【アレルギー児のお菓子】小麦や乳成分を含む「グミ」もあるから要注意!

「グミ」は、食物アレルギー児にとって欠かせないお菓子の1つです。

食品スーパーのお菓子売り場、コンビニ、病院の売店などで必ず売っているので、持ってくるのを忘れても出先で購入することができます。

食物アレルギーがあると、お菓子コーナーで買える選択肢は少ないですが、アレルギー特定原材料7品目を含まない商品も多く、「好きなの選んでいいよ」を言える数少ない製菓カテゴリです。

今回は息子が、毎日食べているお菓子「グミ」について語ります。

アレルゲン表記も明確、持ち歩きやすいタイプが多い

<集めると季節感があって面白い!>

息子は、食物アレルギー。小麦・乳・ゴマ・ナッツ類のアレルギーがあります。

息子でも食べられるグミは、いつも大量に常備。その数、常に10種類以上。小袋の数にして、20~30袋はあります。

小麦・乳アレルギーの場合、市販品で食べられるお菓子は少ないのですが、グミは息子の該当アレルゲンが不使用である場合が多いです。

※(後述しますが)「乳成分」を含むグミはあります。中には「小麦」を含む驚きのグミもあるので要注意。

他のお菓子に比べると、アレルゲン表記も明確な商品が多いです。

参入メーカーに大手企業が多いから?

原材料表記欄とは別に、アレルギー特定原材料等27品目の表記欄が設けられている商品が目立ちます。(メーカーでは順次、28品目表記に切り替え中)

パッケージ裏面を見ると、太線で囲まれた中に「大豆・ゼラチン」など、目立つように書かれています。

息子には少しずつ、このアレルゲン表記欄を自分で確認するように教えています。

グミは小袋や個包装タイプが多く、一度に食べ切れない容量であっても、保存用ジッパー付きの袋が使用されています。

グミは、ストックにも持ち歩くにも、とても便利なお菓子です。

個包装は、”配る”にも便利!ハロウィンやパーティーにも活躍

グミには、個包装タイプがたくさん入ったパッケージ商品も多いです。

一度に食べ切れる少量タイプのグミが、たくさん入っているので、自分で食べるだけでなく、お友達に配る時にも便利です。

グミは、7大アレルゲンが使用されていない商品が豊富なので、みんなで一緒に集まって食べるお菓子としても、準備し易いです。

ハロウィンのトリック・オア・トリート・イベントや各パーティーで、大きなバケツに盛ったり、宝探しのごとく”グミ探し”で盛り上がったり、工夫次第で大活躍です。

人気のキャラクターや三角型のかわいいパッケージに入ったもの、個包装によって絵柄が違うもの、ユニークな食感や味のもの等、豊富に揃えるほど楽しいですよ。

食べきりサイズは箱買い!ローリングストックにも

上の写真は、1袋17gの「ポケグミ」です。

個包装の容量が15g前後は、食べきり”サイズ。開封して一度に食べ切れる量です。

食べ切りサイズのグミは、外出先おやつとしてはもちろん、ローリングストックの1つとして、箱買い&消費を繰り返しています。

「ポケグミ」は、いつも箱買いです。

【ポケグミ】ジューシーな果汁100%、5種類の味が楽しめる

お勧めグミの1つ「ポケグミ」は、味ごとに違う、パッケージのキャラクターが可愛いです。

味は、「ぶどう・りんご・マスカット・いちご・もも」の5種類。

細かいことによく気が付く息子はいつも、メインキャラクターの足元にいる”小さい子”の表情に着目しています。

ポケグミに顔を付けたようなキャラクターです。開封前に、パッケージを眺めるのもグミの醍醐味、面白いですよ。

「ポケグミ」には、「大豆・もも・ゼラチン」を含みます。

アレルギー情報(アレルギー特定原材料等27品目)は、外箱だけでなく、1つ1つの小袋にも明記されています。

外箱を捨てても、小袋だけを持ち歩いても、含有アレルゲンが明確なので安心です。

春日井製菓株式会社
http://www.kasugai.co.jp/product/gummycandy/

私は、アレルギー対応食品や調味料など、ほとんどの食品を生協の宅配で購入しています。使用請求やお試しキャンペーンもあるから、気になる方は試してみて下さいね☆
アレルギー対応商品が自宅に届いて便利【生協の食材宅配サービス パルシステム】

