お風呂を嫌がる!行動の切り替えができない子を浴室に連れて行く方法

5歳になった時に、自閉症スペクトラム障害の診断書をもらった息子は、小さい頃からお風呂に入るのが大変でした。

感覚過敏だから、濡れるのを嫌がって泣き叫ぶ?

いえいえ、異常に大変なのは「お風呂に入ってから」ではなく「連れて行くまで」。息子は、入浴自体が嫌なのではなく、お風呂に行くのが嫌なのです。

「行動の切り替えが苦手」な子だと分かったけど…

1歳頃までは、お風呂に連れて行くことに問題ありませんでした。抱っこして、お風呂に連れて行き、バスチェアに座らせてしまえば良いのですから。

簡単な玩具が付いているバスチェアに座れば、気持ちが切り替わって遊び出し、温かいシャワーがかかれば気分も落ち着きます。

※赤ちゃんのお風呂話は、別記事(ベビー育児カテゴリー)でご紹介予定☆

問題は、2歳以降。
息子は、今やっている事を途中で切り上げて、次の行動に切り替えるのが大大大の苦手。リビングで遊んでいる息子をお風呂に連れて行くことは、至難の業なのです。

抱き上げて、抱えてお風呂に連れて行ったところで、大暴れして危ないし、泣き叫んで癇癪を起されたら、その後の苦労は倍以上。2歳になると、抱っこで連れて行くのではなく、自分から進んでお風呂に向かってくれる工夫が必要でした。

【2~3歳】”お風呂玩具で釣る”にひと手間!事前に映像で見せる

「お風呂で遊ぶ玩具」をエサに釣る-。どのご家庭でも必ずやる玩具戦法は、お風呂を嫌がる子供に対して、最初にやる方法ですよね!

しかし、お風呂の玩具より、目の前の遊びの方が楽しかったら?これから遊ぼうとするお風呂の玩具に、今日は興味を示さなかったら?

発達凸凹で息子のようなタイプの子は、「お風呂で遊ぼう」と言葉で言っても、すぐにその楽しさがイメージできません。”今を続けたい”という気持ちを切り替えることができないのです。

そこで利用したのが、他の2つの息子の特徴です。

・他のことに集中していても、突然付けたテレビやパソコンには反応する
・目で見たもの、映像化されたものは頭に入りやすく、興味を持てばすぐに再現したがる(=視覚優位、再現遊び好き)

今からお風呂で遊ぶ玩具の画像や映像をわざと見せて、わざと楽しそうに共感したフリをしました。例えば・・・

実際に使ったお風呂玩具より;

【おふろDEミニカー きかんしゃトーマス&パーシー】
「カラカラカラカラカラ~、
 チャッポーン!
 お風呂でキレイになったよー!
 ぼく、トーマーッス!チャラチャチャッチャチャ…♪(トーマスのテーマ)」

【ディズニー 光るパンチングボール】
「ボーンボーンボーンボーン、ピッカピッカ!
 ボーンボーンボーンボーン、ピカピカピカピカ~
 お風呂でやるとキレイだね~」

※私が実際に使ったのは、トゲトゲが付いていないツルツルのフォルムです。楽天市場で購入しました。

【おまけ入りバスボム(炭酸入浴料) 】

中からおまけが出てくるタイプは、子供も興味津々でした。中から玩具が出てくる映像を見ると、自分もやりたくてたまらない。「早くおふろ、はいろー」と言い出し、こちらの思惑通り。

息子は3歳前後でプラレールにハマっていたので、中からミニプラレールが出てくる入浴剤は、大活躍しました。

【アンパンマン お風呂で玉入れ 】
振り返れば最後に買った、大きい系のお風呂玩具。

アンパンマン型シューターのお腹のスイッチを押すと、中の部品が弾いて、ボールが飛び出す仕組みです。このスイッチを押す時の音が、けっこう大きいです。

感覚過敏(聴覚過敏)の特徴がある息子は、この音が少し怖くて嫌がりました。なので、アンパンマン型シューターは使わず、ひたすら手でボールを投げて遊びました。

これが結果的に、「ボールを投げる」という些細なことも苦手だった息子にとって、ボール投げの練習もできて一石二鳥でした!

「アンパンマンの玉入れ」以後は、水鉄砲・スーパーボール・シャボン玉など、比較的安価で、お風呂専用の玩具じゃない物が活躍しました。

こうして、お風呂玩具が活躍したわけですが、使う玩具と同じ玩具の映像を見せてから「お風呂でやってみよう!」と誘いました。映像を見た後は、早く同じことをやってみたい気になっているから、お風呂に連れて行くのが何倍もスムーズになりました。

言葉だけでガミガミ言うと絶対伝わらない。というより状況が悪化して悪循環。行動の切り替えが苦手な子には、次にやることをイメージさせると成功率がアップします。視覚に訴えるのが大事です。

因みに、私が、息子に映像を見せるために利用したのは、玩具の動画なら何でもある!?Youtubeです。

【4歳】その時の”情緒”や”こだわりルール”を利用する

4歳になった発達凸凹くんは、今やっていることを”おしまい”にできるほど、お風呂の玩具に魅かれてはくれません。

玩具で釣れなくなった4歳からが、本当の勝負でした。本気で「浴室に連れていく方法」を悩んでいました。

その時に確立した方法が2つあります。息子のその時の「情緒」や「こだわりのルール」を利用したやり方です。

【4歳前半】情緒に訴える!脱衣所で泣きマネ、お風呂に入りたいアピール

母子分離不安な息子は、異常なくらいお母さんが大好き。4歳の頃から、私がやる「泣き真似」に異常に反応するようになりました。

泣き真似の効き目はスゴ過ぎて、今では冗談で「泣き真似」できません。成長するに従って情緒豊かになり、息子にとって”お母さんが泣くことは本当に嫌”なんだと実感できる頃まで、この戦法は続きました。半年弱かな?

いざお風呂に入る時間。脱衣所で「泣き真似」をします。

「えーん、えーん(泣)!ゆきまるが来ないよー!!来てくれないからお風呂に入れないよー!!」

私の大きな声が、リビングで図鑑を読んでいる息子に届きました。

「あっ、あっ、どうしたの? いま行くよっ。いま図鑑しまってたの。」

息子はあたふたしながら、脱衣所にやって来ました。

お母さんが泣く、ということが本当にイヤなようです。情緒を利用した、情緒に訴えた戦法で、お風呂に連れてくることができました。

普通に呼んでも声をかけても来てくれるわけがありませんが、一応「お風呂だよ~」と事前に声掛けはしておきます。お風呂に入る時間であることは、事前に認識させておくことがコツです。
※実際のお風呂の時間より、だいぶ早めに声をかけておく

しかし「泣き真似して呼ぶ」戦法が有効なのは、”声を聞き付けあたふたしながら来てくれる”時まで。注意したいのは、情緒の加減を見極めなければならないことです。情緒不安定に繋がっては、元も子もない。実はそれが理由で、次の戦法へと移り変わっていきました。

【4歳後半】浴室に向かうタイミングを具体的にルール化!”こだわりルール”は本人が守り抜く

ある日、いつものように”泣き真似”でお風呂に呼ぶと、息子は半ばパニックになりました。

「やーだ!やーだ!やーだ!泣かないで!泣かないで!」

私の口元を自分の両手で押さえながら、地団駄。この時すぐに「泣き真似戦法」は、もう今の息子には向かないことを察しました。


息子なりに精神的にも成長しました。息子にとって、お母さんが泣く事は本当に嫌なこと。「お母さんが泣くから、お風呂に入る」というのは、そもそも論点ズレずれ、理由付けが滅茶苦茶だ。

お風呂に入るために、もう下手な芝居は必要ない。「お風呂に入る時間なんだから、お風呂に入る」ということを理解させなくてはいけない。そういう年頃になっていました。

ステップ1.事前に丁寧に何度も説明

そこで、

・「お風呂だよ」って言ったら、お風呂だよ
・「お風呂だよ」って言って来なかったら、お母さんは先に入っちゃうよ
・「お風呂だよ」って言ったら、図鑑にいったん「待っててね」だよ

ということを何度も何度も説明しました。

息子は納得していました。でも、頭では分かっているけど「行動の切り替えができない」のが発達凸凹くんの分かりやすいところ。

「もうすぐお風呂だよ」と事前に声掛けし、本当にお風呂というタイミングで「お風呂に入ろう」と言っても来るわけがない。手を握って「一緒に行こう」と言いながら引っ張ると、来る確率10%。

ステップ2.浴室に向かうタイミングを具体的にルール化

残りの90%を成功させるために、実践したのがルール化です。いつまでにお風呂場に行かなきゃいけないのか、という浴室に向かうための具体的なルールを作りました。

お母さんが、髪の毛を洗っている間に、裸になるべし。

お母さんが、髪の毛を洗い終わるまでに、お風呂場に入るべし。

私は、一番先に「髪を洗う」派です。私の洗髪が終わるまでにお風呂場に来ること、というルールです。

お風呂に行かなくちゃ行かなくちゃ…と思っている息子が、いつまでにお風呂場に行けばいいのか分かる、具体的な表現にしました。

「お風呂だよ」と言われたのに行かなかったら、お母さんは先に入ってしまう-。これが分かっているので、お風呂場のドアが閉まる音、シャワーが出る音が聞こえると、息子は浴室まで真っ先に様子を見に来ます。

この時すでに、息子にとってカウントダウンである「お母さんの洗髪」が始まっている!

