「特別支援学級」の入学式。場所・内容・参加者は?情緒学級に在籍して普通級で過ごす子の就学

PVアクセスランキング にほんブログ村

小学校の入学式。同日に「特別支援学級」の入学式もありました。

息子は特別支援学級(情緒クラス)に在籍します。普段は普通級でみんなと一緒に”普通に”過ごしますが、特別支援学級の新入生でもあります。

特別支援学級の入学式が、どんな様子か想像できますか?

ここでは、私が体験した特別支援学級の入学式について、ご紹介します。

特別支援学級に在籍する子は、入学式どうなるの?

入学前の【入学式の練習】とは?特別支援学級の子と親の不安を解消!特性に合わせた配慮が始まる

2020/07/09

小学校。息子は特別支援学級に在籍することもあり、入学式本番の前に「入学式の練習」というものを体験しました。

【小学校の入学式】何を準備する?当日の流れ・持ち物・注意点・分かったこと

2020/07/13

【小学校の入学式】不安が強い、行動が遅い子供の対策・工夫・失敗したこと…体験ブログ

2021/01/20

不安が強くて初めてのことが苦手なので色々大変でしたが、なんとか入学式当日を迎えることができました。

さて、ここまでは、普通級の皆と一緒に”普通の”入学式を迎えるための準備でした。つまり、みんなに合わせるために奮闘しました。

”普通の”入学式が終わった後、特別支援学級に在籍する新入生だけが集まり、特別支援学級の入学式がありました!

特別支援学級の入学式の「場所」

【小学校の入学式】何を準備する?当日の流れ・持ち物・注意点・分かったこと

2020/07/13

”普通の”入学式は、式典が体育館、先生紹介・点呼・教材配布・説明などは各教室で行われました。

解散した時は、通常級の教室にいる状態です。

”普通の”入学式当日の予定が全て終わると、特別支援学級に在籍する子と保護者は、特別支援学級の教室に移動しました。

そうなんです。特別支援学級の入学式の場所は、特別支援学級の「教室」でした!

特別支援学級の入学式の「参加者」は?

入学前の【入学式の練習】とは?特別支援学級の子と親の不安を解消!特性に合わせた配慮が始まる

2020/07/09

特別支援学級に集まったメンバーは、「入学式の練習」をした時に顔を合わせた親子達でした。

お互いに既に顔見知りなので、互いにリラックスした様子で臨めました。

特別支援学級の入学式のために集まったメンバーは、以下の通り。
・特別支援学級の担任の先生(1人)
・特別支援学級の新入生(数人)
・その保護者(1人×2名の親)

学校によって特別支援学級の在籍人数やクラス分け方法は大きく違うと思いますが、息子の小学校では(この年度は)情緒クラスが複数あって、学年が同じなら同じ情緒クラスでした。

だから、新入生の支援級担任は一人。この時、普段の小学校生活をサポートしてくれる介添員(特別支援員)はいませんでした。

というわけで、特別支援級の入学式の参加者は、上記の通り少人数。

こじんまりと内輪で実施した感じです。

特別支援学級の入学式の内容(プログラム)

特別支援学級の入学式(式次第)
・挨拶
・担任の先生の自己紹介
・自己紹介(名前のみ)
・「この教室は何?」の説明
・記念撮影
・挨拶

プログラムとしては、先生の挨拶と自己紹介・児童の自己紹介・この教室の説明・記念撮影です。

挨拶・自己紹介(担任の先生)

特別支援学級の入学式は、担任の先生の挨拶から始まりました。

みんなの自己紹介

子供たちの自己紹介は、立って自分の名前を言うだけです。

みんな立派に名乗っていました!

特別支援学級教室の説明「この教室は何?」

それから先生が、この教室について説明してくれました。

息子を含め、特別支援学級の新入生にとって教室は2つ。さっきまで大勢の皆といた普通級(通常級、交流級など呼び方は色々です)と、そして今いる支援級の教室です。

さっきの大勢がいた教室は「ここが小学校の教室」「明日から授業をやるところ」と理解しているでしょうが、じゃあ僕たち数人しかいないここは何!?となる前に…

先生が、
「みんながツライなって思ったり、疲れて休憩したいなって思った時には、ここに来て休むことができます。静かなここで、少し休んでから、いつもの教室に戻ったりできます。」

と簡単に説明しました。

当の本人たちは、あまり深い事を気にしていないようでした(笑)。

※これは、入学当初~低学年までは本人も”気にしない”のですが、高学年になると特別支援学級に在籍する意味や影響として、本人も親も真剣に考えなければならない状況に…。

記念撮影

最後は、子供達だけ並んで記念撮影。

この場にはいない、特別支援学級の上級生たちが、教室のホワイトボードに飾り付けをしてくれました。「入学おめでとう」と飾られたホワイトボードを背景に、笑顔で写真を撮りました。

特別支援学級の入学式で紹介された「担任の先生」

私はこの入学式で正式に、特別支援学級の担任の先生が誰だか知りました。

だけどこの時が初対面ではなく、あの「入学式の練習」で一緒に付添ってくれていた先生達の一人でした!

入学前の【入学式の練習】とは?特別支援学級の子と親の不安を解消!特性に合わせた配慮が始まる

2020/07/09

つまり、息子にとっても初対面ではなく「あ、あの人だ」「見覚えがある」「知ってる先生」という印象。不安が強い子にとっては、これがかなり安心材料でした。

私にとっても、「入学式の練習」があって良かった、特別支援学級に在籍しておいて良かった、と思える場面でした。

普通級で過ごしながら情緒学級にも在籍する子の小学校生活が、スタートしました!


発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。

応援クリック頂けると順位が上がり、体験談を探している方に見つけてもらえる可能性がUPします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。コメントは内容確認後、お返事と一緒に表示されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください