【アレルギー児の七五三】まさかの”小麦粉”入りも!乳成分は当たり前の千歳飴

乳アレルギーがあると、ほぼ食べられない「千歳飴」。

息子は、小麦・乳・ごま・くるみ(ナッツ)アレルギー。

驚きの事実と共に、「千歳飴」について語ります。

アレルギー有無関係なく配られる七五三の「千歳飴」に注意!

息子が通う保育園では、毎年11月になるこの時期に、七五三のお祝いを兼ねて「千歳飴」が配られます。

保育園では、子供たちが、千歳飴を入れる紙の袋を自作します。

業者から仕入れた千歳飴と一緒に、自分で作った紙袋を持ち帰ります。

保育園では、息子が食物アレルギーであることが配慮されていて、千歳飴にアレルゲンに該当する「乳成分」が含まれることを事前に確認してくれます。

先生
七五三の時に、千歳飴が配られますが、ゆきまる君は食べられないと思いますので、気を付けて下さい。

だから、千歳飴が配布される前日くらいに、担任の先生から「乳成分が含まれる”千歳飴”が配られる」旨の連絡があります。

息子には、「七五三の飴は、牛乳入り」と教えてあるので、保育園からもらって帰ってくると、食べられるか聞くまでもなく、私にすぐに差し出します。

昨年、写真スタジオで七五三の写真撮影をした時も、「千歳飴」をもらいました。

食物アレルギー有無に関係なく、七五三のお祝いとして”千歳飴”が配られる文化&風潮ですから、アレルギー児にとっては注意が必要です。

自分だけ食べられなくて泣く子もいると言うから、事前の言い聞かせが大切です。

こういうことで「言い聞かす」という時点で、何か違う気もするが、置いておき。

乳アレルギーの厳しい現実!千歳飴に「乳成分」は当たり前

「乳成分」が含まれる千歳飴
お馴染み「全粉乳」の文字

千歳飴の原材料表示を見なくても、このクリーミーな色合いを見れば、察しが付きます。

原材料には、必ずと言っていいほど、「全粉乳」の文字が並びます。

千歳飴には、100%に近い確率で、乳成分が含まれています。

だからと言って、誕生日やクリスマスのケーキのように、手作りで代替えするか?

・・・なかなか、千歳飴をわざわざ手作りって、しませんよね。

乳アレルギー児には、ハードルが高い食べ物です。

驚きの”小麦粉”入り千歳飴も!小麦アレルギーなら金太郎飴はNG

金太郎飴本店の千歳飴

ところで、こちらをご覧ください。

これは、金太郎飴本店の「千歳飴」です。

乳成分が使われていない!という嬉しい情報を入手。それが、金太郎飴本店の千歳飴なのですが・・・。

こ、小麦粉!?

なんと、まさかの飴に小麦粉。

千歳飴に、小麦粉が含まれています。

小麦アレルギー児は、食べることができません。

乳成分ばかりに気を取られて、原材料のアレルゲン見落としにも注意が必要です。

息子は、「小麦&乳」のマルチアレルギー。私はここで愕然としました。

・・・が、世の中の乳アレルギーっ子の大半は、小麦アレルギーではないと思いますので、一部の乳アレルギーっ子にとっては朗報!!ですね。

前向きに言うと…
金太郎飴本店の「千歳飴」なら、”乳成分”は不使用です。

※原材料は、同店・同商品でも年度や製造の過程で変わることがあります。必ずご自身で、含有アレルゲンを確認して下さい。

【追伸】
金太郎飴は、その製造の過程を調べて見ると、飴を切る時に「手粉(小麦粉)」を付けてコロコロ転がし、切っていました。

小麦アレルギーの方は、千歳飴に限らず、細心のご注意を!!

小麦も乳成分も不使用の「千歳飴」を探してみた!

というわけで、マルチアレルギーの息子にとっては、かなりハードルの高い七五三の「千歳飴」事情。

息子にとって、保育園生活「11月」は、今年で最後。七五三の写真は昨年、撮り終わりました。

今後は、「千歳飴をもらうシチュエーション」は激減すると思いますが、後世に続く、小麦&乳アレルギーっ子のために、『小麦も乳成分も不使用の千歳飴』を探してみました。

岩井製菓の千歳飴「白・赤」以外

京の飴工房・岩井製菓の千歳飴は、定番の「白・赤」以外に、「黄・紫・緑」があります。

残念ながら、「白(ミルク味)」と「赤(苺ミルク味)」の千歳飴には、「全脂粉乳」が含まれているのですが、原材料表示をよーく見ると、「黄・紫・緑」の千歳飴には、小麦も乳成分も不使用です。

岩井製菓の千歳飴の原材料
● 黄(白ライン):レモン味
グラニュー糖、水飴、クエン酸、香料、天然着色料(ウコン色素)
●紫(白ライン):グレープ味
グラニュー糖、水飴、クエン酸、香料、合成着色料(赤106・青1)
● 緑(白ライン):抹茶味
グラニュー糖、水飴、抹茶

食べられる色(味)の千歳飴だけ購入して、七五三のお祝い品として使うことができます。

※原材料は、必ずご自身でご確認下さい。

榮太樓總本鋪(えいたろう)の千歳飴

東京日本橋の老舗「榮太樓總本鋪」(えいたろう)の千歳飴が、イチオシか。

千歳飴の定番カラー「白」「赤」でも、乳成分は不使用です。

原材料が実にシンプル!

アレルギー特定原材料等27品目が使われておりません。

えいたろうの千歳飴の原材料
●白:
水飴、砂糖、でんぷん
●赤:
水飴、砂糖、でんぷん、野菜色素

スゴイでしょう?

この原材料のシンプルさを見て、私は一気に「えいたろう」ファン。

※原材料は、必ずご自身でご確認下さい!


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

榮太樓總本鋪では、我が家でお馴染みの「ひとくち羊羹」も扱っていると知りました。

「おもかげ」知ってる?とらやの小形羊羹はねっとり絶品、アレルギー特定原材料等不使用!

2018/07/03

井村屋「招福羊羹」で運だめし!アレルギー物質等27品目不使用・開運おみくじ付き☆

2019/01/08

しかも「からだにえいたろう」と題して、糖質を抑えた「大人向き」の羊羹まで扱っている!

今後は、「ひとくち羊羹」コレクションに、”榮太樓の羊羹”も取り入れようと思います。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください