小麦・乳アレルギーっ子のカレー話。永谷園の7大アレルゲン不使用レトルトカレーを愛用!インドカレー屋さんに持参まで

アレルギー対応商品を除く一般の市販のカレールーは、小麦か乳成分、もしくはその両方が必ず入っています。

小麦・乳アレルギーである息子が、カレーライスを食べ始めたのは1歳頃から。それ以来お世話になっているカレーが、永谷園のレトルトカレー・シリーズです。

永谷園レトルトカレーは7大アレルゲン・香料着色料・化学調味料が不使用!

永谷園のレトルトカレーを買いだめ

永谷園のレトルトカレーは、7大アレルゲン不使用、香料・着色料不使用、化学調味料不使用、シリーズが豊富…と4拍子揃っています。

違うメーカーの類似商品を手に取って原材料表示を見た時、化学調味料が使用されていました。そのため、いつも永谷園のカレーを選んでいます。

永谷園レトルトカレーの27大アレルギー物質特定原材料等

永谷園のレトルトカレーで、我が家が愛用しているシリーズは、A-Label(エー・ラベル)キャラクターシリーズです。

27大アレルゲンのうち、使用されているアレルゲンは「豚肉」だけです。

小麦えびかにそば落花生あわびいか
いくらオレンジカシューナッツキウイフルーツ牛肉くるみごまさけさば
大豆鶏肉バナナ豚肉まつたけももやまいもりんごゼラチン

A-Label(エー・ラベル)は食物アレルギー配慮商品!

A-Labelは「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆」と「香料・着色料・化学調味料」を使わずにつくった永谷園の商品ブランドです。

A-Labelの商品は、食物アレルギー配慮商品です。

A-Labelのレトルトカレーは、賞味期間が製造後3年という長期保存も可能で、食物アレルギーっ子の非常食としても常備しています。

子供のためのストックなので、選んでいるのは「ポーク甘口」です。(永谷園のA-Label公式ページ



A-Labelの商品には、「ふりかけ」もあり、こちらもずっと愛用しています。

ゴマも不使用!永谷園「A-Labelふりかけ」はアレルギー配慮も小袋も嬉しい!

2018/08/27

子ども心をつかむ!キャラクター・シリーズ

永谷園のレトルトカレー

永谷園のレトルトカレーのキャラクター商品には、「それいけ!アンパンマン」「妖怪ウォッチ」「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」があります。(2018年現在)

箱パッケージの絵柄が、子供の心をつかみます。そして、開けて嬉しい!シール付き。これが子供の心を2段階で惹きつけます。


「それいけ!アンパンマン」のレトルトカレーは分包で便利!(1歳~2歳で愛用)

アンパンマンのレトルトカレー

アンパンマン・カレーは、外食が難しい複数のアレルギーを持つ息子が、最初にお世話になった永谷園レトルトカレーです。

アンパンマンカレーは、1歳頃から4歳になった現在まで、ずっと食べています。

旅行や外食でも大活躍。フードコートや持ち込みの許可を得た飲食店において、ライスが注文できればカレーライスを食べさせてあげることができるからです。

2つに分包されている

アンパンマン・カレーは、ミニパック2包入りです。カレーが2つに分割できるようになっています。

これが、まだ量をたくさん食べない1歳頃の子供に、大変便利。1包では足りなくなったら、真ん中を切り取らずに2包まるまる使います。

アンパンマン・カレーの味は、他のキャラクターカレーよりも甘くまろやかな感じです。

原材料を見てみると、アンパンマンカレーは野菜よりも炒め玉ねぎが多く、他のキャラクターカレーは炒め玉ねぎよりも野菜が多く配分されています。アンパンマンカレーには、ほうれん草ペーストが入っていないようです。

アンパンマンカレーの大量ストック

アンパンマンカレーは、息子が1歳頃から必ず、自宅に10パックは常備している状態を保ちました。

中にはシールが入っています。

現在4歳の息子に、中に入っているアンパンマン・シールを見せても、あまり反応しないほど成長しました。しかし、2包のミニパック入りという仕様の便利さは、健在!

・白いご飯が食べきれず、残そうとした時、ちょっとカレーを乗せる
・おかずをちょっとカレー味にしたい
・外食に備えて、念のため持ち歩く
等々・・・、今でもアンパンマンカレーのストックが活躍しています。

戦隊ものレトルトカレーは自分で手に取り食欲アップ!(3歳~4歳現在で愛用)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーのカレー

成長過程の転機は、カレーに現れました。

3歳になると、今まで大好きだったアンパンマン、機関車トーマス、新幹線・働く車(おもちゃで言うとプラレールやトミカ)への情熱が一気に下降。それに代わって戦隊ものが大好きになりました。

同じ流れで、カレーの好みに変化が。4歳現在、息子がスーパーに言ってカレーを選ぶ時、手に取るのは、現在放送中の戦隊モノ(この時は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」)のカレーです。
※3歳の時は、「宇宙戦隊キュウレンジャー」のパッケージでした。

キャラクター商品シリーズのレトルトカレーの原材料は、アンパンマンカレーと殆ど変わりませんが、炒め玉ねぎよりも他の野菜の配分が増え、ほうれん草ペーストが入りました。

アンパンマンカレーを卒業した子供にとって、違和感なく移行できます。

「妖怪ウォッチ」のレトルトカレーで気分転換!

妖怪ウォッチのレトルトカレー

息子はオバケが怖くて「妖怪ウォッチ」は観ないのですが、時々「妖怪ウォッチ」カレーを買うことがあります。

周りのお友達が「妖怪ウォッチ」話をしていたり、「妖怪ウォッチ」の玩具を見たりした時、頭に「妖怪ウォッチ」のイメージが残っているのでしょう。時々、選ぶことがあります。


外食でも活躍!インドカレー屋さんに永谷園レトルトカレーを持参

行きつけのインドカレー屋さん

小麦・乳アレルギーでも2週間に一度は通う、行きつけのカレー屋さんがあります。インド人の方々がやっているインドカレーのお店です。

アレルギー対応メニューがないのに通う理由

このお店は、アレルギーっ子である息子が産まれる前から、私たち夫婦が時折利用していたお店です。

ライスとナンは回数制限ありの食べ放題ですが、おかわりなんてしなくても十分大きなナン、美味しいカレー。妊娠糖尿病から解放されて、出産後に行きたかったけれど、最初は子連れで入店することを躊躇していました。

75g経口ブドウ糖負荷試験で妊娠糖尿病の陽性判定!妊婦に厳しい判定基準と血糖値の落とし穴

2018/04/12

息子が産まれてから暫くして、勇気を出して初めて入店した時のこと。

ベビーカーで入店することやアレルギー対応食品の持ち込みについてイヤな顔1つせずに、片言の日本語で対応してくれました。初めて黄色いご飯(ターメリック・ライス)にアンパンマンカレーをかけて食べた時の息子は、とても嬉しそうで、すごい食欲でした。

それ以来、子連れでも通い続けるようになったカレー屋さんです。

アレルギーっ子の注文内容

ターメリックライスがお気に入り。写真は、大人メニュー。

このインドカレー屋さんは、朝の仕込み時点で、小麦や乳を入れてしまうため、息子は、「お子様カレー」メニューを選ぶことができません。

そこでいつもお決まりの注文内容。

  1. ターメリック・ライス
  2. オレンジジュース
  3. 枝豆

これらを単品で注文すると、「お子様カレー」の価格よりも高くなります。子供の1人単価を意識した心掛けは、せめてもの感謝の気持ちです。

ターメリックライスに持参したレトルトカレーをかけたところ。食べかけですみません。

最近は、大人1人前の量があるターメリックライス(単品)をペロリと食べてしまいます。そのため、持参するレトルトカレー1パックでは足りません。しかし2パックでは多い。

これは、戦隊ものレトルトカレー1つ+アンパンマンカレー1包(1/2パック)を持参することで解決しました。

きっと近い将来、キャラクターカレーを卒業する時がくるのかな。



ブログランキングにも参加しています。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください