授乳中に入院!気になる入院中の搾乳方法、入院後の授乳再開について

息子が生後2か月の時、子宮全摘手術を受けるため、5泊6日の入院をしました。

子宮がんで子宮全摘手術。子宮がなくても母乳は出るか、授乳できるか。

2018/03/30

手術が無事に終っても、うかうか寝ていられない!私は、授乳中の体だったからです。

入院後(退院後)の授乳対策として行った「入院中の搾乳」に関する体験記をまとめました。

搾乳は3時間毎!ベットの上で開始!

点滴や計測器具などの管に繋がれた状態でしたが、おっぱいが張ったタイミングはもちろん、3時間に1度の搾乳を開始しました。

1時間半くらいの間隔で、毎日夜中に授乳のために起きていたため、3時間毎に起きることは簡単でした。

問題は、不便な環境下での搾乳です。

いつもの便利が入院中は不便!な搾乳器

持参したのは、普段使っていたピジョンの搾乳器です。

使い方には慣れていたのですが、溜まった母乳の処分に関して、問題がありました。

ピジョンの搾乳器は、ママに人気の「母乳実感哺乳瓶」という哺乳瓶の瓶部分が、共用仕様になっています。

搾乳器から外して母乳実感乳首を付ければ、そのまま哺乳瓶になるというものです。

しかし、入院中の搾乳器としては、この哺乳瓶が不便でした。

搾乳して哺乳瓶に溜まった母乳は、薬などが入った使えない母乳で、捨てるしかありません。

捨てた後、使って汚れた哺乳瓶を洗わなければなりません。

洗うということは、点滴を引きずりながら洗面所まで歩いて行く必要があります。

術後の体で、片手に点滴、片手に汚れた搾乳瓶と洗浄道具を持ち、何度もそれをすることはとても大変でした。

また、大部屋だったため、室内の洗面所、まして夜中の搾乳後の真夜中の水音は、同部屋の他の患者さん達に迷惑をかけてしまいます。

ビニール袋で自己流エコ搾乳器に改造

搾乳器には、付属の哺乳瓶ではなく、持参したビニール袋を使うことにしました。

ビニール袋を下からかぶせて、輪ゴムで括りつけました。輪ゴムは、看護師さんから1つ頂きました。

しかし、母乳がビニールに溜まってくると、母乳の重さで、輪ゴムが外れて下に落ちてしまいました。

そこで、たまたま持参していたジップロックの保存容器(食品などを入れて密閉できる、蓋つきの入れ物)の容器部分を受け皿として活用しました。

ベッドで座っている自分のモモの上に、容器を置き、そこに自己流搾乳器のビニール袋を置く感じでやりました。

容器がなくても、母乳が入ったビニール袋をうまく足で支えられる場合は、容器は不要です。

私は、途中で疲れたり、足を動かしたり、片足を交互に立膝にしたり、安定しない態勢だったため、ビニール袋を足に置いただけではうまくできませんでした。

自分が動いた時に、ビニール袋が搾乳器から外れてしまうのです。

容器でビニール袋を支えると、自分が動いても、容器がグラグラするだけで、母乳が入ったビニール袋が外れずに済みました。

「捨てる母乳」の搾乳のために用意するもの

  • 搾乳器の搾乳部分
  • ビニール袋(搾乳回数分)
  • 輪ゴム(1つ)
  • ビニール袋の受け皿になるもの(1つ)※底が平らで、側面があり、落ちても割れないもの

搾乳した母乳の処分方法

搾乳が終わった後、外したビニール袋を捨てるだけ。

とても楽チンになりました。

ビニール袋に溜まった母乳を見て、赤ちゃんにあげることができない複雑な想いがありましたが、早く退院しておっぱいをあげよう、その一心で頑張りました。

搾乳器にビニール袋を使う利点

すぐに捨てられる事が一番の利点ですが、もう1つ、母乳の状態が分かりやすいというメリットがありました。

ビニール袋は、溜まった母乳も見やすく、ぷにぷに触ることもでき、量も直観的に分かりやすい。

そのため、ビニール袋の口をしばる時に、「昨日よりも量が増えてる!」「なんか黄色っぽい。水分が足りないか?」など、母乳の状態を観察するには良い機会でした。

搾乳しても捨てるだけ、という入院中の搾乳は、ビニール袋が役立ちました。

※入院中に搾乳した母乳は、捨てるだけ。フリーザーパックではなく、普通のビニール袋で大丈夫です。

入院中の搾乳器は、電動より手動がお勧め

入院する部屋が個室の場合は、それほど気にしなくて大丈夫だと思いますが、数人で1つの部屋を共有する大部屋の場合は、カーテン越しとはいえ近隣ベッドの音が気になります。

そこで、搾乳器の電動音が鳴り響くのは避けたい。

婦人科で入院している場合、同じ部屋には、妊娠・不妊・出産トラブル・母乳・子宮など、様々な事情で入院しているはず…。

皆それぞれ、望む何かができなくなった悩みを抱えているかもしれないから、母乳を搾乳していること自体、人目につかないように気を付けました。

自分が搾乳していることが分からないように、入院中の搾乳はサクっと手動がお勧めです。

搾乳器はたとえ手動でも、レバーを引く時に「カシュッ、カシュッ」と若干、音が発生します。深夜の搾乳は、特に気を付けました。

入院後(退院後)の授乳再開

5泊6日の入院期間中、3時間おきに搾乳を続けた結果、退院して帰宅後、すぐに授乳を再開することができました。

退院するタイミングでは、24時間以上前から抗生物質などの薬は服用しておらず、体内に薬は残っていない状態でした。

帰宅してから、授乳を再開しても問題ないか医師に確認したところ、母乳に影響はないから大丈夫とのことでした。

帰宅後、すぐに母乳を再開しました。

母乳時間は20分!
けっこう飲みました。

入院期間中も搾乳で母乳は出ていたので、母乳が出ること自体は分かっていましたが、出ている母乳の量が分かりませんでした。

まずは母乳後にミルクも追加しました。グビグビ飲んだミルクの量は、100ml入れた哺乳瓶のミルクが1/3ほど残っていたので60~70mlかな。

授乳中の我が子の顔を見ながら、いつもの生活に戻れたことに感謝しました。


ブログランキングにも参加しています。【人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください