ホームベーカリーで「おもち」作りが超簡単!でも作りたいのは米粉パン

年を越す少し前に、ホームベーカリーを買い換えました。

新ホームベーカリーで活躍したのは、お正月のお餅づくり。

この時の嬉しいやら悲しいやら、複雑な気分を語ります。

選んだのはパナソニックのホームベーカリー(SD-MT3)

パナソニックのホームベーカリー「SD-MT3」

今まで使っていたホームベーカリー「GOPAN」は、横幅が大きくて重たい。

食品スーパーでもネット通販でも、今ほど「米粉」のラインナップがなく、米粉を買うなら「自宅に必ずある米」を入れれば作れちゃうタイプにしよう、ということでゴパンを購入した経緯があります。

息子は食物アレルギー(小麦・乳・ごま・くるみ)。米粉パンを手軽に作ることが目的でした。

今では、米粉だけでなく米粉製品が手軽に入手できるようになり、便利な米粉ミックス粉が多々登場。GOPANはめっきり使わなくなりました。

ここは心機一転、使っていないからこそ処分して、新しいものを買おう。そして、新調したら使い込もう・・・と思いました。

  • 市販の米粉を使って手軽に米粉パンができる
  • もっとコンパクトで、炊飯器を開け閉めするような感覚がいい
  • ドライイーストだけでなく、天然酵母でも食パンが作れる
  • やっぱり日本製(王道の日立かパナソニック?)

ざっくりですが”譲れない条件”のようなものが、既に自分の中にありました。

そして選んだのが、パナソニックのホームベーカリー「SD-MT3」です。

既に同シリーズで新機種が存在したのですが、価格が高い。米粉パン(小麦なし)と天然酵母パンに対応しているタイプの中から、型落ちした商品を選びました。

今思えば、もう1段階”型落ち”して、「SC-MT2」でも良かったかも。思うようにいかない「米粉パン作り」との闘いは、現在進行形です。

肝心な米粉パンで失敗中!

ホームベーカリーの取り扱い説明書
写真左下:小麦なし米粉パンの材料にご注目・・・

購入前に調べた機能説明通り「米粉パン(小麦なし)」が、作れる仕様です。

しかし、実際に買ってみないと分からない事でしたが、その材料を見て唖然。

「もち粉と水あめの糊」??

「米粉(福盛シトギ2号)」?

普通の「米粉」を入れただけじゃダメなの?

始めから両方の指定を守らないのはチャレンジャー。挑戦的過ぎるので、少しだけ規定に従わないことにしました。

自宅にある普通の「米粉」を使いつつ、「もち粉と水あめの糊」という謎の甘味料(270g)は指定通り作ろうと決意しました。

ところが、自分のドジを呪いますが「もち」と「もち」を間違えてしまい、「もちと水あめの糊」を作ってしまった。

途中で気が付くも、悔しいのでそのまま米粉パン作りの工程を進めるも、固くて食べられない米粉パンが出来上がりました。

手元には「もち米」が大量に残り、新調したホームベーカリーで上手な米粉パンが作れないまま、新年を迎えました。

「おもち」作りは大成功&超簡単!

残った「もち米」が大活躍したのは、元旦の朝。

新ホームベーカリーの取り扱い説明書を開き、「もち」のページを見ると、米粉パンとは全然違って、とてもシンプルな材料でした。

【用意するもの 】
もち米、水

以上。
実にシンプルです。

早速、吸水や30分間の水切りなど(私にとっては面倒な)指定の準備を省き、洗った「もち米」と水を分量通りケースに入れて、スイッチをオン。

※事前に「パン羽根」を「めん・もち羽根」に交換する作業はやりました。

途中でピッピッと鳴るので、ふたを開けて、開けっ放しのまま「スタート」ボタンを押します。(説明書通り)

その後、ふたが開いた状態で「こねる作業」を続けてくれます。

トータル1時間ほどで、つきたての「おもち」が出来上がりました。

※出来上がったお餅を置く時は、「片栗粉」を使いました。

※他には「上新粉」「コーンスターチ」などが使えます。

冷ます間にすぐ固まる!手早く”食べたい形にする”がオススメ

ホームベーカリーの取扱説明書レシピでは、ケースからすぐ出して冷ます、とありました。

冷ます時間は、約10分。これ以上の時間、放置すると餅の表面が固くなってきます。

私は、お節料理を並べたりコーヒーを淹れたり、他のことをしている間にお餅を冷ましていたのですが、いざ「お雑煮」の中に入れるために千切ろうとしたら、千切るのにけっこう力が必要でした。

ホームベーカリーのケースから取り出した状態で、固まってしまうと扱いが大変でした。ボテッという巨大な丸い形のまま固まると、切るのも一苦労だと思います。

表面が柔らかいうちに、千切って丸めるか、平たく「伸し餅」のような形にしておくのが良さそう。

固くなっても「伸し餅」型なら、後から包丁で切り分けても見栄えが良いです。

【アレルギー児の米粉パン】ホームベーカリーで目指すもの

本音は、この「もち米と水を入れてスイッチポン!」のような感覚で、米粉パンを作りたい。

「もち粉と水あめの糊」を正しく作れば、ふっくら膨らんだ米粉パンが作れるのか?

「もち粉と水あめの糊」ではなく「水あめと水の糊」ではダメなのか?

小麦アレルギー児の米粉パンは、小麦グルテンを活用できない。イースト菌のエサとなるものを、いかに簡単に代替えするか!?

・・・疑問は尽きません。

先代のGOPANでは、小麦パンモードで「大豆粉と米粉の食パンミックス」を使って焼いただけで成功した経験もあります。

ダイズラボ「大豆粉と米粉の食パンミックス」は小麦粉不使用!焼くのも簡単!

2019/12/03

やはり「米粉のミックス粉」系を使うのが手っ取り早いか?

小麦・乳・ごま・くるみアレルギー児の米粉パンを作るため、暫く「粉とモード」の相性実験となりそうです。

※この「ミックス粉」以外に、ホームベーカリーで成功した「米粉のミックス粉」があったら教えて欲しいです!


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください