覚を教えました。

次に、力任せではなく、優しい気持ちで「ギュゥ~」っと押し込む感覚について、息子の両手を持ちながら教えました。

感覚が分かってくると、ブロックをはめる作業に必要な工程と順番について、言葉で説明しました。

「1.角度を合わせる」「2.優しくギュッと押す」というように、必要な作業と順番を明確に伝えることで、かなり理解したようです。

【フタの開閉】水筒を開けて飲んで閉める、こぼさずに!(3歳頃)

保育園3歳児クラス以降は、夏季シーズンになると水筒を持参します。

息子は入園当時から、大麦(麦茶)アレルギー対策として、水筒を持参していたため、3歳児クラスに進級して「水筒持参」の便りを見ても、そんなに心配はしていませんでした。

【麦茶アレルギー対応】赤ちゃんの症状~完全除去解除までの記録

2018/11/28

しかし、”事の違い”に気が付いたのは、水筒で飲む練習をしてみた時のこと。

”試しに”練習をさせてみると・・・できない!

「水筒」困りごとランキング
1位:ふたが開けられない
2位:飲む時にダラダラこぼす
3位:飲んでいる途中に重たくてグラグラし始める

今まで麦茶の代わりに持参していたお茶類は、先生が水筒からコップに注いでくれていました。

夏季シーズンに持参する水筒は、園庭で遊ぶ時や移動の度に持ち歩き、喉がかわいたら自分で水筒置き場にいき、自分で水筒を開け、自分で水分補給、自分で閉めて置いてくる…のです。

「蓋を開ける」と「飲む」作業は、切り分けて考え、それぞれを練習する必要がありました。

息子の感覚統合<水筒の扱い編>
・「蓋の開閉」と「飲む」動作は、切り分けて考える。
・「飲む」動作は、タイミングを細かく分けて1つずつ感覚を覚える。

「水筒の開閉」よりも難しいのは、「飲む」動作です。

・水筒を両手で持つ
・水筒を少しずつ傾ける
・口に水が到着したら、傾けストップ
・少しずつ口の中に水を入れる

こんな感じで、細かく細かく、1つ1つの動作を分けて、説明しながら練習しました。

「少しずつ傾ける」というのが感覚としても難しいので、「ゆっくりゆっくり」「坂道にして」「お水がすべり台を降りて行く~」等の表現を使いました。

手の動き、口の感触・動き、水筒を支える腕の力、飲むという動作。

「水筒で飲む」という動作は、こんなに沢山の感覚を統合した動作でした。

4歳になると、お友達のマネをして、コップ付きの水筒がいいと言い出しました。

そうなると、「自分でコップに注ぐ」という練習が必要です。

【おねしょシーツを敷く】大人のマネは難しい(4歳頃)

息子は昼間のオムツが外れても、寝る時は暫くオムツでした。

保育園のお昼寝タイムでは、おねしょをしてしまう日が多かったです。

先生から、「防水のおねしょシーツを持ってきて下さい。」と言われました。

保育園に、おねしょ対策の「防水シーツ」を持参する日々も暫くすると、息子が「お昼寝は、シーツがグシャグシャになるからイヤだ」と言うようになりました。

話を聞くと、息子が自分で、その「防水シーツ」を敷いていることが分かりました。

しかも、本来は「敷布団」と「シーツ」の間に、「防水シーツ」を挟むのに、一番上に「防水シーツ」を敷いていました。

「防水シーツ」はたいてい、その上に直接寝ることは想定されていないため、肌触りは悪いです。

防水機能がある裏面は、ツルツルした生地です。

その「防水シーツ」を四隅のゴムバンドも止めずに、一番上にして寝るとどうなるか?

寝返りや足を動かす度に、くるくる丸まってグチャグチャです。

私は、先生が防水シーツをセッティングしてくれると思い込んでいたので、息子にシーツを敷く練習をさせていませんでした。

月曜日に一度、先生が「防水シーツ」を挟み込んだ状態で布団を敷いてくれて、火曜日~金曜日は息子がそれを広げるだけ…と思い込んでいました。

真相が判明してからは、「防水シーツ」を敷く練習をしました。四隅に付いているゴムバンドを、布団の四隅に引っかける練習もしました。

息子の感覚統合<シーツを敷く編>
・布が広がるイメージと、シーツの端を持ってフワっと空気に乗せる動きが、チグハグ。
・この方法だと、シーツが平らになるまでバサバサやり続ける。
・布団の上にシーツを置いてから、四隅を1つずつ布団のコーナーに向かって引っ張る方法がやりやすい。

大人がシーツや毛布を伸ばす時にやるような、端を持ってバサっと仰ぐ動きは、バサっとやる一瞬に強い力を入れるので、タイミングも力の入れ具合も難しいです。

・表を上にしてシーツを置く。
・短い方を頭(足)方面に、長い方を横に持ってくる。
・1つ目の角のゴムバンドをコーナーに引っかける。
・2つ目の 〃
・3つ目の 〃
・4つ目の 〃

「動作を細かく分けて、1つずつ順番に説明する。」が鉄則です。

※息子は家では、「防水シーツ」ではなく「防水スカート」(ズボン型もある)を使っています。

6歳(年長クラス)にもなると、自分の布団(ベビー布団サイズ)にシーツをスピーディに敷けるようになります。

大人がやるように、バサっとシーツを宙に浮かせて、布団にウワリとかけた後、端を入れ込んでいく…という動作ができるようになりました。

「感覚統合の発達」を知ることのメリットは?

子供に対しては、ついつい…
こんな簡単なことが出来ない、教えても出来ない、苦手が多い…等、”出来ないこと”に着目しがちです。

でも、「感覚統合の発達」に関わっている場合も多いです。

実際には「感覚統合の発達」と関係がなかったとしても、「感覚統合」を知ると見えてくることもあるし、状況が好転することがあります。

出来ないことばかりに目を向けず、「些細な動作」でも、実は複数の感覚が必要な「複雑な動き」であることに気が付くと、見方も教え方も激変するからです。

私は息子への「言い方」を工夫するようになってから、息子も分かってくれるし、自分のイライラも減りました。


発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください