【感覚過敏・敏感肌】洋服のタグが痛い!かゆい!チクチクする!”切る”以外の対処方法

息子は敏感肌・乾燥肌です。赤ちゃんの頃は、皮膚科でアトピー性皮膚炎だと言われていました。

成長するにつれて、感覚過敏の傾向があると分かりました。

息子はもともと肌が弱い上に、お肌への”過敏さ”も持ち合わせているため、「洋服のタグ対策」が必要です。

肌にタグが触れる不快感。我が家では「タグを切る」以外の対策をとっています。

洋服のタグがチクチクかゆい!どの種類・どんなタグが不快?

襟首のタグ、左脇の内側のタグ、全辺が縫い付いたタグ、一辺だけ縫われてピロピロしているタグ…。

洋服のタグには色々種類がありますが、息子の場合はタグの種類を問わず、まずは一度、何も対策をせずに着てみます。

すると、
・何も感じないタグ(何も言わない)
・肌に触れると気になるタグ(何も言わないけど、時々ポリポリ掻いている)
・肌に触れるのが不快なタグ(痛い・痒い・気持ち悪い・チクチクすると訴えてくる)

という、大きく分けると3パターンに分類できます。

この感覚に、「タグの種類」は関係ありません。

上記のように、「タグの種類」ではなく「息子の感覚」で分類します。

結果的に、同じ感じ方でも「タグの種類」はマチマチなので、最初に見た目(=タグの種類)では分類できないのです。

傾向としては、「タグの縫い付け方」「タグの場所」ではなく、「タグの布地の柔らかさ・厚み」が大きく影響していることが分かってきました。

よく脇腹にあたる、内側の素材とサイズ表示のタグは、薄くてポリエステル地で、サイドが切りっぱなしだからなのか、ほぼ気にしていません。

逆に不快感率が高いのは、よく襟首にある、ブランドタグです。タグに厚みがあり、しっかりしている生地。

大袈裟に言うと「薄地のワッペン」のようなタグだと、そのコーナーが肌に当たった時に、不快のようです。

タグ対策で「切る」「外す」がダメな理由とは

息子にとって、どんなタグが不快なのか分かってくると、必然的に「タグを切る」方法はダメだと想像できます。

肌に当たるのが嫌だからと言って、タグを切ってしまうと、切った断面が余計に鋭くなるからです。

それを避けるため、縫われたタグの糸を切り、「タグを外す」方法があります。

しかし、我が家では、着なくなった子供服のほとんどは、リサイクル(オークション販売・お下がり)。

タグを元のまま残すことは、けっこう重要であり、購入当時の状態を可能な限り保つことを重視していることもあり、「タグを外す」ことは極力避けています。

それ以外の理由として、糸を切ったりタグの縫製を解く時に、洋服に穴を開けてしまった経験があり、対策案としては無くなりました。

洋服のタグ対策で、「切る」「外す」方法がNG!となると…?

我が家では、お肌が過敏な息子のために、以下の対策をとっています。

タグ対策1.浮いている部分を縫い付ける

我が家で主流のタグ対策の1つは、浮く部分を「縫い付ける」方法です。

チクチクする不快なタグには、たいてい向きや折れ曲がる場所にクセがあります。

一見、まっすぐ向いていて、肌に当たらないように見えても、着るとタグが上方に折れ曲がりやすく、すぐに首筋に直角に当たってしまうタグもあります。

なので、肌に当たる部分を突き止め、そこが浮かないように、折り曲がらないように、縫い付けます!

タグ対策2.ガーゼでタグを覆う「タグカバー」

もう1つの主な対策は、「ガーゼでタグを覆う」方法です。

2020年以降、新型コロナウイルス感染防止対策の影響で、我が家にはガーゼの切れ端がたくさんあります。

再利用した不織布マスクの内側にガーゼを入れたり、マスクを手作りしたり…という経緯から、使わなくなった布製品のガーゼ生地を大切にとってあるのです。

タグを覆って「タグカバー」に使うには、白シャツ・ガーゼハンカチ・沐浴タオル等々、肌触りの柔らかいコットン生地がお勧めです。

【マスク手作り】素人が型紙なしスピード重視で上達を目指す!初心者こそアイロンとミシンを使った方が良さそう

2020/05/11

もしもアベノマスクや給食マスクが、使わずに残っている場合は、「タグカバー」としても利用できますよ。

ガーゼは、画像アップしても分かる通り、しなやかで柔らかく、肌に優しい触れ心地です。

肌に触れても痛くないように、ガーゼは切りっぱなしがベスト。切り口を縫製せず、切ったまま縫い付ける簡単な方法です。

また、ミシンでガッチリ縫うのではなく、太めの木綿糸でザクザク手縫いがお勧めです。

そうすると、タグを覆ったガーゼはしなやかな感じのカバーになりました。

タグ対策3.柔らか「タグループ」作成

タグをガーゼ生地で覆って「タグカバー」を作る方法の応用で、「タグループ」を作る方法もあります。

いくつかのタグに、「ガーゼのタグカバー」を被せている時に発見しました。

タグにあてた生地は、四辺を縫うよりも「上下だけ」もしくは「左右だけ」の2辺を縫う方が、後々便利です。

上下だけ縫うと、左右が開いている状態なので、ガーゼはトンネル状になります。(上の写真)

正面から見ると、白い「ガーゼタグ」が付いているイメージです。

左右が開いてトンネル状になっていると、そのままフック等に引っ掛けたり、他の紐類を括り付けることができるんです。

小さい子供や、手先が器用に使えない子は、脱いだ上着の襟首をフックにかけて吊るすことが、困難な場合があります。

コートやジャンパー類は特に、この「ガーゼのタグカバー」をトンネル状にしておくと、フックに掛けやすくて便利です。

この「ガーゼカバー」を直接フックに掛けて「タグループ」として使う場合は、上下ではなく左右を縫って、上下が開いたトンネル状にしておくと引っ掛けやすいです。

市販のタグループ・お名前ループ・ヘアゴム等を通して括り付ける場合は、(上の写真のように)上下を縫って左右が開いたトンネル状になっていると、付けやすいです。

ガーゼの「タグカバー」が解れた時は、4辺がガッツリ縫製されているより、2辺だけザックリ縫ってある方が、お直ししやすいです。

タグ対策4.Tシャツ類はスポーツブランドから選ぶ

息子が小学生になってから気が付いた「切る外す以外のタグ対策」は、スポーツメーカーのトップスを選ぶ!ということです。

アディダス、ナイキ、プーマ等、スポーツ系ブランドのトップスは、襟首のタグが無く、ブランド名やサイズ情報が「印字(プリント)」されていることが多いです。

タグがなければ、チクチクしない!

しかも、スポーツブランド。始めから動きやすさや快適さが追及された商品が多いのも特徴です。コットン素材の他、吸汗速乾を謳う製品がたくさんあり、着心地の良さを求めるニーズにマッチします。

襟首のタグなしで、タグが印字タイプのプーマのTシャツ(上の写真)は、サイズ違いで購入しました。
※息子には、タグ問題とは別の「夏なのに半袖を嫌がる」問題があるため、主にインナーとして活用

タグ対策5.始めから「洗濯ネームがない」商品を選ぶ

始めから、洋服タグ(ブランドタグ、洗濯ネームタグ)が縫い付いていない商品もあります。

私が息子のために買った、そのタイプの下着は、洋服タグが服本体に縫い付いておらず、タグは別に梱包されていました。

襟首のブランドタグは無し、一般的に左脇腹の内側に付いている洗濯ネームタグも無し!です。

この商品は肌への刺激を避ける為、洗濯ネームを商品に縫い付けしておりません。

(保管用に同梱されていた「洗濯ネームタグ」より)

どんなタグ対策も効果がない方は、「お肌への刺激」が配慮された、洋服タグ自体が付いていない商品はいかがでしょうか。

私は同時に2枚、まとめて買いました。

私が実際に購入したのは、楽天市場「チルドレン通信」というショップです。

『アルトタスカル おなかでぬ 肌着』という子供用インナーで、「丈が長めでお腹がでない」という長所を謳っているのですが…

・着心地の良い方を裏にできるリバーシブル機能あり
・肌触り通気性の良い綿100%
・肌への刺激を最低限に
・縫製はベビー肌着に使われるフラットシーマ採用

…という、内側に「タグが無い」以外にも、お肌が敏感な子に嬉しい特徴がたくさんあります。

商品展開は、半袖・タンクトップ・キャミソールの3タイプ。男の子も女の子も、性別問わず利用できます。

サイズ展開は80~130。小学2年生くらいまで利用できます。

少しの工夫が、快適につながると良いですね!

色々調べている中で、女の子にはグンゼの「ピエクレール」という、肌に優しそうなインナーを見つけました。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください