75g経口ブドウ糖負荷試験で妊娠糖尿病の陽性判定!妊婦に厳しい判定基準と血糖値の落とし穴

【妊婦検診】経口ブドウ糖負荷試験で妊娠糖尿病の陽性判定!

毎年、必ず、人間ドッグを受けてきました。血糖値でひっかかったことは一度もありませんでした。

出産を終えたら、子宮を摘出することが決まっていた私は、妊娠が1つのゴールでした。

だから余計に、妊娠さえできれば、特別な問題なく出産できるのだと思っていました。

妊娠4か月(12週~15週)の時、妊娠糖尿病の診断を受けるまでは!

高齢出産となる妊婦は、75g経口ぶどう糖負荷試験が必須

妊娠4か月の時、75g経口ぶどう糖負荷試験を受けました。

そろそろ栄養指導が始まるという時期、75g経口ぶどう糖負荷試験を受ける機会を設けられました。

確か、35歳以上の高齢出産となる妊婦さんは、希望有無にかかわらず全員、検査が必要でした。

※既に持病として糖尿病がある妊婦さん、明らかに高血糖の症状がある妊婦さんは、更に高血糖を引き起こすリスクがあるため、必須ではありません。

私は当時38歳、立派な高齢出産です。

75g経口ぶどう糖負荷試験の検査方法

75g経口ぶどう糖負荷試験の検査方法は、以下の通りでした。

  1. 前日21時以降から検査当日の朝まで何も食べず、空腹のまま来院
  2. 採血して、血糖値を測る
  3. ブドウ糖液(ブドウ糖75gを水に溶かしたもの)を全部飲む
  4. 30分後に採血し、血糖値を測る
  5. 1時間後に採血し、血糖値を測る
  6. 2時間後に採血し、血糖値を測る

通算3時間ほど要する検査であるため、午前中いっぱいかかります。

共働き妊婦さんの妊娠4か月頃だと、多くの場合、まだ出産休暇に突入していないため、仕事を休む(もしくは午前休)ための調整が必要です。

妊婦に厳しい判定基準

私は、年に一度の人間ドッグを必ず受診していて、血糖代謝に問題があったことなど一度もありません。

そのため、この75g経口ぶどう糖負荷試験の判定が、「陽性」になるなんて想像すらしていませんでした。

結果的に「想定外」の出来事だったのです。

一般の判定基準よりも、妊娠中の判定基準は、厳しいものでした。

妊娠中の判定基準 一般的な判定基準
早朝空腹時 ≦95mg/dl ≦126mg/dl
空腹時 ≦100mg/dl
食後1時間 ≦140mg/dl  ≦200mg/dl
食後2時間 ≦120mg/dl

これを1つでも超えると、「糖尿病」と診断されます。

私の場合は、食後1時間の血糖値が140を超えていました。

食後2時間では、あと少しで120に到達してしまうギリギリのところでした。

空腹時の血糖値は、いつも人間ドッグの結果から想定できる通り、90前後でした。

食後1時間の判定だけ、満たすことができませんでした。

妊婦のために、厳しく特別に設けられた「妊娠中の判定基準」を満たせなかったことにより、妊娠糖尿病と判定されました。

「いつもの血糖値」の落とし穴

「いつも血糖値は90くらいだから問題ないや」と思っていても、それは空腹時血糖値であり、食後2時間値は問題ある人もいます。

「血糖値が200を超えるような値じゃないから絶対大丈夫だ!」と思っていても、ブドウ糖を75gも摂取した1時間後に、200になってしまう人もいます。

自分の血糖値が、食後どれくらい上昇するかなんて、普段の人間ドッグでは分からないし、朝食を抜いた状態で測定される血液検査では、空腹時の血糖値しか分からないのです。

空腹時の血糖値が125mg/dlを超えるまで様子を見ていたら、食後1時間値・2時間値はあっという間に200mg/dlを越えてしまうかもしれない!

年々、空腹時血糖値が上昇し続けている、体調不良の自覚症状に糖尿病の特徴が表れている、など少しでも自覚できることがある場合は、ブドウ糖負荷試験を覚悟でお近くの病院に行きましょう。

私は妊娠前、空腹時血糖値が、75mg/dl~90mg/dlの間を推移していました。しかし毎年、人間ドックを受けるたびに少しずつ上昇していました。

妊娠前に、食後の血糖値(1時間値・2時間値)を測定する機会はなかったため、その値を知る由もありません…。

妊娠糖尿病になりやすい人の特徴≠私の特徴

一般的に、妊娠糖尿病になりやすい人の特徴に対して、私の特徴を当てはめてみます。

<妊娠糖尿病になりやすい人の特徴>

  • 糖尿病の家族、血縁関係のある親族がいる。→×
  • 肥満である。→×
  • 妊娠中に体重が急増した。→×
  • 35歳以上の高齢出産である。→〇
  • 過去の出産で、巨大児を出産した。→×
  • 尿検査で、尿糖の陽性が出ていた。→×

妊娠糖尿病と診断された私が、当てはまる項目はただ1つ。「35歳以上の高齢出産である」ということだけです。

<私の特徴>

  • 糖尿病の血縁関係者はいない。
  • 肥満どころか、やせ型。
  • 妊娠中の体重増加分は、赤ちゃんと羊水の分だけ。
  • 38歳後半の高齢出産
  • 今回が初めてのお産
  • 尿検査で陽性だった経験はない。

高齢出産は、自分が思うよりも、出産に影響を与えるものなのかもしれません。

高齢出産に臨むということは、もっと気を引き締めないといけないのかもしれません。

スタイル、体力、筋力、気力、健康・・・。何に自信があるのかは人によって違いますが、高齢出産である事自体、既にリスクを負っているのです。

積み重ねた年齢や生活習慣が、卵子や子宮に与えてしまった影響は、自分でさえ分からないのだから…。

再検査なし。この日から妊娠糖尿病の妊婦に!

75gブドウ糖負荷試験の再検査はありませんでした。

陽性判定の結果を受けて、栄養管理用の小部屋に移動し、「妊娠糖尿病管理スケジュール概要」なる用紙を渡されました。

用紙のタイトル部分に、「糖質制限用」「初期診断」と太字で書かれた文字があり、まさかの判定に気持ちの整理もできないまま、現実を突きつけられました。

管理栄養士さんに言われるがまま、「妊娠糖尿病管理スケジュール概要」用紙に、自分の妊娠週を書き込みました。

さっそく今週から始まり、このスケジュールが終了する時には、妊娠34週を迎えて出産間近なんだなぁ…。

私は、妊娠糖尿病患者として、過ごすのか…。実感がないまま、血糖値の落とし穴に落ちた気分でした。

数日後、妊娠糖尿病と診断された妊婦さんだけが招集される「妊娠糖尿病管理に関する説明会」に参加します!
にほんブログ村 病気ブログへ

自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもお勧めです。~低糖質食品~

新しい食のスタイル☆カロリー・塩分をコントロールした宅配弁当《おまかせ健康三彩》


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト


女性の毎日をサポート【あしたるんるんラボ】女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー


【船橋屋】自慢のくず餅は、無添加・低カロリー(1人前194kcal)!


糖質オフの食品専門店『低糖工房』



低糖・低脂肪・野菜スイーツ!食事制限中でもスイーツが食べたい!【ポタジエ】


グルテンフリー・低糖質・低カロリー!女性を美しく健康にするスイーツ【コンフェクション】


日本で初めてカロリーゼロ和スイーツを開発した食品メーカー【遠藤製餡】


紀文のヘルシー商品と季節の美味しさをお届け【紀文オンラインショップ】


お気軽にコメントをどうぞ