アレルギーでもハロウィンお菓子!「ハッピーターン ハロウィンMix」を買って分析食べてみた。

アレルギーでもハロウィンお菓子!「ハッピーターン・ハロウィンMix」を買って分析食べてみた。

この時期、アレルギーっ子の母にとっては、内心一番ツライ・シーズンかもしれません。

10月から12月にかけて店頭に並ぶ、可愛い!楽しそう!美味しそう!な季節限定スイーツ&菓子類を目の前にして、息子の寂しそうな声がするからです。

息子
あ!見て!おばけカボチャのやつ!・・・食べられない?

そして10月、ハロウィーン・シーズンが到来。小麦・乳・ごま・くるみ(他ナッツは負荷試験まで摂取禁止)アレルギーの息子が食べられるハロウィンお菓子がどれだけあるか?店頭で見つけたら、軒並み買って行こうではありませんか!

まずは、食品スーパーの店頭とお菓子売り場に、必ず陳列されている「ハッピーターン ハロウィンMix」を買いました。

購入を躊躇した理由

10月に入って、ハロウィン・パッケージのハッピーターンを見かけた時、最初は購入を諦めました。

袋をひっくり返して、含まれるアレルギー物質の表示を見ると、「乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉」のアレルゲンが含まれていたからです。

しかし待てよ?ハロウィンMixということは、普通の(味の)ハッピーターンが絶対含まれているはず。

普通のハッピーターンであれば、7大アレルゲン不使用!息子も食べられるのです。

何が違う?やさしいハッピーターンを比較分析!アレルギー特定原材料等27品目不使用、塩分30%オフ!

2018/09/18

ハロウィンMix具合を分析

「ハッピーターン ハロウィンMix」は、3種類の味のミックスです。

  1. (ふつうの)ハッピーターン(約23個)
  2. イラスト付きハッピーターン(約6個)
  3. ミートグラタン味(約6個)

ポイントは、3種類のハッピーターンが、満遍なく入っているのではない!ということ。

全・約35個のうち、ほとんど(23~24個くらい)が「ふつうのハッピーターン」なのです。ということは…。

たとえ「イラスト付き」と「ミートグラタン味」は食べられなくても、それだけ避ければ良い話。「ハロウィンお菓子を買って食べた」感を経験させてあげられる商品だと分かりました-。

3種類の原材料を確認

それでは、原材料を確認してみます。

「ハッピーターン」の原材料

米(うるち米(米国産、国産)、もち米(タイ産))、植物油脂、でん粉、砂糖、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、食塩、デキストリン、加工でん粉、調味料(アミノ酸)、植物レシチン(大豆由来)

7大アレルゲンは不使用です。表示推奨品目である「大豆」を含みます。

「ハッピーターン・ミートグラタン味」の原材料

米(うるち米(米国産、国産)、もち米(タイ産))、植物油脂、でん粉、砂糖、肉エキス調味料(鶏・豚を含む)、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、トマト風味シーズニング、チーズパウダー、香辛料、食塩、酵母エキスパウダー(小麦を含む)、粉末油脂、香味粉末油脂、バターオイル、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、植物レシチン(大豆由来)、香料、カロチノイド色素、酸味料、香辛料抽出物、紅麹色素

アレルゲン満載です。

乳成分(チーズ、バター)、小麦成分(小麦を含む酵母エキスパウダー)が含まれているため、息子は食べることができません。

「イラスト付きハッピーターン」の原材料

米(うるち米(米国産、国産)、もち米(タイ産))、植物油脂、砂糖、でん粉、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、食塩、粉末油脂、加工でん粉、調味料(アミノ酸)、植物レシチン(大豆由来)、クチナシ色素、紅花色素

若干、原材料の表記順序や油脂の量に違いがありますが、含まれるアレルゲンは「普通のハッピーターン」と同じです。

普通のハッピーターン 米(うるち米(米国産、国産)、もち米(タイ産))、植物油脂、でん粉、砂糖、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、食塩、デキストリン、加工でん粉、調味料(アミノ酸)、植物レシチン(大豆由来)
イラスト付き 〃 米(うるち米(米国産、国産)、もち米(タイ産))、植物油脂、砂糖、でん粉、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、食塩、粉末油脂、加工でん粉、調味料(アミノ酸)、植物レシチン(大豆由来)、クチナシ色素、紅花色素

並べてみると、よく分かります。

ハッピー王国「ターン王子」のイラストは、クチナシ色素と紅花色素で描かれているようです。

アレルゲン「乳成分・小麦・鶏肉・豚肉」は「ミートグラタン味」だけ

ハッピーターン ハロウィンMix」に含まれるアレルゲンのうち、「乳成分・小麦・鶏肉・豚肉」は、「ミートグラタン味」だけに含まれることが分かりました。

息子の「…食べられる?」に対して、

食べられるよ。

と、答えることができました。

息子は、嬉しそうに、買い物カゴに入れていました。

個包装だけど密閉してないミックス状態

※重度アレルギーの方はご注意

早速、開封します。息子が誤食しないように、先に「ミートグラタン味」を避けるためです。

パッケージを開けると、個包装のハッピーターンがバラバラに入っていました。

こんな感じです。勝手に、65gくらいの小袋が4袋くらい入っている所を想像していました…。小袋ではなく、個々に包装、言葉通り「個包装」です。

密閉ではありません。外袋パッケージを開けた途端、ハッピーターンの匂いがします。

これは、パウダー浮遊注意報。重度アレルギーの方は、ご注意ください。

「イラスト付きハッピーターン」は全部で8種類

ハッピーターン ハロウィンMix」に入っている「イラスト付きハッピーターン」は、約6個です。

イラストは、全部で8種類というのだから、運が良くても6種類。全8種類のターン王子に会うためには、複数個を購入しなければ会えません。

運が悪ければ、5個しか入っておらず、同じイラストが複数個入っている確率の方が高いこと想定すると、出会えるのは4種類以下です。

私は、「イラスト付きハッピーターン」が(運よく)6個入っていました。

同じイラストだったのは1個だけなので、5種類のターン王子に出会いました。

「全35個」より多く入っている場合あり

左6個は「ミートグラタン味」→誤食防止のため事前に避けます。

じゃーん。開封直後に、個包装のハッピーターンを並べた状態です。

  • ミートグラタン味:6個
  • ハッピーターン:24個
  • イラスト付き〃:6個

合計36個のハッピーターンが入っていました。

「合計約35個包装」よりも、多く入っていました。

逆に言うと、全部で34個しか入っていない場合もあるかもしれません。それもまた、ハロウィーン・パーティーイベントに使えそうで、楽しみです。

【企画品】ハッピーターン ハロウィンMIX(138g)【ハッピーターン】

ハロウィンMix味ランキング

<後記>
3種類を食べてみた結果を追記ました。

1位:普通のハッピーターン

やはり「魔法の粉」のせいか。看板の甘じょっぱさ、ここにあり。

2位:イラスト付きハッピーターン

普通のハッピーターンよりも、味が薄いのか?たんぱくな感じでした。

イラストが付いている分、味付けの粉が少ないようです。

3位:ミートグラタン味ハッピーターン

言われてみると、ミートグラタンの味です。

ひき肉のような、ビーフシチューのような風味があります。

やみつき度は、普通のハッピーターンには敵いませんでした。

食べられるお菓子でハロウィンを楽しむ

3種類の「ハッピーターン ハロウィンMix」

3種類のハッピーターンが入っているのに、1種類は食べられない。そう言葉にしてしまうと不憫かもしれない。

でも、4歳の息子は、36個のうち(食べられないミートグラタン味)6個を抜いて、お父さんが食べちゃったことなんて、気が付かないでしょう、きっと。

ハロウィンのハッピーターン、食べよー!!

息子が帰ってきたら、声をかけてみます。(既に開封済みのパッケージを、今開けているフリをしながら)

喜ぶ顔が、目に浮かびます!

自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

アレルギーっ子がみんなと「トリックオアトリート!」を楽しめますように。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村



アレルギー対策お菓子「おこめのおかし屋さん」★ハロウィン限定こどもクッキーもあるよ!

お気軽にコメントをどうぞ