【コープデリ】不在時も玄関先までお届け! 生協の宅配サービスお申し込み
【おうちコープ】おうちでおためし6品無料キャンペーン

【果汁グミ】元祖お勧め!季節ごとのフルーツ味、期間限定を楽しんで

思い返せば、息子のグミ生活は、ここから始まったのかもしれません。

子供に食べさせるお菓子だから、「果汁100」だと良さそう。パッケージ表面には、いつも美味しそうなフルーツの写真…

そんな気持ちで、アレルギーっ子のために最初に買ったグミ。それが明治の「果汁グミ」でした。

今でも、「みかん」「ぶどう」の定番から、季節ごとに新登場する「もも」「いちご」、期間限定の「パイナップル」「キウイ」まで、いつも買っています。

最近では、鉄分入り、カルシウム入り、コラーゲン入り…など、ワンランク上のタイプがあります。

これがまた、甘酸っぱくて美味しい。かなり(大人にも)お勧めです。

「果汁グミ」もアレルギー情報が明確です。アレルギー特定原材料等27品目は、目立つように太線枠の中に書かれています。

アレルゲン「ゼラチン」の他は、グミの味によって変わりますので、各自でご確認下さい。

「果汁グミ」は1袋50g前後で、一度に食べ切るには多い内容量です。

パッケージは、ジッパーで密閉できるタイプなので、残り分を一時保存できます。

息子は、一度に7粒ずつ。次に食べる時は、7粒か8粒が残っています。

「果汁グミ」の個数は、1袋に約14~15粒と言えるでしょう。

【無印良品】MUJIグミは春日井製菓のポケグミ!?

無印良品「果汁100%グミの「マスカット」と「りんご」

もう1つのお勧めは、食品スーパーやコンビニではなく、「無印良品」からピックアップ。

「無印良品」はアレルギー対応お菓子の宝庫!植物油脂の正体は?

2019/05/07

無印良品のグミは、「果汁100%」を謳っています。

パッケージはシンプルですが、裏面のアレルゲン情報はしっかり明記してあります。

大きめの字で書かれていて、アレルゲンごとに四角で括られ、英字表記もある、分かりやすいです。

製造所は、春日井製菓株式会社。これって「ポケグミ」のメーカーです!

ジューシーで美味しいのは当然。別の記事にて、”比較分析”しました。

グミ比較!無印良品の果汁100%グミの正体はポケ○○だった!

2019/05/28

【変わり種・ユニークなグミ】嬉しいことも困りごとも…

味・形・食感が、特徴的な面白いグミも豊富です。

上の写真は、ロッテの「スイカ&メロンバーグミ」です。

1つ1つが、スイカバーの形をしています。子供なら、アイスの棒の部分を持つように、グミを持って食べるでしょう。

アイスのスイカバーは、小麦・乳成分を含むため、息子は食べられません。

スイカバー&メロンバーグミには、”チョコ種”はなく、「小麦・乳成分」が不使用です。

グミ1つは、とても小さいのに、種の点々まで再現されたフォルム、スイカバーにも登場する「すいかばマン」、メロンバーのかばメロちゃんも健在です。

アイスがダメでも、こっちのスイカバー&メロンバーを食べることができて、嬉しい気持ちでした。

親としてちょっと困るのが、ブロック系のグミです。

UHA味覚糖の「つむグミ」は、パッケージ写真を見るからに、積んで遊べるブロックグミ。

子供は、グミでブロック遊びを始めます。

「食べ物で遊ばない」といつも教えているのに、この一貫性のなさに戸惑っています。

つむグミで「遊ぶな」はキツイ。

「つむグミ」は積んで遊んでいます。

他にも、食感がユニークなハード系、もっちり系など様々なグミがあります。

アレルギーっ子の食生活を賑やかにしてくれるのが、嬉しいですね。

乳アレルギーなら「乳成分」に要注意!グミなのに「小麦」入りもある!

アレルギー児でも食べられるお菓子として、グミはお勧めですが、「グミなら食べられる」と認識するのは危険です。

グミにも「ヨーグルト味」や「○○ミルク味」が存在するように、乳成分を含むグミはけっこうあります。

一見、大丈夫そうな商品でも、乳成分を含む商品があります。

他のメーカーや他の商品ブランドで、同じような味が大丈夫でも、別の商品ではアレルゲンを含む場合があります。

A社のソーダ味が食べられるからと言って、B社のソーダ味が食べられるとは限りません。

私はこれで、息子が手に取った商品を棚に返させる経験を、何度もしました。

原材料とアレルギー情報は、その都度、必ず確認しましょう。

最後に、愚痴も込めて言いたいのは、グミなのに「小麦」を含む商品がある!ということです。

小麦を入れなくても、グミは作れるでしょう。

グミに小麦を入れるのは、止めて欲しいです。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


9月3日は、「グミの日」だそうです★

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください