TAG 強いこだわり

”嫌がる療育”でも通えた時のパターンを分析!母子分離不安でも「お母さんとバイバイ」できた日

4月から通い始めた療育。初回は苦戦したものの、その後、2回目・3回目・4回目と通所しました。 お母さんと離れて外出できない母子分離不安、新しい環境が苦手な自閉症スペクトラムな子が、なぜスムーズに療育施設に行けたのか? 嫌…

”嫌がる療育”に行けなかった日。理由は明確!母子分離不安なのに失敗したこと。

4月から始まった療育通い。「嫌がる療育」対策として、私なりの工夫を凝らし、4回目まで意外とスムーズに通所しました。 そして、5回目を迎えた時のことです。 完全に、私の油断から生じた”失敗”でした。母子分離不安なのにゴメン…

【初めての療育】嫌がる子を児童発達支援施設に連れて行く方法を考え抜いた!

無事に「通所受給者証」が発行され、通所する療育施設(児童発達支援施設)と契約を済ませました。 次なる悩みは、警戒心が強く、母親と離れるのを極度に不安がる息子をどうやって、初めての療育施設に連れていくか、です。 考え抜いた…

細部への”こだわり”付き合えばユニーク!発達障害の特徴(強いこだわり)と向き合う「ワッペン」編

自閉症スペクトラム障害の特徴の代表例?「強いこだわり」について、実際の生活でどんなことが起こるか、紹介していきます。 今回は、ワッペン「太陽の黒点」編です。 「どうでもいい」「面倒くさい」はNGワード!向き合うことが前提…

「こだわり行動」の対処法で失敗した時-雨の中の虫取り|こだわりに寄り添う大切さ

自閉症スペクトラム障害の特徴である「強いこだわり」。 息子の「こだわり行動」で、私が対処方法を誤ったために起きた「雨の中の虫取り」事件があります。 発達障害であることを認めつつも、まだ自分でも対処方法が分からず、イライラ…

療育への道。発達障害グレーゾーンから「自閉スペクトラム障害」診断を受けた時|通所受給者証の申請で必要な「医師の診断書」をもらう【後編】

発達障害の傾向にある子が、療育施設・児童発達支援・放課後等デイサービスなどに通うには、通所のための受給者証が必要です。 そして、受給者証の申請には、「医師の意見書・診断書」が必要です。【前編】から引き続き、この「診断書」…

こだわり強い子に多い「ウンチだけオムツ」卒業対策。始まりは発達支援カウンセラーのアドバイス。

息子は、4歳になった時点で、ウンチだけオムツでする子でした。 息子が、「発達に凹凸がある子」だと認識する前から、私はトイレトレーニングを急いでいませんでした。 しかし私は、ある日を境に、「ウンチだけオムツ」対策について本…

発達に凸凹ある子の強いこだわり【てんとう虫】編|「わがまま」とは違う”マイルール”

息子は、発達に凹凸があり、こだわりが強い子。この時は、「てんとう虫」に強いこだわりを見せていました。 普通のお子さんであれば、虫好きな男の子、てんとう虫が好きな子、で済む話かもしれません。自閉症スペクトラム障害の特徴があ…