TAG アレルギー治療・経口免疫療法

【乳アレルギー代替食】フジッコ「大豆で作ったヨーグルト」は乳成分不使用!

息子は、乳アレルギーです。 乳製品であるヨーグルトは食べられないため、代替食として「豆乳ヨーグルト」を買って食べています。 今回は、フジッコの「大豆で作ったヨーグルト」についてレポートします。 ”カスピ海ヨーグルト”のフ…

【食物アレルギー経口負荷試験の持ち物】必需品~あると便利なもの・まとめ

息子は、食物アレルギー。マルチアレルギーなので、これまで何度も経口負荷試験を受けてきました。 6歳にして、20回以上やっているかも…。 そこで今回は、今までの経験から、食物アレルギー経口負荷試験に持って行くもの・あると便…

2日連続!カシューナッツ経口負荷試験で分かったこと・”微量”から始めるアレルギー対応

息子は、小麦・乳・ごま・ナッツ類アレルギー。 前回の食物アレルギー経口負荷試験では、カシューナッツ0.1gでアナフィラキシーギリギリの症状となりました。 ということは、強いアレルギー症状と背中合わせ。カシューナッツを含む…

【食物アレルギー対応】「食品摂取で試す」は”ゆでピーナッツ”でスタート!

食物アレルギー対応としての最終段階は、アレルゲンを含む食品を摂取しながら、標準摂取量に達してもアレルギー症状が出ないかどうか確認します。 息子が、ピーナツアレルギーの検査を経て、ここまで到達しました。 ピーナッツ食品の選…

【食物アレルギー対応】食品摂取で試す!ピーナッツ入り商品ラインナップと選び方

息子は、ピーナツアレルギー経口負荷試験をクリア。砕いたピーナッツ全1.8gを食べることができました。 その後のピーナッツアレルギー対応としては、ピーナッツ食品を食べて試しながら、摂取可能な量を把握していく段階に入ります。…

【食物アレルギー】毎日食べる「経口免疫療法」と「食品摂取で試す」は何が違う?

息子がピーナツアレルギー経口負荷試験をクリアした時、今後は「食事に取り入れながら食べて試して」と医師から言われました。 私はこの時、「毎日の食事に取り入れて試す」と理解しました。 だから、毎日アレルゲンを食べる治療法「経…

【麦茶アレルギー対応】自宅で試して?どうやって?経口負荷試験クリア後の「麦茶の飲み方」※自己流です

食物アレルギーの経口負荷試験で、決められた摂取量をクリアすると、次に医師から指示されるのが「自宅で少しずつ試して」という言葉です。 この「少しずつ試す」というのが、実に曖昧で難しい。 息子の麦茶アレルギー対応で、私が「自…

soybio-yogurt

乳アレルギーでも食べられるソイビオ「豆乳ヨーグルト( プレーン無糖)」乳製品の代替えに!

食品スーパーでヨーグルト売り場に行き、いつものように「豆乳グルト」を2~3個カゴに入れようとすると・・・ない!! 「豆乳グルト」がない!! そこには、いつもの「豆乳グルト」ではなく、別メーカーの「豆乳でできたヨーグルト」…

アレルギー経口負荷試験・経口免疫療法の掟-アレルギーっ子の命を守るために-

息子のアレルギー対応と向き合う中で、私は大事なことを忘れていました。 アレルギーと長く向き合うための鉄則。と言うほど厳重なルールじゃないけど、「心構え」として大切なことを書き留めておこう。 そんな趣旨で、主治医から今まで…

『豆乳グルト』は乳成分不使用!乳アレルギーでも食べられるヨーグルトの代替品

マルサンアイ「豆乳グルト」は、乳成分不使用のヨーグルトふう発酵食品。乳アレルギーの息子にとって、欠かせない食品です。 乳アレルギーっ子の強い味方「豆乳グルト」をご紹介します。 マルサンアイの「豆乳グルト」とは? まずは、…

アナフィラキシーショック数回のアレルギー児の血液検査結果とクラス(レベル)推移

アナフィラキシーショック症状数回、エピペン保持。複数のアレルギー持ちである息子が、初めてアレルギー血液検査をしたのは、生後6か月の時です。 そして今日、5歳1ヶ月時点のアレルゲン検査の結果がでました。 アレルゲン血液検査…

小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」(0.1gの作り方)

小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」と「0.1g」の作り方 小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」を決めました。 「うどんの条件」通りに、準備万端です。 ※うどんの条件は、以下の記事…

アレルゲン血液検査でクラス4-5が並んだ!今後の食物アレルギー対応計画(4歳)

新しい病院(アレルギー科)の初診時、数年ぶりに血液検査をしました。 あれから1週間が経ち、4歳の息子のアレルギー血液検査の結果が出ました。 今回の血液検査結果と、今までの食物経口負荷試験での症状を参考にしながら、主治医と…

0.1gからの経口免疫療法にかける決意。食物アレルギー専門医みつけた!かかりつけ病院を決めたポイント

私は、息子の食物アレルギーでかかりつけの病院(アレルギー科)について、変更しようと検討していました。 候補に絞った病院に、予約を入れてから2か月。いよいよ2か月待ちの診察日が到来し、話を聞きに行ってきました。 そして、私…