食物アレルギーっ子4歳の東京ディズニーシー体験記。ソルト味ポップコーン!低アレルゲンメニュー!

【初めてのディズニーリゾート】小麦・乳・ゴマ(ナッツ未摂取)アレルギーっ子の東京ディズニーシー体験談ブログ。

東京ディズニーシーに行ってきました。

アレルギー児・発達凹凸児・4歳の息子にとっては、初めての東京ディズニーリゾートです。

今回のディズニーリゾートの旅は、1日目に東京ディズニーシー、2日目に東京ディズニーランドです。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」に1泊します。

東京ディズニーシーで過ごした「長~い1日」をレポートします。


【じゃらん】東京ディズニーリゾート オフィシャルホテルを予約OK!

目次

土日祝日の午後3時から入園できる「スターライトパスポート」を購入

東京ディズニーシーに行くのは日曜日。混雑が予想される日曜日という条件に加えて、”煽られて急ぐのが極度に苦手”な4歳児を連れて、午前中から入園するのは無理だと判断しました。

そこで事前に、地元のローソンで、日付指定の「スターライトパスポート」を購入しました。スターライトパスポートは、土日祝日の午後3時から入園できるチケットです。

大人5,400円、小人3,500円です。1デーパスポート(大人7,400円、小人4,800円)を購入するよりは、節約できました。

2018年7月20日(金)までは、通常の1デーパスポートよりお得な「首都圏ウィークデーパスポート」も利用できますが、平日限定であるため、こちら翌日(月曜日)の東京ディズニーランドで利用することにしました。

パーク入園より先に、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにチェックイン!の理由

東京ディズニーシーには15時から入園が可能なため、15時前に宿泊先である「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」に到着しました。

東京ディズニーシーで遊んだ後は、夜遅くなると予想し、先にチェックインを済ませました。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイに宿泊!発達凹凸アレルギーっ子のディズニーリゾート旅行記

2018.06.22

遊んで疲れた4歳児(感情のコントロールが苦手なグレーゾーンっ子)を連れて、しかも夜に、チェックインを待つ行列に並ぶのは困難!と判断したからです。

ディズニーシーの入園可能時刻15時を過ぎてしまいましたが、この判断は正しかったです。

15時頃のロビーも、チェックインを待つ宿泊者達で行列でしたが、案の定、ディズニーシー閉園時刻前後の21時~22時もチェックインカウンターは行列だったからです。

チェックインを済ませたため、荷物も部屋に置いて出掛けることができます。

ディズニーリゾートラインの「ベイサイド・ステーション」へ

ディズニーリゾートラインの「ベイサイド・ステーション」は、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの目の前です。徒歩1分の好立地です。

私たちは、歩いて「ベイサイド・ステーション」に向かいました。

無料送迎バス(上の写真に写っているミッキー仕様のグレーのバス)も出ています。バスに乗っても1分くらいで到着します。

徒歩の場合はホテル1階から、無料送迎バスを利用する場合はホテル2階から出ます。

ディズニーリゾートラインは、1日券もありますが、ホテルとパークの往復だけなら普通に「1回券」(大人260円、未就学児無料)を都度購入した方が安いです。

期間限定のかわいいキャラクターデザインのフリーきっぷ、回数券、団体券などもあります。詳細はディズニーリゾートライン公式ページ「運賃・きっぷについて」でご確認下さい。

自動改札なので、「PASMO」「Suica」「manaca」等のICカードが使えます。

小さな子供と手をつないで歩いて行動する場合、切符を買ったり改札を通ったりという1つ1つの行動が何気に大変です。普段から携帯していた「PASMO」が役立ちました。

ディズニーリゾートラインで「東京ディズニーシー・ステーション」へ

「ベイサイド・ステーション」から「東京ディズニーシー・ステーション」までは、一駅です。

 

ディズニーリゾートラインは、黄色ラインや薄ピンクラインのノーマルな車両と、35周年の華やかなデザインの車両が走っていました。

「ほら!ミッキーのモノレールだよ。」息子に教えてあげました。

発達凹凸っ子である息子は、ミッキー仕様の乗り物に喜ぶというよりも、「さっきと色が違うやつが走ってるね。」「線路が1つしかないね。」「ミッキーの声は聞こえないね。」・・・と、状況観察という感じでした。

大人の私は、ホームでモノレールを待っている時、ミッキー達がペイントされているTDR35周年デザインの車両がホームに入ってきたので、限定デザインの車両に乗車できて嬉しかったです。

4歳児の息子は、TDR35周年デザインだと、外の景色を見る時に、窓の文字「Happiest Celebration!」が邪魔をしてイヤそうでした。

すぐに「東京ディズニーシー・ステーション」に到着しました。

もう夕方、17時近くです。ステーション周辺は空いていました。

【東京ディズニーシーで荷物チェック】アレルギーっ子は、おやつ持ち込み可能!

【東京ディズニーリゾートのアレルギー対応まとめ】持ち込み問合せ、低アレルゲンメニューの提供レストラン一覧と注文方法

2018.07.02

おやつの持ち込みについては、事前に問合せました。

いざ当日は、息子用の果汁グミだけ、リュックに忍ばせました。

荷物チェックできちんと申告、「構いませんよ」のOKサインでした。

食事は、低アレルゲンメニューが用意されているレストランが多いことは調査済みだったので、園内のレストランで食事をする予定です。

いよいよパークイン!入園です。

宇宙好き4歳児が東京ディズニーシーの象徴「地球」に喜ばない理由

ゲートを抜けると、見えてきたのは、東京ディズニーシーの象徴「アクアスフィア」、そうあの地球のシンボルです。

宇宙好きの息子は、さぞかし喜ぶだろう…と振り向くと、あれ?様子がおかしい。

耳をふさいで立ちすくんでいるではありませんか。

そうか、ごめんね、この音か。すぐに理解しました。


世界にひとつだけのテディベア☆ダッフィーコスチューム&テディベア通販アリス

発達障害(主にアスペルガー症候群)には、音や匂いに過敏に反応してしまう過敏症が認められる特徴がある通り、グレーゾーン域の息子は「聴覚過敏」「嗅覚過敏」があります。

東京ディズニーシー園内は、所々で大音響!!アクアスフィア周辺は、音響がすごい。音響に加えて、ここで写真撮影しようとするゲスト達の興奮した悲鳴にも似た大声が飛び交っています。

普通なら、これでテンションが上がって、さあパーク中心部へ突き進もう!という場面ですが、この音響は、息子にとって不安を煽る何者でもなかったようです。

「大丈夫だよ。大きな音がするね。あっちへ行こうか。」手を取って、”地球”から離れ、建物がある端の方へ行きました。

初めての所、知らない場所、ザワザワ感。これが息子の聴覚過敏を助長するため、安心させることが重要です。

東京ディズニーリゾートに詳しくない家族の東京ディズニーシー行動プラン

私たち夫婦にとっては、久々の東京ディズニーリゾート。東京ディズニーシーに来たのも何年ぶりでしょう…。

しかも、事前に何も調べていない、入園ゲートでもらえるガイドブックも取り忘れて、ゲートに戻る失態ぶりでした。



夫婦そろって、どこへ行けばいいか何からしていいか分からない、ダメダメ状態です。「切り替えが苦手」「その場から去るのが苦手」の4歳児を連れて、ファストパスの指定時間に縛られることも無理だろう・・・。

とりあえず低アレルゲンメニューがあるレストランの場所だけ把握して、あとは夕食の時間帯が来るまで、息子が興味ありそうなスポットを周遊しようと決めました。

そこで事前に準備しておいた、「低アレルゲンメニューのあるレストラン」メモを取り出し、ガイドマップ(地図)を広げて照らし合わせた時、トラブル発生!

東京ディズニーランドのレストラン一覧でした・・・。


【一休.com】で東京ディズニーリゾートのホテルを探す

東京ディズニーシー「ゲストリレーション」でインフォメーションブックをもらう

こんな時、分からない人が分からない事をガイド広げて調べるより、詳しいプロ(=キャストの方)に尋ねた方が断然早いです。

ゆきこ
低アレルゲンメニューがあるレストランを知りたいのですが、まだレストランは決めていない状態なんです。一覧をもらう事は可能ですか?
TDSキャスト
あちらにゲストリレーションという窓口がありますので、そこで情報がもらえますよ。

入園ゲートから入って来て、前方に「アクアスフィア」が見える立ち位置のまま、右方向を見ると、赤枠のガラス扉の建物が見えます。ここがゲストリレーションです。

ゆきこ
低アレルゲンメニューがあるレストランの一覧を頂きたいのですが。
ゲストリレーション
お食事に制限があるお客様ですね。こちらの冊子に掲載されております。

パーク入園時に手にするガイドマップよりも、分厚い「東京ディズニーリゾート・インフォメーションマップ」という冊子をもらいました。

24ページに東京ディズニーランド、25ページに東京ディズニーシーの低アレルゲンメニューを提供しているレストランが掲載されていました。

そして後から気が付きましたが、パーク入園時に手にするガイドマップにも、地図が載っている紙面の裏側に「レストランガイド」が掲載されていました!

低アレルゲンメニューを提供しているレストランは、ガイドマップーレストランガイドー「提供サービス」欄に、ハートマーク(2018年6月現在、低アレルゲンメニューを現すマーク)が付いています。

これでアレルギーっ子でも利用できるレストランが、事前に特定できる状態で、一安心です。

【東京ディズニーリゾートのアレルギー対応まとめ】持ち込み問合せ、低アレルゲンメニューの提供レストラン一覧と注文方法

2018.07.02


【メディテレーニアンハーバー】ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シーに遭遇

時は夕刻、17:00です。

エンポーリオ(パーク内最大のグッズのお店)等が立ち並ぶ建物のアーチを抜ると、東京ディズニーシーのもう1つの象徴とも言えるメディテレーニアンハーバーとプロメテウス火山が見えてきました。

しかし、何でしょう、メディテレーニアンハーバーに近づくにつれて大きくなっていく、この大音響は。既に耳をふさいでいる聴覚過敏の息子が心配です。

分かりました。メディテレーニアンハーバーの人気ショー「ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー」の真っ最中なのです。

ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー
祝祭感あふれる華やかなコスチュームを着たミッキーマウスたちとダッフィー&フレンズが、リボンなどの装飾が施された船に乗って登場します。
2018年4月15日(日)~
公演予定時刻:14:15 / 16:45(2018年6月の月間スケジュールより)
場所 / 公演時間:メディテレーニアンハーバー / 約10分
タイプ:屋外、水上

駆け寄って人気のショーを見たい気持ちも若干ありましたが、息子のケアが優先です。大音響の正体が分からないと不安が収まらず、ずっと耳をふさいだままなので、まずは安心させることが先決です。

「ほら見てごらん。本物のミッキーとミニーが船の上にいるよ。今、船でダンスしているから、とっても大きな音なんだ。」

すると、息子は耳をふさぎながらも、「どこ?本物の動くミッキーはどこ?」と言って、背伸びして、船の上のミッキーとミニーちゃんを見ようとしていました。

ゆきこ(母)
(抱っこしてあげて)見えた?
ゆきまる
うん。ミッキー動いているね。
ゆきこ(母)
静かな方に行こうか?
ゆきまる
うん。

メディテレーニアンハーバーから少し離れて、会話がもう少し聞こえる場所に移動しました。

フォートレス・エクスプロレーションで星座より大砲に出会って退散

迷路のような要塞があって、そこに振り子時計のような物と星座が見える天井があったはず・・・。記憶とガイドマップを頼りにたどり着いた、フォートレス・エクスプロレーション。

フォートレス・エクスプロレーション
迷路のような要塞やガリオン船を探索。
冒険や発見に沸いた大航海時代のフォートレス(要塞)や停泊中のガリオン船の中を自由に歩いて探険しましょう。
展望台や大砲、さまざまな航海用具などを自分で操作することができます。

しかし、息子と一緒に、細いらせん状の階段をのぼりながら、探検気分だったのは良いのですが、屋上に行き着いてしまい、何やら嫌な予感が・・・。

ドーン!ドーン!!音がデカすぎる・・・バズーカ砲?

そこには大砲があり、紐を引っ張ると大きな音をたてて煙が出る(大砲を打った想定)のです。何人もが同時に数台の大砲を打っているものですから、音がすごい。

案の定、「こわい、こわい」と言って、近づこうともしません。すぐに退散しました。

見せたかった星座の天井が、どこにあるかよく分からず、ここか?と入った所は、予約制のレストラン(恐らく「マゼランズ」)の入り口で、「お席はお決まりですか?」と入口で捕まってしまいました。

息子も、その場を離れたい感じだったため、もう探索はやめて、メディテレーニアンハーバー・エリアを離れました。


宿・ホテル予約なら!国内旅行予約は
るるぶトラベル

【ミステリアスアイランド】洞窟を走り抜けて秘密研究所を偵察

息子がようやく笑顔を取り戻し、元気に走り出したのは、ミステリアスアイランドの秘密の洞窟。

暗闇を怖がるかも?の予想に反して、あちこちに似たようなトンネルがある洞窟が面白かったらしく、何度も行ったり来たり走り抜けていました。

水族館気分で「海底2万マイル」に乗れれば、息子も喜ぶかな?と内心思っていましたが、遠くからでも分かる、すごい待ち行列です。

それもそのはず、「海底2万マイル」はファストパス対象のアトラクションだし、この日は日曜日。ファストパスも取得していないファミリー、しかも息子連れで60分以上の待ち時間を並ぶのは無理、瞬殺で諦めました。

海底2万マイル
小型潜水艇に乗って神秘的な海底探索の任務を体験。
かつて高度な文明を誇り、海底に沈んだとされるアトランティス大陸。一説によると人々は生き延び、水中の環境に適応していったというのだが…?!
新しくサーチライトが装備され、よりパワーアップした小型潜水艇に乗り、驚異と冒険に満ちた海底の旅に参加しよう!

【マーメイドラグーン】埋め込まれた貝殻と宝石さがしに夢中

ミステリアスアイランドの同靴を抜けて、マーメイドラグーンにやって来ました。アリエルのお出迎えです。

長い時間を費やしたのが、トリトンズ・キングダム(マーメイドラグーンの屋内施設)でもアトラクションでもなく、野外の装飾壁の周辺です。

マーメイドラグーンは、エリア全体がサンゴ礁のようなかわいい感じです。カラフルな貝殻や宝石やタイルが埋め込まれた装飾壁がたくさんあり、息子はこれにハマったようです。

「巻き貝だ!」「かたつむりだ!」「ここにもある!」と、喜んでいました。

小さな物を発見するのが得意な息子には、装飾壁1つ1つがアトラクションだったようです。

私も発見!アリエルがデザインされたタイルをたくさん見つけました。(これをデザインした人、作った内装業の人がすごいと内心思いながら。)

【初めてのアトラクション】クラゲ好きがジャンピン・ジェリーフィッシュでアップ&ダウン!

せっかくなので、装飾壁に夢中の息子をうまく誘導しながら、トリトンズ・キングダムへと入って行きました。

野外に比べて静かだし、子供が遊べる場所もあり、もう少し早くここに来ればよかったと思いました。

ゆきこ
クラゲに乗ろうか?
キャスト
ただ今、10分ほどでご案内できまーす。

ということで、主人を待たせて、2人乗りの「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」に乗りました。

ジャンピン・ジェリーフィッシュ
貝がらに乗ってクラゲと一緒にアップ・ダウン!
ふわりふわり、海中をただよう不思議な体験。貝がらに乗り込み、カラフルなジェリーフィッシュ(クラゲ)たちと一緒にアップ&ダウン!
その他の情報:2人乗り

息子は、クラゲが大好きです。しかし、乗る前から耳をふさいでいたので、何か怖かったんだと察しました。

ゆきこ(母)
何か怖かったの?
ゆきまる
最初に音がするのが怖かったの。

安全バーが下がる時と、発車するときの「ガチャン!」という音が怖かったようです。

地上に出ると、既に18:30をまわっていました。

一番近いレストランで夕食にしようと思いました。しかし、マーメイドラグーンのレストラン「セバスチャンのカリプソキッチン」には、低アレルゲンメニューがありません。

そこで、まだ行っていない、隣のエリア「ロストリバーデルタ」に向かいました。

ソルト味ワゴン見つけた!小麦・乳アレルギーっ子でもポップコーン!

マーメイドラグーンからロストリバーデルタに向かう途中、ポップコーンワゴンに出くわしました。

「ポップコーン食べたい」とアレルギー児である息子が言うため、ポップコーンワゴンに書かれた「味」を確認。

ラッキー!『ソルト味』です。

ちょうど通りかかったポップコーンワゴンが、小麦・乳アレルギーっ子でも食べられるソルト味とは、なんてラッキーなのでしょう。

ポップコーンバケツは付けず、中身だけのレギュラーボックス(単品)を1つ購入しました。税込み350円です。

持参した「スーベニアポップコーンケース」が、初めて大活躍。ポップコーンで片手がふさがってしまうと不便なので、首からぶら下げられるポップコーンケースは、子連れには大変役立ちました。

歩きながら食べるポップコーン、息子はとても嬉しそうに食べていました。

改めて言いますが、この時、夕食のために移動中、もうすぐ夕飯です。

【ロストリバーデルタ】ユカタン・ベースキャンプ・グリルで低アレルゲンメニューを注文

ポップコーンを食べながら、ロストリバーデルタにやってきました。

ロストリバーデルタで、低アレルゲンメニューを提供しているレストランは、「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」です。

低アレルゲンメニュー提供レストラン一覧と、低アレルゲンメニューの注文方法は、別の記事にまとめました。

【東京ディズニーリゾートのアレルギー対応まとめ】持ち込み問合せ、低アレルゲンメニューの提供レストラン一覧と注文方法

2018.07.02

この時、時刻は19時半です。辺りが薄暗くなり始めた頃に、ユカタン・ベースキャンプ・グリルに到着しました。

ユカタン・ベースキャンプ・グリル
ポークやチキンのスモーク料理など。
お子様メニューあり、低アレルゲンメニューあり
予算:1,000~2,000円(1人)

考古学者たちの野営所でお食事を!
古代遺跡発掘のための考古学本部、ユカタン・ベースキャンプ。調査だけでなく、食事目当てでやってくる人も多いので、遊び心のある考古学者たちが看板に「グリル」の文字をつけ足してしまったんだって!あなたもスモーク料理で腹ごしらえして、調査に加わってみては?

大人は、スペシャルセットを注文しました。

スペシャルセット ¥1,580

・トマトソースハンバーグ、ローストチキン、白身魚のフライ
メキシカンライスとエッグ添え
・ミニサラダ
・クリーミープリン(バニラ風味)
・ソフトドリンクのチョイス

息子は、もちろん、低アレルゲンメニューを注文しました。

かわいいミッキー型のプレートが使用されています。別料金で、スーベニアプレートに変えることができましたが、我が家は通常の(お店に返す)プレートを選びました。

ジュースもミッキー&ミニーの柄でかわいいです。

低アレルゲンメニューであることは、外見からは分からず、嬉しいです。

デザートは、ゼリーでした。

息子も、周りの皆と同じように、注文して出てきたメニューを食べられるので、なんだかウキウキした表情でした。


日本最大級の宿・ホテル予約サイト【じゃらんnet】で東京ディズニーリゾートのホテルを探す

【ポートディスカバリー】ディズニーシー・エレクトリックレールウェイで往復

食事が終わり、辺りは真っ暗。もう20時半です。

「来た道とは逆側を周りながら帰ろう!」と、ポートディスカバリー・エリアに行くと、頭上に電車が見えました。

ゆきお(父)
あれに乗りたい?
ゆきまる
うん。乗る。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ(電動式トロリー)に乗りました。

到着したのは、アメリカンウォーターフロントです。

帰ろうと思って歩いていたら、「トイ・ストーリー・マニア!」に遭遇。この日はやっていないらしく、周辺はシーンとしていました。

電飾がキレイだったので、周辺で写真撮影だけしました。

そして帰ろうと歩き始めましたが、「もう1回、電車に乗ろうか?」ということで、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ(電動式トロリー)をもう一度乗ることに。

結局ディズニーシー・エレクトリックレールウェイで往復して、元にいたポートディスカバリーに戻ってきました。

全然、帰路になっていない・・・。時刻は、21時です。

東京ディズニーシー最後に「アクアトピア」でくーるくる

もう遅くなる事を気にするのはやめました。

せっかくポートディスカバリーにいるなら、あのくるくるしたやつに乗ろう!

待ち時間は15分、息子も待てそう、3人乗り、皆で乗れる!

アクアトピア
とつぜん方向を変えたり、くるくる回ったりするウォーターヴィークル。
3人乗りのウォーターヴィークルに乗り込み、渦巻きや間欠泉、滝などが点在する迷路のようなコースを進みます。どこに進むかは予測不可能!
その他情報:補助なしで座れることが必要、身長制限なし

想像以上に、勢いよく回るので、乗り物酔いする私は、少し酔いました。

4歳の息子にとっては、少し怖かったようですが、ライド途中で渦巻きが見えて、「銀河!銀河!」と喜んでいました。

東京ディズニーシーは、東京ディズニーリゾート35周年「Happiest Celebration!」のイベント中で、歩いているとハピエストミッキースポットというミッキーの像に度々遭遇しました。

ハピエストミッキースポット
各テーマポートならではのさまざまなコスチュームを着てポーズをとっているミッキーマウスの像「ハピエストミッキースポット」が、1年間で東京ディズニーランドと東京ディズニーシー合計35体登場します。すべての「ハピエストミッキースポット」を巡ったり、お気に入りのミッキーマウスを見つけたりと、パーク全体で楽しめます。

加えて、七夕シーズン。ウィッシングプレイスというスポットがありました。ウィッシングカードに願いを書いて、結ぶことができる場所です。

「ウィッシングプレイス」が登場!
アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある桟橋には、笹などの飾りとともに、ゆかた姿のキャストが配付する“ウィッシングカード”に、夢や願い事を書いて結ぶ事ができる“ウィッシングプレイス”が設置されます。

私たちが、ウィッシングプレイスの前を通ったのは、もう良い子は寝ているはずの時間、21:45です。

今日はもう遅いので、シェラトン・グランデ・トーキョーベイに戻ります。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイに宿泊!発達凹凸アレルギーっ子のディズニーリゾート旅行記

2018.06.22

ウィッシングプレイスは、東京ディズニーランドで探そうと思います。

明日はいよいよ、子連れ初!の東京ディズニーランド体験です。(つづく)


コメントを残す