シーフードレストラン「メヒコ」のアレルギー対応は?フラミンゴ観賞・料理・低アレルゲンメニュー実食レポート

シーフードレストラン「メヒコ」をご存知ですか?

我が家はフラミンゴを見ながら食事を楽しめる「フラミンゴ館」がお気に入りです。

今回はアレルギーっ子を連れて、守谷フラミンゴ館に行って来ました!

シーフードレストラン「メヒコ」とは?

メヒコは、シーフード料理を堪能できるレストランです。ユニークな雰囲気が味わえる飲食店ですが、その特徴は店舗ごとに違います。

店舗形態がフラミンゴ館・水族館・オーシャンビュー・ニュースタイルと4つに分類されていて、我が家のお気に入りはフラミンゴを見ながら食事が楽しめる「フラミンゴ館」です。

◆フラミンゴ館
 いわきフラミンゴ館 (福島県いわき市)
 郡山フラミンゴ館 (福島県郡山市)
 つくばフラミンゴ館(茨城県つくば市)
 水戸フラミンゴ館 (茨城県ひたちなか市)
 守谷フラミンゴ館 (茨城県守谷市)

◆水族館
 東京ベイ有明館 (東京都江東区)
 シャークワールド(福島県いわき市)

◆オーシャンビュー
 いわきマリンタワー店(福島県いわき市)
 大洗店(茨城県東茨城郡)

◆ニュースタイル
 北茨城店  (茨城県北茨城市)
 福島店 (福島県福島市)
 浅草店 (東京都台東区)

メヒコのフラミンゴ館は、高速を降りて30分以内の圏内に店舗があり、車で近くを通った時に立ち寄っています。

今回訪れた守谷フラミンゴ館は、常磐自動車道「谷和原IC」から約15分。都心から1時間程でフラミンゴの楽園にたどり着けます。

店舗でお土産販売あり!3大アレルゲンフリーの海鮮煎餅もある

お店のドアを開けると、ガラスの向こうにフラミンゴが見えます。

予約なしでも入店できます。土日祝日のランチ時間帯は混雑することもあり、12時~13時のピーク時間を外して行くと1~2組待ちか。

順番を待っている間は、窓越しにフラミンゴを観ることもできます。ただ、待合いソファの位置からはフラミンゴが見づらいので、入口には置いてあるお土産や水槽を眺めて過ごしました。

お土産コーナーは海鮮煎餅が中心で、鰯せんべい・エビせん・カニせん等が並んでいました。

息子は小麦・乳・ゴマ・ナッツ類のアレルギーがあるので原材料を確認したら、息子でも食べられる海鮮煎餅がありました。3大アレルゲンフリーの海鮮煎餅は、帰り道のおやつにも役立ちそう。

※原材料は、必ずご自身でご確認下さい。

観賞・観察・クイズでフラミンゴ通に!注文後の待ち時間も充実

メヒコ守谷フラミンゴ館は、フラミンゴ達が暮らすエリアを囲むようにテーブル席が配置してあります。

だから注文してからお料理が到着するまでの待ち時間は、フラミンゴを観賞・観察できて飽きません。

フラミンゴが餌を食べるところ、排泄するところ、走り回るところ、翼をバタつかせるところ、片足で立って休むところ、両足で歩くところ…等々、今まで見たことがないフラミンゴの行動が間近で見られて素敵です。

テーブル上にはメニューの他に、フラミンゴQ&Aが置いてあります。フラミンゴに関する知識が質問形式で書いてあるので、クイズを出し合いながら時間をつぶせませす。

フラミンゴのオスとメスの見分け方は?小さいフラミンゴは子供なのか?など分かります。

メヒコのフラミンゴ館に行けば、フラミンゴを観察しながらフラミンゴ通です。

キッズメニューに低アレルゲン対応メニューあり!

メヒコの公式ホームページには、キッズメニューがありますが低アレルゲンメニューの情報がありません。

実際に店舗に行くと、キッズメニューの中に「低アレルゲン対応メニュー」がありました。

以前(コロナ禍になる前)来た時は、低アレルゲンメニューが複数あり、カレープレートかハンバーグプレートか選択できた記憶がありますが、今回は「アレルゲン対応プレート(選べるおもちゃ付き)」1種類だけでした。

普通のキッズメニューの各種プレート料理には「エビフライ」が入っています。アレルゲン対応プレートにはエビフライもなくシーフード感がありません。エビとカニが7大アレルゲンだから、当然と言えば当然か…

低アレルゲンメニューが存在すること自体が有難いですね。

メヒコの低アレルゲン対応メニュー「アレルゲン対応プレート」は、アレルギー特定原材料7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)が不使用です。

メニューにアレルギー情報表示はない!

メヒコのメニューには、アレルギー情報表示はありませんでした。

重度アレルギー、コンタミでも反応する、アレルギー情報表示なしでは絶対に無理、、、等の場合は、事前に問合せを。メヒコは店舗によってメニューが異なるらしく、自分が行く店舗に直接問い合わせる必要がありそうです。

メニュー内容から察するに、各メニューにアレルゲン表記しても、ほとんどのメニューにアレルゲン5品目(卵・乳・小麦・えび・かに)のマークが付くことになるのかも。

ボイルしたカニやカニづくしのメニューはあるので、カニが食べられる場合は選択肢が広がります。

ただし、カニ以外のアレルゲン含有確認や、(カニ料理の価格は高めなので)資金準備が必要です。

セット料理の「選べるサイドメニュー」にお刺身(お造り三点盛り)がある!