”お母さんが先に入ってしまった!”というシーンが、視覚に飛び込んでくるから、ここで事態を本当に理解します。そしてベソをかく(癇癪の直前)!

ステップ3.ルールに則っているから大丈夫!安心感を与える

大丈夫だよ。まだ洗ってるよ。まだ髪の毛ゴシゴシやってるよ。

浴室まで様子を見に来た息子に、髪の毛を洗っている姿を見せながら、声をかけて安心させます。この時、笑顔であること、これ重要。

・お母さんは、怒っていない
・お母さんは、まだ髪の毛を洗っている
・お母さんとの約束にまだ間に合う

目の前のシーンからそれらを察すると、息子はテキパキ洋服を脱ぎ始めました。

ゆっくりで大丈夫だよ。まだ洗ってるよ。まだ髪の毛、終わらないよ。

急ぎ過ぎて、気持ちが空回り。袖から手が抜けずにジャンプしていたり、Tシャツから首が抜けずに叫んだり、うまく服を脱げない時は、声をかけて安心感を与えます。

すると、裸の息子が、ホっとした表情を見せるもつかの間。ルール通りに間に合ったことが自信に繋がり、ドヤ顔になって私を見ます。

ステップ4.こだわり強い子の「こだわりルール」と化すれば、本人が守り抜く!

それが続くと、いつしか息子の行動にも変化が現れました。

浴室のドアが閉まる音・シャワーの音が聞こえると、真っ先に浴室まで様子を見に来る…ところまでは同じ。でも私が洗髪している姿を見て、ベソをかく子はもういません。

(あ、まだ大丈夫だ!)

という顔をして、リビングに戻っていくんですよ!

そして、遊びの続きを始めます。
たいてい一人で図鑑を読んでいることは、お風呂から出て来て、床に広がった図鑑を見れば分かります。

暫くすると、また様子を見に来ます。
気になり過ぎて、30秒ごとくらいに見に来た時は、こっちが疲れて、

まだ終わらないから大丈夫だよ。あと2ページ読んだら、来てね。
もうすぐ終わっちゃうよ。おいで。

遊びを終わりにするタイミング(=来るタイミング)を教えてあげました。

「お母さんが髪の毛を洗い終わるまでに、お風呂に行く」という約束が、息子自身の「こだわりルール」として定着した時、それはそれは本人が自分で守り抜いてくれます。

こだわりの強い子にとって、一度定着した事は、良くも悪くも執着ともいえる「こだわりルール」になっていきます。うまく生活が回る方に活かせるといいんですけどね。


”行動の切り替えが苦手”な子を浴室に連れて行く方法まとめ

以上、”うちの子を浴室に連れて行く方法”、いかがでしたか?

「行動の切り替え」が苦手な子は、今やっていることを切り上げて浴室に向かうなんて、至難の業。親にとっても、泣きたくなる場面ですよね。

毎日のことだから、お風呂に入るまでに15~30分を費やすのは耐えられない!どうにかスムーズに連れていきたい!本気で悩みました。

・視覚優位な子なら、玩具を見せてから誘う
・お母さん大好きな子なら、泣き真似で誘う
・こだわり強い子なら、こだわりルールを作る
etc…

子供の年齢・特徴・情緒の状態などに合わせて、浴室まで連れて行く方法を考え抜きました。スムーズにいかなくなったら戦法を変えていく、育児本やママ友情報に惑わされない、自分の子だけに合った方法で-、これがポイントかも。

実は、5歳になってから、「お風呂に連れていく方法」に転機を迎えました。やはり、自閉症スペクトラムな特徴のどの部分が強く出るか?によって、影響を受けています。

行動の切り替えが出来ない子を浴室に連れて行く方法-。長くなりましたので、【5歳~】は、続編でご紹介!


自分の経験を誰かのために。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お気軽にコメントをどうぞ