TAG 発達支援カウンセリング

療育への道。児童発達支援の考え方と進め方(発達障害グレーゾーン・ASD傾向・5歳)

 初めての療育施設見学で、多くの違和感を覚えました。このまま入園しても悪い予感しかしない、母の直感。  ここで一旦立ち止まり、発達支援センターのカウンセラーに相談しようと、約半年ぶりに連絡を取りました。初めて訪れた時から…

こだわり強い子に多い「ウンチだけオムツ」卒業対策。始まりは発達支援カウンセラーのアドバイス。

息子は、4歳になった時点で、ウンチだけオムツでする子でした。 息子が、「発達に凹凸がある子」だと認識する前から、私はトイレトレーニングを急いでいませんでした。 しかし私は、ある日を境に、「ウンチだけオムツ」対策について本…

育てにくい子は「発達に凸凹がある子」だった。快適な保育園生活を目指して今できること。

発達障害の特徴を持ち、保育園での集団生活に問題があった息子。 持ち合わせる特徴を治すのではなく、ケア&サポートを取り入れることで、過度なストレスなく楽しく集団生活を送れるようにすることが重要である、という事を発達支援カウ…

【発達凸凹を知った時】嫌がるトントン、窓の音。これが発達障害「感覚過敏」の特徴なの?

3歳~4歳になって始まったことではありませんが、気持ちを言葉で表現できるようになった3歳頃から、明確になったことがあります。それは全て、感覚過敏に関することです。 「最近気になり始めた」わけではなく、「以前から気になって…

保育園で遊ぶ息子の後ろ姿

初めて発達支援センターへ!発達障害かもしれない「育てにくい子」の特徴を伝えてみた~3歳後半で目立った4つのこと~

保育園の保護者面談で、「専門機関で診てもらった方がいい」と指摘されてから、約2か月後。 やっと予約がとれた、発達支援センターに行ってきました。正式には「幼児教育支援センター」と呼ぶようです。 待ち遠しくも、かなり緊張・・…