メヒコで人気のあるメニュー「スペシャルカニピラフセット」には、選べるサイドメニューが付いています。

カニクリームコロッケ、海老フライ&牡蠣フライ、海老グラタン、お造り三点盛り の4品から選びます。

名前からしてどれも、小麦・乳・卵アレルギーっ子に取り分けることができない洋食ですが、1つだけお刺身があるんです。そう「お造り三点盛り」だけは3大アレルゲン不使用なのです。

今回注文した時は、お造り三点盛り「サーモン」「つぶ貝」「ホッキ貝」でした。

我が家では、アレルギーがない家族一人がこのセットメニューを注文して、選べるサイドメニューで「お造り三点盛り」を選び、アレルギーっ子にサイドメニューだけ分ける方法をとっています。

フレッシュジュースは乳成分不使用!

大人のメニューやエビフライが入った普通のキッズメニューに比べると、低アレルゲン対応メニューはどうしても質素に見えがちなので、ドリンクでカバーします。

メヒコのフレッシュジュースは、飲み口に皮つきパイナップルが飾ってあり、ちょっと豪華でトロピカルな雰囲気です。しかも、乳成分が不使用!

フレッシュバナナジュース、フレッシュパインジュース、フレッシュオレンジジュースの3種類があります。

上述の通り、メニューにはアレルゲン情報表記がないので、念のため「乳成分は不使用ですか?」と聞いてから注文しています。

パインとオレンジは実際に注文際に確認済み。バナナは未確認です。バナナをミキサーにかける時に牛乳使わないでジュースにできるのかなぁ?

※原材料は、必ずご自身でご確認下さい。

実食!メヒコのアレルギー対応プレートはどんな感じ?

メヒコの低アレルゲン対応メニューは、白米・カレー・ミートボール・ウィンナー・レタス・ブロッコリー・トマト・枝豆コーンがワンプレートに乗っていました。

ここ最近のメニュー名は「アレルギー対応プレート(選べるおもちゃ付き)」、価格は968円(税抜880円)です。

因みにこの写真は、2年くらい前の低アレルゲン対応メニューで、「ハンバーグプレート」を注文した時のものです。スープがあったり、白米にアレルゲンフリーのふりかけが付いたりと、少し変化がありますね。

この時のハンバーグや、現在のミートボールとウィンナーは、「みんなの食卓」シリーズに見えます。カレーはメーカーが特定できませんでしたが、まろやかで優しい味わいでした。

シーフードレストランなので、サラダのレタス&ブロッコリーと一緒に、ウィンナーではなく蒸し海老(よく寿司の上に乗っているやつ)か茹でカニを少し並べて、アレルゲンフリーのドレッシングが付くと満足度上がるなぁと思いました。

※エビ・カニが7大アレルゲンなので難しいか。低アレルゲン対応メニューに5大アレルゲンフリー用プレートを開発して頂くとか。

フラミンゴ見ながらシーフード料理を楽しむ!

最後に、一般メニューより、実際に食べたお料理の一部をご紹介。

セットのオードブルは、魚介類メインで前菜としては華やかです。ソースに絡めて頂くと美味。

ガーリックシュリンプは、ニンニクとレモンが相性マッチ。食が進むので前半にサラダと共に食べるのがお勧めです。

ソフトシェルクラブは、単品追加して食べてほしい!丸ごと食べるとサクサクなのか柔らかいのか分からない不思議な食感ですが、タルタルソースと相性抜群で美味しいです。

カニ味噌クリームコロッケは、セット料理のサイドメニューとして選べた超お勧め品ですが、最近行った時は「味噌」が抜けて「カニクリームコロッケ」でした。

セット料理ではなく単品で注文する時は、イクラグラタンもお勧めです。ホワイトソースとイクラ&キャビアのしょっぱさがよく合います。

イクラ丼じゃないのにイクラがたっぷり食べられて嬉しい、贅沢な一品。中央に添えられたキャビアが全体の味をまとめてくれます。

フラミンゴ観賞できるレストラン「メヒコ」まとめ

フラミンゴを見ながらシーフード料理が堪能できるレストラン、「メヒコ」(今回は守谷フラミンゴ館)はいかがでしたか。

・フラミンゴを近くから長い時間じっくり観察できる
・アレルギーっ子を連れて皆で入店できる
・アレルギーっ子が食べられる低アレルゲン対応メニューがある
・大人たちは豊富なシーフードメニューから満足度の高い料理を楽しめる

という点がポイントでした。

都内レストランで、同じようなシーフード料理を注文したら1.5~2倍くらいの値段はすると考えると、フラミンゴ観賞しながら美味しいシーフード料理が食べられる「フラミンゴ館」はかなりお得かも、と感じました。

食後、子供にとってはお料理よりフラミンゴが印象に残っていて、「フラミンゴを見てきた!」という気持ちになっています。

レストランで食事しただけで、レジャーに出掛けた感覚になるので、メヒコのフラミンゴ館はコスパが良いと思いました!


ブログランキングにも参加しています。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がります。
体験談やアレルギー対応食品を探している方に見つけてもらう機会に繋がります。


【店舗情報】シーフードレストラン「メヒコ」守谷フラミンゴ館

公式HP:http://www.mehico.com/index.html
守谷フラミンゴ館:http://www.mehico.com/shop/flamingo5.html

住所:茨城県守谷市立沢988-1
電話:0297-46-1700
営業時間:AM11:00 ~ PM10:00 (PM9:00オーダーストップ)
客席 :120席
駐車場台数:40台
クレジットカード、電子決済:可
アクセス:常磐自動車道「谷和原I.C」より約15分

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください