「豆乳シュレッド」は乳成分不使用!乳アレルギーでも食べられる”とろけるチーズ”

息子は乳アレルギーです。

たいていの料理やお菓子は、豆乳や豆乳由来のヨーグルトを使うことで、代替食が作れるようになりました。

ところがチーズだけは未だに、「代替」ではなく「除去」対応がメインでした。

それだけに、豆乳チーズの商品化には大喜びです。

豆乳グルトのマルサンアイから「豆乳チーズ」が新発売

私が「豆乳チーズ」の存在を知ったのは、毎日食べている「豆乳グルト」のパッケージを開封した時です。

『豆乳グルト』は乳成分不使用!乳アレルギーでも食べられるヨーグルトの代替品

2019/02/13

植物由来の新商品が仲間入り!
とろ~りおいしい「豆乳シュレッド」
マルサンの濃厚豆乳を使用した、チーズと同じように使える豆乳シュレッドです。

「豆乳グルト」内蓋より

豆乳グルトの内蓋が、濃厚豆乳で作られた「豆乳シュレッド」の宣伝になっていました。

乳原料が不使用のチーズが新発売!?

それ以来、地元の食品スーパーでチーズ売り場に立ち寄っては、「豆乳シュレッド」を探しました。

見た目は「とろけるシュレッドチーズ」そのまま!

そして見つけた、マルサンアイの「豆乳シュレッド」。

見た目は、パッケージも中身も「とろけるシュレッドチーズ」です。

実際、普通の乳由来の「とろけるチーズ」たちと横並びで、チーズ売り場に陳列されていました。

パッケージの一部が透明になっているので、外側から中の様子が分かります。

普通のシュレッドチーズよりも、色が「白っぽい」です。

内容量は、1袋200gです。

パンに乗せたり、カレーやスープに乗せたり、料理に混ぜ込んだり…と、普通のチーズのようにちょこちょこ使うことを考えると、開封して1週間くらいで使い切れる「丁度良い量」な気がします。

「豆乳シュレッド」の原材料とアレルギー情報

◆「豆乳シュレッド」の原材料

豆乳(大豆を含む)(国内製造)、植物油脂、食塩、発酵調味液、酵母エキスパウダー/加工デンプン、セルロース、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、香料

◆「豆乳シュレッド」のアレルギー特定原材料28品目

大豆

チーズとしては今までになかった、乳成分不使用です。

それでは、実際に「豆乳シュレッド」を使いながら、味や食感などをレポートしていきましょう。

【豆乳シュレッド調理例】ほうれん草のチーズソテー

「豆乳シュレッド」は、フライパンの熱によって、とても溶けやすいです。

熱したフライパンに、カットしたほうれん草を入れた後、「豆乳シュレッド」を振りかけるように投入すると、みるみると溶け始めました。

謳い文句の通り、本当に「とろ~り」です。

「どろり」ではなく「とろ~り」です。

ほうれん草と一緒にソテーした「豆乳シュレッド」は、もはや「とろけるチーズ」というよりも、「ホワイトソースをかけた感じ」でした。

そして、気になるのが塩分濃度。

成分表では、100gあたりの食塩相当量が2.2g。1袋あたり4.4gです。

これが、けっこう塩辛い。

「豆乳シュレッド」を入れ過ぎると、しょっぱいです。

野菜のチーズソテーを作る場合、塩は使わず、「豆乳シュレッド」だけで塩分を賄うのがお勧めです。

煮込み料理やスープに入れる場合は、「豆乳シュレッド」の塩分量を加味して、使用する塩の量を減らした方が良さそうです。

【豆乳シュレッドの調理例】定番チーズトースト

一方、「豆乳シュレッド」は、トースターでは溶けにくいです。

フライパンでほうれん草と一緒にソテーした時は、あんなにトロトロになったのに、トースターでは160℃で5分焼いても、ほとんど溶けませんでした。

普通の乳由来の「とろけるシュレッドチーズ」よりも、やはり塩辛い印象です。

私は、トーストにハムとチーズを乗せるのが好きですが、これでハムの塩分まで加わると、しょっぱいかも。

とはいえ、小麦・乳アレルギーの息子に、「米粉パンの豆乳チーズ・トースト」を提供できるというのは、斬新でした。

商品基本情報はメーカーHPご参照

2021年3月1日に、「豆乳スライス」も発売予定なので大注目です。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください